FC2ブログ

モリッシー、「僕はヒューマンセクシュアル」。

モリッシー自伝『Autobiography』表紙 当人の口からは性的指向が明かされていないのに、世間からはオープンリーのLGBTと見なされているシンガー/ミュージシャンは、もちろん海外にも存在しています。

 80年代から今日まで、カリスマ的な人気を長く保持している、イギリスのロック・アーティスト、モリッシー (Morrissey)も、その一人です。

 私は学生のころからのモリッシーの大ファンなので、彼についてもいろいろと熱く語りたいのですが、モリッシー本人はゲイであることを否定しているので、当ブログや親サイトの Queer Music Experience.では、モリッシーの話題にはそれほど触れてはいません。

 が、今回のエントリはモリッシーの性的指向についての話題です。

 アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』の公式サイトに、モリッシーについての記事が、以下のような見出しで、昨日(2013年10月21日)、掲載されました。

Morrissey: I’m Humansexual (Out Magazine, 2013.10.21)

 この記事の内容を大まかに説明すると、既に日本の音楽ニュース・サイトでも話題になっているように、モリッシーの自伝『Autobiography』が、今月17日、イギリスでついに発売となりました。(アメリカでの発売はないそうなので、邦訳の出版もあまり期待はできなさそうですが。)

10月30日追記29日付の『Out』誌の記事によると、『Autobiography』のアメリカでの刊行が、どうやら決定した模様です。)

AutobiographyAutobiography
(2013/10/17)
Morrissey

商品詳細を見る


 この自伝の中で、モリッシーは、彼のパートナーと言われているジェイク・オーウェン・ウォルターズとの関係について、言及しているんだそうです。件の記事では、次のような一文が、自伝本文から引用されています。

「僕の人生で初めて、不変の“僕”が、“僕たち”になる。ようやく僕は、誰かと一緒に暮らしていけるんだ。」


 当然、これはモリッシーのカミング・アウトだとも受け取れるため、自伝発売の同日には、このことを大きく報じる記事が『Out』誌の公式サイトには掲載されました。

Morrissey Opens Up (Kind Of) About His First Relationship With A Man (Out Magazine, 2013.10.17)

 ところが。

続きを読む

スポンサーサイト