FC2ブログ

ユーロヴィジョンの昨年度のアイルランド代表が、ゲイであることをカミング・アウト。

 今年度(2014年度)のユーロヴィジョン・ソング・コンテストのオーストリア代表に選ばれている、ドラァグ・クイーンのシンガー、コンチータ・ヴルストを紹介した、当ブログの昨年(2013年)11月14日付の記事に、先日(2月27日)、コメントをいただきました。

 そのコメントの中で教えていただいたのが、昨年度のユーロヴィジョンのアイルランド代表の男性シンガーが、先月(2014年2月)の初めごろにゲイであることを公にした、との情報。

 そこで、早速ネット検索をして調べてみたのですが、これがもう、非常に素晴らしいアーティストだったんですよね。

 というわけで、今回はその男性シンガーについて書いていきたいと思います。

 情報をくださった水石さま、どうもありがとうございました!



 さて、その男性シンガーの名は、ライアン・ドーラン (Ryan Dolan)。北アイルランド出身の、28歳です。

 彼は自作曲「Only Love Survives」で、ユーロヴィジョンのアイルランド予選に優勝。代表の座を勝ち取り、スウェーデンのマルメにて開催された本選に参加しました。

 セミ・ファイナルでは8位入賞を果たし、計26カ国が競い合うファイナルへと進出。しかし残念ながら、最終結果は26カ国中、最下位の26位であったそうです。

 そのファイナルでのパフォーマンス映像を、私も YouTube で実際に観てみたんですが、いったいどうしてこれが高得点を得られなかったのかが、私には全くもって腑に落ちない。

 だってだって、こんなにも格好良く、しかも素晴らしい内容を持った曲とパフォーマンスなのに!

ライアン・ドーラン
(画像は Independent.ie の記事から)


「Only Love Survives」という楽曲は、トライバルな雰囲気のドラムの音が非常に印象に残る、前向きで力強いダンス・ミュージックです。この曲のファイナルでのパフォーマンスは、そうしたトライバルな要素を前面に押し出した内容で、たとえば和太鼓の演奏を観るのが好きだというかたであれば、絶対に「おおーっ!」と気分が高揚する、そういうパフォーマンスだと思います。

 少なくとも、私はものすごくアガりました。

 まあ、まずは観てみてください。

 できれば大きな画面で、重低音の良く効いたスピーカーに接続しての視聴をオススメします。



"Only Love Survives"
(Live on Eurovision Song Contest 2013 Grand Final)




 ……いかがでしたでしょうか? 良かったでしょ? たぶんこうした種類のパフォーマンスは、ヨーロッパよりも日本のかたたちにこそ好まれるような気が、私はします。

 さて、このライアン・ドーランのカミング・アウトについてなんですが、これを報じている記事の内容に拠りますと、それは先月5日の出来事。アイルランドの公共放送局である RTÉ Radio 1の番組に出演、そのインタヴューの中で、彼はゲイであることを公にしたのだそうです。

 参照したのは、以下の2つの記事です。

続きを読む

スポンサーサイト