上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 前回のエントリは、2014年1月13日(月)に新宿二丁目で開催された、『第1回冬の東京レインボー祭り』の観覧記でした。

 ここで行なわれた、ダンス・ユニット、DOt It さんのパフォーマンスを観ていたときに、私が前々から気になっていた、「ゲイ・アイドル」という言葉の定義がどう変質してきているのか、それについての答えが、にわかに私の頭の中で、猛烈な勢いで言語化され始めました。

 しかし、それを『第1回冬の東京レインボー祭り』の観覧記に盛り込んでしまうのは、内容的にも量的にも、アンバランスに過ぎるので、こうして別の記事として書くことにしました。

 したがって、これは『第1回冬の東京レインボー祭り』での DOt It さんのパフォーマンスの観覧記ではありません。

 以下に記すのは、「ゲイ・アイドル」という言葉が定義する内容の変遷についての私の考察です。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.01.19 Top↑
冬の東京レインボー祭り フライヤー 2014年1月13日(月)は、アジア最大のゲイ・タウン、新宿二丁目の冬祭り、『第1回冬の東京レインボー祭り』に足を運んでまいりました。

 2000年に第1回が開催されて以降、『東京レインボー祭り』は、夏の大型ゲイ・イヴェントとして定着していますが、今回は初めて、冬の開催が試みられました。

 とはいっても、夏の東京レインボー祭りがなくなったわけではありません。また、冬のレインボー祭りのほうも、閉会宣言で語られていたところに拠れば、第2回の開催が正式決定しているわけではないようで、今後の東京レインボー祭りが、はたして夏と冬の二本立てになるのかどうかは、今回の『第1回』の反響次第のようです。

 さて、お祭り全体についての私個人の感想は、というと。

 第2回の開催があるのであれば、ぜひまた足を運んでみたい、と思いました。

 実は私、東京レインボー祭りに足を運んだのは、本当に久しぶりのことだったんですね。そして、長らく足が遠ざかっていた理由というのは、あまりにも人出が多すぎたからでした。

 ここ数年の東京レインボー祭りの実際の人出がどうだったのかはわかりませんが、私が実際に体験した初期の東京レインボー祭りって、その人出の多さが、本当に尋常じゃなかったんですよ。

 もう、仲通り全体が満員電車並みの混雑具合。

 当時の私は、そうした混雑ぶりも含めて、イヴェントの賑わいそのものを楽しむことができていました。でも、体調を崩しがちになってからは、極端な人混みの中に長く身を置くことができなくなってしまいました。そのため、東京レインボー祭りに限らず、極端な人出の多さが予想されるゲイのクラブ・イヴェントなどからも、長らく足が遠ざかっていました。

 そんな私が、今回『冬の東京レインボー祭り』に足を運んでみようと思い立ったのは、実は正直なところを申し上げれば、夏のレインボー祭りほどには人出が多くはないであろう、という気がしたからでした。

 実際、今回の『第1回冬の東京レインボー祭り』の人出は、ごくごく標準的な賑わいの商店街のお祭りと、同規模のものでした。

 ちゃんと人出はあるんだけど、でも人混みをかき分けないと前に進めないほどではない、という。

 その余裕こそが、私には非常にありがたかったのです。

 出店で売っていた甘酒をすすりながら、縁日とか初詣の感覚で、のんびりと街を散策する。そういう楽しみ方ができる余裕というものが、『冬の東京レインボー祭り』にはありました。

 だから、とっても楽しかった。

 もちろん、運営側のみなさんにおかれましては、人出は多ければ多いほど望ましいのだとは思います。でも、私のように、長い時間、人混みに塗れることができない人間には、『冬の東京レインボー祭り』の程よい人出は、とってもありがたいものでした。



 それから、人出の多さが極端ではないからこそ味わえる、もう一つの楽しさというのは、LGBTではいらっしゃらないであろう地域のかたたちや、あるいは通りすがりのかたたちが、路上で繰り広げられているダンス・パフォーマンスやドラァグ・ショーに足を止め、それを他のLGBTの参加者のかたたちと一緒になって楽しんでいらっしゃる、そういう光景が見られるところですね。

 2013年12月1日付のエントリにも記しましたが、私はそうした光景を見るのが、すごく好きなんですよ。LGBTのイヴェントが、その地域の日々の風景に、ごくごく自然に溶け込んでいる感じがするので。

