上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
モリッシー自伝『Autobiography』表紙 当人の口からは性的指向が明かされていないのに、世間からはオープンリーのLGBTと見なされているシンガー/ミュージシャンは、もちろん海外にも存在しています。

 80年代から今日まで、カリスマ的な人気を長く保持している、イギリスのロック・アーティスト、モリッシー (Morrissey)も、その一人です。

 私は学生のころからのモリッシーの大ファンなので、彼についてもいろいろと熱く語りたいのですが、モリッシー本人はゲイであることを否定しているので、当ブログや親サイトの Queer Music Experience.では、モリッシーの話題にはそれほど触れてはいません。

 が、今回のエントリはモリッシーの性的指向についての話題です。

 アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』の公式サイトに、モリッシーについての記事が、以下のような見出しで、昨日(2013年10月21日)、掲載されました。

Morrissey: I’m Humansexual (Out Magazine, 2013.10.21)

 この記事の内容を大まかに説明すると、既に日本の音楽ニュース・サイトでも話題になっているように、モリッシーの自伝『Autobiography』が、今月17日、イギリスでついに発売となりました。(アメリカでの発売はないそうなので、邦訳の出版もあまり期待はできなさそうですが。)

10月30日追記29日付の『Out』誌の記事によると、『Autobiography』のアメリカでの刊行が、どうやら決定した模様です。)

AutobiographyAutobiography
(2013/10/17)
Morrissey

商品詳細を見る


 この自伝の中で、モリッシーは、彼のパートナーと言われているジェイク・オーウェン・ウォルターズとの関係について、言及しているんだそうです。件の記事では、次のような一文が、自伝本文から引用されています。

「僕の人生で初めて、不変の“僕”が、“僕たち”になる。ようやく僕は、誰かと一緒に暮らしていけるんだ。」


 当然、これはモリッシーのカミング・アウトだとも受け取れるため、自伝発売の同日には、このことを大きく報じる記事が『Out』誌の公式サイトには掲載されました。

Morrissey Opens Up (Kind Of) About His First Relationship With A Man (Out Magazine, 2013.10.17)

 ところが。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.10.22 Top↑
 このブログと、親サイトの Queer Music Experience.では、LGBTであることを自ら公にしていたり、あるいはLGBTであることが何らかの形で明らかになっているシンガー/ミュージシャンの話題のみを取り上げています。

 その性的指向について噂になりながらも、本人による性的指向への言及が一切ない、という存命中のシンガー/ミュージシャンの話題は、原則として、取り上げていません。

 己の性的指向を明言できるのは、当人だけです。他者が性的指向を決め付けることなどはできないし、するべきでもない。そのような私自身の考えに基づいて、当ブログと親サイトの Queer Music Experience.では、LGBTであることが何らかの形で明らかになっているシンガー/ミュージシャンの話題のみを取り上げています。それ以外のシンガー/ミュージシャン――たとえば、本人はLGBTであることをカミング・アウトしていないにもかかわらず、それがまるで既成事実でもあるかのように、その性的指向が人々の口の端に上ってしまっているようなシンガー/ミュージシャン――の場合は、当人の口からハッキリと、自身の性的指向についての言及がない限りは、このブログや Queer Music Experience.で話題にすることは、原則として、ありません。

 ただし、その原則には沿うていない、一部の例外記事もあります。

 今回のエントリは、その例外記事の一つとなります。



 今月(2013年10月)13日、テレビ東京系列で放映されているドキュメンタリー番組『ソロモン流』に、美川憲一(みかわ・けんいち)さんが登場なさいました。



 美川さんがオープンリー・ゲイであるという誤解は、なにも異性愛者のかたたちのあいだだけでなく、ゲイの当事者のかたたちのあいだにも非常に多いという印象が私にはあるのですが、美川憲一さんは、ご自身のことを同性愛者だとメディア上で明言なさったことは、これまでにはありません。

 上に埋め込んだスポット映像の中で、美川さんは「全て喋るわよ。お聞き!」と、視聴者の興味を自ら煽っていらっしゃいます。こんなふうに言われたら、さぞや赤裸々な内容が語られているのだろうと期待を膨らませてしまう視聴者のかたもいらっしゃったかもしれませんが、しかし『ソロモン流』という番組は、他局のトーク・バラエティ番組にありがちな過剰な煽り演出は、むしろ控えめなので、10月13日の放送分でも、タブロイド紙的な興味に基づく話題の提供は、それほどありませんでした。

 当然、美川さんの性的指向も、番組の中では明らかにされていません。

 とはいえ、『ソロモン流』の製作スタッフのかたがたが、美川さんの性のあり方について、強い関心を抱いているであろうことは明らかにうかがえる、そのような番組構成でした。

 まずは美川さんへのインタヴューからスタート。画面の外にいる男性スタッフ(ディレクターさん?)のかたから投げ掛けられた質問は、次のようなものでした。
2013.10.20 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。