FC2ブログ

オーストリアから新たなヒゲのドラァグ・シンガーが、ユーロヴィジョンに降臨。

 このブログでは、2007年から2008年にかけての一時期、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストについて集中的に書いた時期がありました。

※当ブログのユーロヴィジョンについてのカテゴリはこちらです。

 今回のエントリでは、そのユーロヴィジョン・ソング・コンテストに関する話題について、久々に書いていきます。

 来年(2014年)にデンマークのコペンハーゲンにて開催されるユーロヴィジョン・ソング・コンテストの、オーストリア代表に選ばれているのが、漆黒のラウンド髭をたくわえたドラァグ・クイーンの、コンチータ・ヴルスト (Conchita Wurst)です。

 ユーロヴィジョンにドラァグ・クイーンのシンガーが登場するのは、これが初めてではありません。髭を生やしたドラァグ・クイーンのシンガーも、既にブルガリアのアジスや、スペインのラ・シェールといった例を、このブログで紹介しています。

※当ブログのアジスについてのカテゴリはこちら

※スペインの髭付きドラァグ・シンガーのラ・シェールを紹介した当ブログのエントリはこちら

 そんなわけで、私にとっては、ユーロヴィジョンに出演する髭付きドラァグ・クイーン・シンガーというのは、これといって珍しくも目新しくもなく、むしろ見慣れていてもおかしくないくらいのはずなんですが、それにもかかわらず、コンチータ・ヴルストのアーティスト写真を初めて見たときには、かなりのインパクトを受けました。

コンチータ・ヴルスト1

コンチータ・ヴルスト2


 このコンチータ・ヴルストのヴィジュアルは、かつては日本にも存在していたゲイ・インディーズ・シーンの黎明期に大活躍をなさっていた Fiction Mitz さんの、髭を生やした時の顔にそっくりだったので、個人的にはかなりウケました。

Fiction Mitz バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

2001年8月25日の
東京レズビアン&ゲイパレード2001前日祭 GLORY
(東京・代々木公園イベント広場)に
出演した時の Fiction Mitz
Fiction Mitz


 まあ、それはそうとして。

 このコンチータ・ヴルストに限らず、髭付きのドラァグ・シンガーというのは、その強烈なヴィジュアルゆえに、どうしても色モノのように思われがちなんですが、ブルガリアのアジスがそうであったように、コンチータ・ヴルストもまた、ユーロヴィジョンのオーストリア代表に選出されたがために、ホモフォビアの人々から政治的な圧力を加えられているそうなんです。

 そうした事態に至るまでのコンチータ・ヴルストのキャリアの変遷については、親サイトの Queer Music Experience.に、新しくコンチータ・ヴルストのバイオグラフィーをまとめたので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

コンチータ・ヴルスト バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

 さて、上にリンクしたバイオグラフィーにも記していますが、先月(2013年10月)に ORF(オーストリア放送協会)が、ユーロヴィジョンの2014年度のオーストリア代表にコンチータ・ヴルストを選出したという、その決定に反発する声が、国内外から挙がっているそうなのです。

続きを読む

スポンサーサイト