上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
『あいたいおと』ポスター 2013年11月28日(火)から12月9日(月)まで、新宿二丁目のコミュニティーセンター akta を会場にして、写真家の服部 敦(はっとり・あつし)さんの写真展『あいたいひと』が開催されました。

 そして、その企画の一環として、期間中の12月7日(土)には、同会場にてライヴ・イヴェント『あいたいおと』も開催されました。

 出演者は、服部さんとアサカさんのお二人によるユニットの豚豚フラッグ、ピアノ連弾のアサカ&秋山のお二人、このブログではおなじみの藤井 周さん、そしてみみずくずの林レイナさんの、計4組のみなさんです。

 コミュニティーセンター akta は、アジア最大のゲイ・タウンである新宿二丁目の、公民館のような場所です。多目的スペースなので、ギャラリーとして使われるだけでなく、今回のようにライヴ・イヴェントが行なわれることも少なくありません。私がこれまでに観覧記を書いたライヴ・イヴェントのうち、2005年6月5日開催の『dEliver from 大吾y』や、2011年4月16日開催の『pray and sing for 3.11 「僕らが奏でる祈りのうた」』などが、akta を会場にして行なわれたものでした。

 akta でのライヴというのは、出演者とオーディエンスの物理的な距離が近いという点では、カフェ・ライヴに共通する部分もあるのですが、会場の性質が異なっているためか、カフェ・ライヴとはまた違った雰囲気の音楽空間が楽しめます。

『dEliver from 大吾y』観覧記 (Queer Music Experience.)

pray and sing for 3.11 「僕らが奏でる祈りのうた」観覧記 (当ブログの2011年5月5日付のエントリ)

 そして、「展覧会の一環として行なわれたライヴ・パフォーマンス」という部分に着目するならば、私がこれまでに観覧記を書いたものとしては、2000年から2011年まで毎年夏に開催されていた、セクシュアル・マイノリティによるアートの祭典、Rainbow Arts において、ゲイ・ミュージシャンの Yosuke さんが、2010年度の最終日(7月31日)と2011年度の最終日(7月30日)に、それぞれライヴ・パフォーマンスを行なわれた例があります。このうち、2010年度のライヴ・パフォーマンスの観覧記を、私はこのブログに書いています。

Yosuke in Rainbow Arts 2010 (当ブログの2010年8月12日付のエントリ)

 この Rainbow Arts における Yosuke さんの試みというのは、2010年8月12日付のエントリの中でも述べているように、「音楽を『展示』する」というものでした。そして、そこで行なわれたパフォーマンスも、その試みの延長線上にある、いわば「展示作品と同列」のものであり、「展示の一部」として行なわれたものでした。

 では、今回の『あいたいおと』の場合はどうだったのか、というと。

「展示作品と同列」とか「展示の一部」であるというよりは、「写真展『あいたいひと』の姉妹編」という印象を、私は受けました。

 つまり、服部 敦という一人のクリエイターが、同じ一つのテーマを、写真という手法を用いて表現したものが、写真展『あいたいひと』であり、ライヴ・イヴェントのオーガナイズという手法を用いて表現したものが、ライヴ・イヴェント『あいたいおと』である、という。

 では、その「同じ一つのテーマ」とは何だったのか。

 それはもう、『あいたいひと』『あいたいおと』というタイトルが示しているとおり、「被写体となった人々に対する、服部 敦からの思い入れ」であったと思います。

 で、ですね。

 ここから先に私が書いていく内容は、あくまでも私個人の解釈であり、私個人の印象なのであって、絶対的な一つの評価ではない、ということは、どうか予めご承知おきください。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.12.12 Top↑
 日本でもFOXチャンネルで放映されている、アメリカの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル (American Idol)』出身の、オープンリーのLGBTのアーティストと言えば、2003年の第2シーズンで準優勝したクレイ・エイケンと、2009年の第8シーズンで準優勝したアダム・ランバートが有名です。