 そうした光景は、夏の東京レインボー祭りでは、目にすることができませんでした。少なくとも私が経験した範囲内に限られますが。あまりにも人が多すぎて、LGBTではない地域のかたとか、通りすがりのかたが、気軽にフラッと入っていける状況ではなかった気がします。

 もちろん、それはそれで、「LGBTによるLGBTのためのお祭り」という感じが強くするので、それによって育まれるセクシュアル・マイノリティ間の連帯というのも、大切だとは思うんですが、今回の『冬の東京レインボー祭り』のように、「地域の日常風景に溶け込んでいるLGBTのイヴェント」、っていうのも、私は大好きなんですよね。

 だから私は、『第1回冬の東京レインボー祭り』を、とっても素敵なお祭りだと思いました。



 さて、その『第1回冬の東京レインボー祭り』のツイッターの公式アカウントから、当日のタイムスケジュールを、以下に引用します。
2014.01.19 Top↑
 2005年の映画『ブロークバック・マウンテン (Brokeback Mountain)』の大ヒットの記憶は、私には未だに鮮明なのですが、その『ブロークバック・マウンテン』のオペラ版の上演が、スペインのマドリッドのテアトロ・レアルにて、今月(2014年1月)の28日から、いよいよ開始されるそうです。アメリカのLGBT向けエンタテインメント・ニュース・サイト、NewNowNext が、昨日(2014年1月7日)付で報じています。

“Brokeback Mountain” Opera Opening In Madrid This Month (NewNowNext, 2014.01.07)

 この NewNowNext の記事に拠ると、今回のオペラ版の作曲を手がけているのは、アメリカのコンテンポラリー・クラシカル・ミュージックの作曲家の、チャールズ・ウォリネン (Charles Wuorinen)。そして作詞は、原作者のアニー・プルーが自ら手がけているそうです。

 現代音楽=アヴァン・ギャルド、というイメージが私にはあって、それは非常に安易な先入観なんだろうなとも思うのですが、しかし、この NewNowNext の記事の中でも、今回のオペラ版『ブロークバック・マウンテン』は、「アヴァン・ギャルド・オペラ」と紹介されています。

 少なくとも記事を読んだだけでは、『ブロークバック』の世界観とアヴァン・ギャルド芸術との融合を、私にはなかなか巧くイメージできないというのが、正直なところです。しかし、作詞を手がけているのは原作者自身である以上、原作小説の精神が損なわれた作品になるはずはなかろうと、現時点で作品を未見の私は、そのように考えています。

 キャストは、2005年の映画版では故・ヒース・レジャーが演じていたイニス・デル・マーを、カナダのバス・バリトン歌手のダニエル・オークリッチが、そしてジェイク・ジレンホールが演じていたジャック・ツイストは、アメリカのテナー歌手のトム・ランドルが演じるそうです。

 ちなみに、今回のオペラ版『ブロークバック・マウンテン』は、もともとはニューヨーク・シティ・オペラの依頼により制作が進められていたのだそうです。しかし、昨年(2013年)10月、ニューヨーク・シティ・オペラは、財政難のために破綻。ディレクターのジェラルド・モルティエの辞任により、いったんは制作が中断されたものの、モルティエがこれをマドリッドのテアトル・レアルに持ち込んだことで、ついに上演が実現したのだそうです。

 このオペラ版『ブロークバック・マウンテン』は、日本からもチケットが入手可能のようです。私は残念ながらマドリッドにまで観に行けるだけの時間的・経済的な余裕がないのですが、日本公演の実現やソフト化を待ちきれん! というかたは、ぜひ観に行かれてはいかがでしょうか。

ブロークバック・マウンテン: テアトロ・レアル in マドリード, マドリッド (CLASSICTIC.com)

 それから、これは今回の NewNowNext の記事を読んで初めて知ったことなのですが、このオペラ版『ブロークバック』の作曲家であるチャールズ・ウォリネンは、オープンリー・ゲイなのだそうです。

チャールズ・ウォリネン
(Photo: Susan Johann)

チャールズ・ウォリネン公式サイト
http://www.charleswuorinen.com/




 英語版 Wikipedia のチャールズ・ウォリネンの記事を見てみると、こちらにも“He is married to his longtime partner and manager, Howard Stokar.”との記述があります。

 しかし、この記述の参照元として示されているのは、ウォリネンのマネージャーでありパートナーでもあるというハワード・ストーカーの公式サイトのトップページの URL のみ。これではソースが示されていないも同然です。

