上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 私はこれまで、このブログで、「日本のゲイ・インディーズ・シーンは自然消滅した」と幾度も書いてはきましたが、それはこの日本に、オープンリーのLGBTのインディー・ミュージシャンの存在自体がなくなったという意味では、全然ありません。

 要は、それらのミュージシャンのみなさんが、ムーヴメントと呼べるだけの大きなうねりを、2014年現在では形成していらっしゃらない、というだけであって、個々にはみなさん活躍をなさっておいでになります。

 今回の記事では、そうしたオープンリーのLGBTのインディー・ミュージシャンのみなさんが、2014年の上半期にリリースをなさったり、発表をなさったりした楽曲群を、まとめて紹介させていただきます。

 私が個人的には面識を持っていないミュージシャンのかたも、ここでは何組も紹介をさせていただいています。また、ここで紹介させていただいている全てのミュージシャンのかたたちのあいだに、横のつながりが存在しているというわけでもありません。

 そうした相互関係をお持ちではないミュージシャンのみなさんを、こうやって一つの記事にまとめて紹介することが、私なりの、シーン再生の試みだったりします。

 音楽性の違いに基づいたライヴ・イヴェントの「住み分け」自体は、あってしかるべきだとは思います。しかし、その「住み分け」を、排外主義などと混同してしまうという過ちは、二度とあってはなりません。そこからは、創造的なものは何一つとして生まれませんからね。

 ちなみにですね、ここで紹介させていただいた楽曲だけが、この上半期に日本のLGBTのインディー・ミュージシャンのみなさんが発表なさった作品の全てではありません。現在の私は、「机上の人間」にならざるを得ない状況なので、オーディオ・ファイルやミュージック・ヴィデオ、ライヴ映像などのデジタル配信には力を入れていない、完全にライヴ活動が中心となっているLGBTのミュージシャンのかたたちについては、その動向を、あまり把握できてはいません。

 ライヴの現場にも頻繁に足を運ばれている、インディー・ミュージック・ウォッチャーのたけださとしさんが、私の今回の記事と同じ趣旨で、もしも別に記事をお書きになったとしたならば、ここで紹介されているラインナップとはまた異なった内容のリストになることと思います。

 この記事は、あくまでも藤嶋隆樹個人による、私的な総括に過ぎません。

 それでは、以下からが楽曲の紹介です。発表順に並べてあります。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.07.22 Top↑
 2014年6月28日(土)、福岡の Cotton Club Cafe (コットンクラブカフェ)を会場にして、今年も Sound Summit が開催されました。

 Sound Summit は、2014年現在では、この日本で唯一の、「定期開催されているLGBTのライヴ・イヴェント」です。2002年に初めて開催されて以降、今年まで開催が継続されています。

 ※Sound Summit 2014公式サイト http://ss.k-toom.net/pc.htm

 この Sound Summit 2014の公式サイトに掲載されている、イヴェントの開催趣旨を、以下に引用させていただきます。

“年に一度、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)並びに

セクシャルマイノリティーに理解のあるミュージシャンにより開催されるSOUND SUMMIT。

プロ・アマチュア問わず、地元福岡のミュージシャンを中心に、

全国から交流のある人気ミュージシャンを招いて開催しています。

2002年にたった3組のアーティストで始められたこのイベントも今年で13年目。

今では国内で最も歴史のある最大級のLGBTライブイベントになりました。

今回は原点に返り、弾き語りや小編成ユニットを中心に

歌詞の伝わる出演陣でお届けします。

LGBTシーンのみならず、ネット上で仲間と出会うパターンが

以前より格段に増えている昨今、私達は敢えて「ライブ」というリアルな空間に身を置き、

また感動することで、改めて人と人とが生で出会うことの素晴らしさ、

そこから生まれる自身の存在の価値を感じてもらえるのではないかと考えています。

SOUND SUMMITの出演者はそれぞれの表現力で、笑い・楽しさ・切なさ・悲しさ、

感情のドアを優しくノックする歌や演奏を披露してくれるアーティストばかりです。

SOUND SUMMITに参加することによって感動し、

それまでの自分では考えられなかった価値観を見出してもらうことによって、

「ひとりひとり、みんな違うからこそ大切な存在」このメッセージが、

一人でも多くの方に伝わることを願います。”



 私が Sound Summit に足を運んだのは、実は、2005年のたった一度きりしかありません。

 関心がないわけでは全然ありません。ごく単純に、日程の都合がつかなかったり、あるいは金欠であったりと、そういう至って現実的な理由から、なかなかお伺いすることが叶っていません。

 ちなみに、2005年という年は、今から振り返ってみると、日本のゲイ・インディーズ・シーンが退行の道を歩み始める直前の、最後の大きな盛り上がりを見せた年でした。

 その2005年の Sound Summit の観覧記がこちら。

 ※SOUND SUMMIT 2005観覧記 [2005年7月10日 at 博多 The Voodoo Lounge] (Queer Music Experience.)

 この後、つまり2006年以降、日本のゲイ・インディーズ・シーンは、退行・自壊・消滅の道を辿りました

 そうした退行・自壊・消滅の様子をリアルタイムで目にしてきた者の一人として、私は、Sound Summit のような「LGBTのライヴ・イヴェント」のありかたについては、いろいろと思うところがあります。
2014.07.18 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。