 クレイ・エイケンは2008年9月に、そしてアダム・ランバートは第8シーズン終了後の2009年6月に、それぞれゲイであることをカミング・アウトしています。

クレイ・エイケン バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

アダム・ランバート バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 この2人の他にも、2002年の記念すべき第1シーズンのファイナリストであったジム・ヴェラロスが、翌2003年の1月に、ゲイであることをカミング・アウトしています。『アメリカン・アイドル』のファイナリストがゲイであることをカミング・アウトしたのは、このジム・ヴェラロスが最初でした。

ジム・ヴェラロス バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 そして、先月(2013年11月)、新たにまた一人、『アメリカン・アイドル』のファイナリスト出身者が、LGBTであることをカミング・アウトしました。

 今度は、女性アーティストです。

 2010年の第9シーズンで準優勝を果たし、メジャーのジャイヴ・レコードからデビューしたシンガー・ソングライターのクリスタル・バウワーソックス (Crystal Bowersox)が、11月26日に、バイセクシュアルであることをカミング・アウトしました。GLAAD のブログや AfterEllen などが、12月3日付でこれを報じています。

Singer and 'American Idol' runner-up Crystal Bowersox comes out as bisexual (GLAAD, 2013.12.03)

Crystal Bowersox comes out as bisexual (AfterEllen, 2013.12.03)

 クリスタル・バウワーソックスのアルバムは、これまでは日本盤の発売がないので、彼女の日本での知名度は、クレイ・エイケンやアダム・ランバートほどには高くないような気がしますが、『アメリカン・アイドル』出身の男性アーティストではなく女性アーティストによるカミング・アウト、しかもバイセクシュアリティーのカミング・アウトという点で、今回のニュースは大いに注目すべきものであると、私は思います。

Farmer's DaughterFarmer's Daughter
(2010/12/14)
Crystal Bowersox

商品詳細を見る


All That for ThisAll That for This
(2013/03/26)
Crystal Bowersox

商品詳細を見る


 というわけで、親サイトの Queer Music Experience.に、新しくクリスタル・バウワーソックスのバイオグラフィーを追加しました。彼女のカミング・アウトに至るまでのキャリアについては、そちらをぜひ参照なさってください。

クリスタル・バウワーソックス バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 さて、このバイオグラフィーにも記していますが、クリスタル・バウワーソックスのカミング・アウトは、テレビ番組『Good Day L.A.』の中で行なわれました。この番組にクリスタルがゲスト出演したのは、11月19日にデジタル・リリースしたチャリティー・シングル「Coming Out for Christmas」のプロモーションのためでした。

 かつてアダム・ランバートは、2009年のファースト・アルバム『フォー・ユア・エンターテイメント (For Your Entertainment)』の収録曲「アフターマス (Aftermath)」を、LGBTの若者を支援し、彼らの自殺を防ぐことを目的としている非営利団体、トレヴァー・プロジェクトのためのチャリティー・シングルとして、新たにリミックスを施して、2011年にシングル・カットしましたが、クリスタル・バウワーソックスによるこの「Coming Out for Christmas」も、「アフターマス」と同様、その売り上げがトレヴァー・プロジェクトに寄付されます。

 このエントリを書いている現時点では、「Coming Out for Christmas」のミュージック・ヴィデオは、公式のリリック・ヴィデオが公開されているのみですが、ぜひ一人でも多くのかたに、これをご覧になっていただきたく思います。

"Coming Out for Christmas"
(2013)


「Coming Out for Christmas」のダウンロード購入は、以下のリンクからどうぞ。
iTunes - Music - Coming Out For Christmas - Single by Crystal Bowersox



2013.12.05 Top↑
 今日、12月1日は、世界エイズデーです。

 そして、その世界エイズデーの前日の昨日(2013年11月30日)、池袋にてエイズ啓発イヴェント『池袋エイズフェス'13』が開催されました。

 会場の中池袋公園は、2010年3月27日に鹿嶋敏行さんがワンマン・ライヴを行なわれた、豊島区民センターの向かいにあります。(そのときのライヴ観覧記はこちら。)