 そこで、自分でもいろいろと調べてみたのですが、結局、正確なソースは私にはわかりませんでした。

 まあ、件の記事を初めて読んだのが昨日の今日なので、ネット上の記事や関連文献を隅なく調べた上での話ではないし、そういう以前に、単に私の検索の仕方が悪いだけなのかもしれませんが。



 さて、ここで話は少々脇道に逸れますが、私は以前、このブログで、ニューヨーク・ポップス・オーケストラの音楽監督であり、吹奏楽の作曲家である、スティーヴン・ライニキー (Steven Reineke)について書いたことがありました。

 ライニキーもまた、ゲイであることを公にしているのですが、私の書いたその記事で紹介しているインタヴューの中で、ライニキーは、自身の作品と性的指向との関連性について、「ゲイであることは、僕の曲作りには全く何の影響も及ぼしていない」と語っていました。

N.Y.ポップス・オーケストラの音楽監督、スティーヴン・ライニキー (当ブログの2010年11月3日付のエントリ)

 そうしたライニキーの考え方が、はたしてライニキー以外のオープンリー・ゲイのクラシカル・ミュージックの作曲家や演奏家たちのあいだでも、平均的なものであるのかどうかまでは、クラシカル・ミュージックの分野に明るくはない私には、残念ながらわかりません。

 今回ウォリネンが手がけたオペラ版『ブロークバック・マウンテン』にしても、原作が別個に存在している以上、これはウォリネン自身の性的指向を直接的に反映したものではありません。

 しかし、『ブロークバック・マウンテン』という物語は、男性同性愛がテーマの作品です。その要素をオミットして脚色することなど、到底不可能です。

 そのような作品のオペラ化を、オープンリー・ゲイのコンテンポラリー・クラシカル・ミュージックの作曲家であるチャールズ・ウォリネンが手がけている、という点こそが、私にはいちばん興味深いのです。

 オペラ版『ブロークバック・マウンテン』の真にアヴァン・ギャルドである点というのは、作品のテーマに男性同性愛が持ち込まれることの少ないクラシカル・ミュージックの分野において、オープンリー・ゲイの作曲家が男性同性愛テーマのオペラを作曲したという、その事実にこそあるのではないか、という気が、私はしています。

 先にも書いたとおり、私はオペラを観るためだけに海外にヒョイッと渡航できるような身分の人間ではないので、このオペラ版『ブロークバック・マウンテン』の日本公演、あるいはソフト化を、切に待ち望んでいます。



ブロークバック・マウンテン [DVD]ブロークバック・マウンテン [DVD]
(2009/07/08)
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る


ブロークバック・マウンテン オリジナル・サウンドトラックブロークバック・マウンテン オリジナル・サウンドトラック
(2013/09/18)
サントラ、テディ・トンプソン 他

商品詳細を見る


ブロークバック・マウンテン (集英社文庫(海外))ブロークバック・マウンテン (集英社文庫(海外))
(2006/02/17)
E・アニー・プルー

商品詳細を見る



2014.01.08 Top↑
 新年、あけましておめでとうございます。本年も、Queer Music Experience.と、このブログを、よろしくお願い申し上げます。

 さて、親サイトの Queer Music Experience.のほうでは、昨年の末から、これまではソーシャル・ネットの mixi のみで公開していた過去のライヴ観覧記の復刻掲載を始めています。

 ジェンダー研究やフェミニズム、クイアー・スタディーズといった学術的な関心に基づいて、このブログと Queer Music Experience.を常日頃からご覧になってくださっているという皆様(が、実は読者のかたがたの主流であるらしいということが、ここ数年でようやくわかってきました)におかれましては、海外のミュージシャンの話題や、国内のメジャー級のアーティストの話題のほうが、より関心が高いように、私には思われるのですが、ぜひ、こうした国内のLGBTのインディー・ライヴの観覧記も、ご覧になっていただけると、私は嬉しいです。

 というのも、こうしたインディー・ミュージシャンのかたたちの活動の中から透けて見える、「日本のLGBT事情」というものも、必ずあるはずだと、私は思うので。

 まあ、それはそうとして。

 あまりにも遅れ馳せに過ぎる、それらのライヴ観覧記が、どうしてこれまでは mixi のみの掲載となっていたかといいますと。

 元々は、暫定的な公開のつもりだったんですよね。

 より詳細な内容に後日リライトして、このブログに改めて掲載する、いわば予告篇のような、そういう心積もりだったんですね。

 ところが。

 2011年の夏頃から、本格的に体調が崩れ始め、暫定的な観覧記を mixi 日記に書いたはいいけれど、それを詳細な内容にリライトするだけの体力も気力も回復しないまま、ズルズルと時間ばかりが経過して、やがて2012年が明けるとすぐに、入院という事態となり、退院後も、1年以上はライヴに足を運ぶことすらなく、Queer Music Experience.やブログの更新も、完全にストップしていました。

