FC2ブログ

ブルボンヌさんが、NHKラジオ第1で、ゲイ・ミュージックを特集。

 NHKラジオ第1で、平日の午後1時から4時55分まで放送されている、山田まりやさんがメイン・パーソナリティーの生ワイド番組『午後のまりやーじゅ』。

 その通称『午後まり』の毎週木曜日は、女装パフォーマーのブルボンヌさんが、週一レギュラーとして出演をなさっています。

 ※『午後のまりやーじゅ』公式サイト http://www.nhk.or.jp/gogomari/

 そして、先週の6月12日放送分の『午後のまりやーじゅ』では、ブルボンヌさん担当のコーナー『ブルボンヌママのお悩み相談カフェ』内の企画『ブルボンヌの小部屋』で、ゲイ・ミュージックが特集されました。

 正味20分弱の、短い時間ではありましたが、しかしこれは、実に画期的なことであったと、私は思います。

 というのも、ですね。

 日本のテレビやラジオの番組で、ロック/ポップスについて語られるときに、そこに「ゲイ」という括りが持ち込まれることって、ほとんどないですよね?

 これが紙媒体の場合なら、たとえば音楽出版社から発行されている月刊誌『CDジャーナル』が、ゲイ・ミュージック特集を組むことが、時折あります。同誌の2011年9月号に掲載されていたゲイ・ミュージック特集では、ブルボンヌさんもライターとして、「ゲイのキワモノ学」というコラムを寄稿なさっていました。『CDジャーナル』の他にも、私の見聞の範囲内では、オルタナティヴ・ロック系の音楽雑誌『クッキーシーン』が、ゲイ・ミュージック特集を組んだことがありました。

 ところが。

 テレビやラジオの世界となると、「ゲイ・ミュージック」というカテゴライズでロック/ポップスが論じられることは、ほとんどなかったのではないでしょうか。

 少なくとも私は、ミュージシャンの性的指向という切り口でロック/ポップスが特集された日本のテレビ番組やラジオ番組を、観たり聴いたりしたことは、これまで一度もないです。

 まあ、私が不勉強なだけなのかもしれませんが。

 しかし!

 今回ブルボンヌさんが、ご自身がレギュラーとして出演されている『午後まり』の中で、ゲイ・ミュージック特集を組んでくださったのです。

 ブルボンヌさんは、日本のマス・メディアの世界に、「ゲイ・ミュージック」というカテゴリを、積極的に持ち込んでくださっているかたなんです。



 さて。

 ここからは、6月12日放送分の『午後まり』内の、ブルボンヌさんによるゲイ・ミュージック特集の内容を、より具体的に紹介していこうと思います。

続きを読む

スポンサーサイト