池袋エイズフェス'13 フライヤー


 主催は、やはり中池袋公園の向かいにある池袋保健所に、東京都が設置した、HIV/エイズに関する情報ラウンジ「東京都エイズ啓発拠点ふぉー・てぃー」さんです。

池袋保健所
池袋保健所


 私が『池袋エイズフェス』に足を運んだのは今回が初めてだったのですが、会場で配られていた印刷物に記載されていた共働団体一覧を見ると、学生さんのサークルが複数、名前を連ねていたり、その他の団体も「若者の立場からの情報発信」といったような趣旨のことを盛んに謳っていて、とにかく「若者」というワードがすごく強調されていて、既に四十台に足を踏み入れている私は、それらを読んで、一瞬「ウッ」となってしまったのが、正直なところだったりします。

「ひょっとしたら、中年の俺って、ここでは場違い?」みたいな。

 いや、もちろん、不愉快な思いをしたということでは全然ないですよ。こちらが一方的に、一人勝手に引け目を感じていただけです。

 うーん、なんと説明したらいいのかな。強いて例えるならば、四十を過ぎた私が、一般の客として大学の学園祭に足を運んで、「ああ、俺はもう、学生じゃないんだよなあ」という当たり前の事実を、今さらのように再確認してしまったような。それに近い感覚でした。

 これって、ジェネレーション・ギャップがどうこうという話ではなくて、自分は既に「若者」というコミュニティの外側なのだという事実を、頭で理解するのではなく、現実の事象として体感してしまったことの寂しさ、というか。

 まあ、要するにこれは、「若者」のコミュニティにも「熟年」のコミュニティにも属せない、まさしく「中間の世代」である「中年」のゲイの、単なる戯言です。

 戯言なんだけど、ちょっと書いてみたかったんです。すいません。

 それはそれとして。

 実際、『池袋エイズフェス』の雰囲気は、学園祭のそれに非常に近いと思いました。手書きの立て看板とかタイムテーブルとかを見ると、「ああ、こういうのって、大学のキャンパス内で、よく見かけたよなあ」なんて。

池袋エイズフェス 立看板

池袋エイズフェス テント横

「タイムテーブル」ではなく「タイムライン」となっているのは、
表(テーブル)じゃないから?(解釈に自信ナシ)
池袋エイズフェス タイムテーブル


 私は用事があったので会場には最後までいられなかったのですが、フィナーレにはパレードも行なわれたようです。

池袋エイズフェス フロート


 この『池袋エイズフェス』のように、休日の公園を会場にして行なわれる啓発イヴェントでは、ドラァグ・クイーンのかたたちがステージの上で「オカマ」とか「女装」とか、場末な単語を連発しているその前を、就学前の子どもさんがターッと無邪気に駆け抜けていったり、あるいはたまたま散歩に来ていたのであろう高齢者のかたが、「なんじゃ、これは」というような顔をしながらゆっくり横切っていくという、実にカオスな光景が、必ずと言っていいほど見られます。

 そうした光景を目にできるのが、実は私にはとっても嬉しいし、楽しい。

「まずは関心をもってもらう」という、あらゆる層へのアピールと、理解への入口としてのエンタテインメント性とかお祭りの要素も、啓発イヴェントには大事だと、私個人は思っています(HIVはLGBTだけの問題ではないし、啓発イヴェントとゲイ・イヴェントは何らイコールではないので)。

 この日の『池袋エイズフェス』でも、やはり親子連れのかたや、ご高齢のかたが、いかにもLGBTなかたがたに混じって、イヴェント企画のワードラリーに参加なされて、景品の豚汁やチョコバナナを召し上がっていらっしゃいました。

 こういう、カオスだけど和やかな光景、私は大好きです。

池袋エイズフェス お子さん連れのお母さん


 さて。

 このブログはLGBTミュージックについての話題が中心なので、ここから先は、既にこのブログでも何度も紹介させていただいている、マダム・ピロガネーゼさんのステージについて、主に書いていきます。
2013.12.01 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。