 結果、それら、予告篇のつもりで書かれた暫定的な観覧記は、リライトされないまま、mixi のみの公開という状態が、年単位で続いていた、というわけです。



 で、どうしてそれを、今さらのように Queer Music Experience.に復刻掲載し始めたのかというと。

 昨年の12月12日にアップロードした、前回の記事の執筆に当たって、私は過去のライヴ観覧記を、いくつか参照したんですが、その作業の中で、このブログの過去記事や Queer Music Experience.以外にも、mixi のみの公開となってしまっていた数々の観覧記も、改めて読み返してみたんです。

 書いた当時は予告篇のつもりだった、それらのライヴ観覧記を、時間が経過してから読み返してみると、覚書程度にしか書かれていないものはともかくとして、ある程度の文章量があるものについては、ほぼそのままで充分に、「日本のLGBTミュージックの記録」になっているな、と思いました。

 そもそも Queer Music Experience.というサイトは、「LGBTミュージックの記録」を1つでも多く残すことを目的として開設したサイトです。そして、結果的には mixi のみの公開となってしまっていた、それらの暫定的な観覧記にも、実は「LGBTミュージックの記録」としての価値が充分にあるのではないか、そうであるならば、それらを Queer Music Experience.に掲載しないのはもったいないだろう、と考えるようになりました。

 ただ、いくら後日リライトして当ブログに掲載するつもりだったとはいえ、それらを書いている時点では、公開範囲を限定できる mixi での公開を無意識のうちに前提としていたせいで、そのまま Queer Music Experience.に掲載するには、あまりにも砕け過ぎた記述や、日記としての性質が強過ぎる記述も多かったので、そこはカットしたり改訂したりした上で、Queer Music Experience.への復刻掲載を開始した、というわけなんです。

 こうした経緯によって復刻掲載した、私が体を壊していた時期のライヴ観覧記は、次のとおりです。



Scissor Sisters Night Work LIVE(2011年2月9日 at Zepp Tokyo )
2011年2月9日 シザー・シスターズ ツアー・パンフ
※インディーどころか思いっきりメジャーな、シザー・シスターズのライヴ観覧記です。当初は、これをリライトしたものを、[ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)]に寄稿するつもりだったのですが、結局その機会を逸してしまいました(ニュース・サイトは即時性が重要なので)。



藤本大祐 presents スリーマンライブ『Triangle Typhoon』(2011年4月21日 at 秋葉原 PAGODA)
2011年4月21日 藤本大祐&鹿嶋敏行
※この観覧記では、主に藤本大祐さんと鹿嶋敏行さんとの共演について書いています。



とんちピクルス ライブ「やさしい夜」(2011年4月28日 at 中野 カルマ)
2011年4月28日 とんちピクルス
※このとんちピクルスさんのワンマン・ライヴの観覧記については、mixi のほうでも覚書程度の内容しか書いていなかったのですが、実は一度リライトに着手していて、しかし体調が悪くフィニッシュには至らなかったという経緯がありました。その未完成だったリライトの記憶を元に、ほとんど書き下ろしに近いほどの大幅な加筆が、この観覧記には施してあります。



渋谷 de 一軒家 vol.21(2011年5月5日 at 渋谷 gee-ge)
2011年5月5日 柏本 圭二郎
※この観覧記は、柏本 圭二郎(現:keiZiro)さんのライヴについて、主に書いています。これもまた、リライトに着手したものの、体調が優れなかったせいでフィニッシュに至らなかった観覧記で、keiZiro さんのセット・リストの最後に歌われた「Unite for Friends」についての記述から先は、ほぼ書き下ろしです。



Paddy Phield presents『Save tOhoku's Soul』(2011年5月15日 at 新宿 スモーキン・ブギ)
2011年5月15日 パディ・フィールド
※70年代末のロンドン・パンク・シーンや、80年代前半のイギリスのニュー・ロマンティック・ムーヴメントといった、世界のロック史に残るムーヴメントの只中にいた、ただ1人の日本人ミュージシャンであるパディ・フィールドさんのライヴ観覧記です。



ふわぽよ。(2011年6月9日 at 新宿 ArcH)
2011年6月9日 藤井 周
※この観覧記では、主に MARIO さんと藤井 周さんのお二方のライヴについて、話題を絞り込んでいます。



風太郎企画28th『夏空夢人』(2011年7月3日 at 阿佐ヶ谷 NEXT SUNDAY)
2011年7月3日 鹿嶋敏行
※この観覧記では、鹿嶋敏行さんと藤井 周さんのお二人のライヴについて、話題を絞り込んでいます。



Rainbow Arts Final exhibition(2011年7月30日 at 新宿 全労済ホール スペース・ゼロ)
2011年7月30日 Yosuke
※セクシュアル・マイノリティによるアートの祭典、Rainbow Arts の開催期間の最終日に、会場内で行なわれた Yosuke さんのミニ・ライヴの観覧記です。



海の家(2011年8月29日 at 新宿 ArcH)
2011年8月29日 Men⇔dy
※この観覧記では、耳の病気のために音楽活動を休止されていた Men⇔Dy さんの復活ライヴについて、話題を絞り込んでいます。



 さらに、私が体を壊してしまった2011年よりも前に書いたものの中にも、やはり mixi でしか公開していなかったライヴ観覧記が、いくつもありました。

 それらが mixi での公開のみに留まってしまっていた理由は、一つにはデイ・ジョブが多忙であったために、リライトに手が着かず、そのままとなってしまっていた、というもの。

 それらのうちの1つ、2009年9月6日の Living Together Lounge でのさんのライヴ観覧記を、先日 Queer Music Experience.に復刻掲載しました。日記としての性質のほうが強い文章なので、これを最初に書いた当時には、後日に大幅なリライトを施すつもりでいたのですが、こうして改めて読み返してみると、「LGBTミュージックの記録」としては、実はこのままでも充分ではないかと思ったので、明らかに日記のつもりで書いている部分をカットした以外には、「くん付け」を「さん付け」に直す程度の改訂に留めました。



Living Together Lounge vol.57(2009年9月6日 at 新宿 ArcH )
2009年9月6日 灯



 そして、多忙という理由とはまた別に、出演者のプライヴァシーに配慮した関係で、mixi での公開のみになっていた観覧記も、一部あります。

 要は、それらのライヴの出演者がLGBTであるという事実が、はたしてオープンにされているのか、それとも対外的には伏せられているのか、その辺りがわざと曖昧にされていて、判然としなかった場合には、そのライヴの観覧記は、最初から手を着けていないか、あるいは書いたとしても、mixi のみの公開としていました。

 そうした種類のライヴ観覧記も、いま読み返してみると、「出演者がこの顔触れなら、別に Queer Music Experience.に観覧記を掲載しても、たぶんアウティング行為になることはなかろう」と判断できるものが、いくつかあったので、それらも追々、掲載していく予定です。まあ、かなり大雑把な書き方ではあるのですが。



 斯様にして、mixi のみで公開していたライヴ観覧記を遡っていく中で、実はワタクシ、アーティストさんに対して大変失礼な事実誤認をやらかしていたことに、気がついてしまいました。

 2013年1月17日に池袋の鈴ん小屋(りんごや)さんにて開催された『Serious Playground』の観覧記(当ブログの2013年1月19日付のエントリ)の中で、私は、とんちピクルスさんの「湯の花」という楽曲について、CDでは親しんでいたけれどもライヴで聴くのは初めて、という趣旨のことを書いていたのですが。

 実は、私がとんちピクルスさんのライヴを初めて拝見した、2005年8月28日の『とんち 音の波』の中で、私は「湯の花」のパフォーマンスを、ちゃんと観ていたんですよね。その記録が、mixi 日記のほうに、しっかりと残っていました。

 あちゃー。

 その2005年8月28日の『とんち 音の波』の観覧記も、後日アップしますが、その際には、このブログの2013年1月19日付のエントリにも、訂正とお詫びの文言を、追記で入れる予定です。

 もともと記憶力のあるほうではない藤嶋ですが、さすがにこれは、トホホな体たらく。

 とんちピクルスさん、大変失礼をしました。申し訳ありません……。

 やっぱり、記録をきちんとした形で残すのって、大事。

 反省。



 それでは、冒頭の繰り返しとなりますが、本年もよろしくお願い申し上げます。


2014.01.04 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。