上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
3月22日付のエントリでは、クレイ・エイケンの「ゲイ・スキャンダル」について書きました。

その続報です。

クレイとの一夜の情事を『National Enquirer』誌に暴露した、ジョン・ポーラスという男性が、公的に謝罪したそうです。

以下は、6月20日付でGay.com UKに掲載された記事の翻訳です。






元アメリカ軍兵士で、現在はポルノ・スターであり、そして『アメリカン・アイドル』の勝者クレイ・エイケンの同性愛を暴露したジョン・ポーラスは、クレイとの一夜限りの情事の話を『National Enquirer』誌に売り渡したことについて、公的に謝罪した。

ジョン・ポーラスは、タブロイド誌に話を売っただけでなく、自身のブログ――クレイに捧げられたもの――も作っている。

ブログは、当初はエイケンを「嘲笑する」ために作られた。が、現在では、「クレイ・エイケンと彼のファンを理解することに奉じている」。

ポーラスは次のように書いている。「私は、クレイの信頼に背いたことを後悔しています。彼と彼の家族、彼のファンを傷つけたことを後悔しています。彼を嘲うブログを始めたことを後悔しています。……私は、それらをクレイに謝罪します。そして、彼が受け入れてくれることを望みます。」

「当時はとても未熟で利己的で、私は『National Enquirer』に話を流しました。翌日、私は自分が何をしでかしたのか、気がつきました。私は、誰かの信頼に背いたのです。過ちを取り返そうとして、印刷を止めさせられないかどうか、私は解決策を探し求めました。」

『National Enquirer』の編集者デイヴィッド・ペレルは、「我々のリポーターは、彼(ポーラス)を電話から引き離すことができませんでした。」と『The Scoop』に話した。

「私は、クレイの大いなる成功と幸せを、確かに祈っています」とポーラスは結んだ。


原文はこちらです。



私は、3月22日付のエントリの中で、クレイ・エイケンがゲイであるかどうかということよりも、相手の許可なくしてセレブのセックスをタブロイド紙に売り渡したジョン・ポーラスという男を、なぜメディアは批判しないのか、と述べました。

第一報の時点で既にポーラスを批判していた私にとっては、したがって今回のポーラスの公式の謝罪は、あまりにも遅すぎる。適切な時期を逸したものとしか感じられません。

ゲイのアーティストを忌み嫌う傾向のあるアメリカのミュージック・シーンにあっては、今回の騒動でクレイ・エイケンが被った被害の大きさは、彼がゲイであろうがなかろうが、計り知れないほど甚大です。

つまり、今さらポーラスがどのように謝罪しようとも、彼がクレイに与えたダメージは、取り返す術がないのです。

クレイ側からのコメントが記事になっているのを見かけないので、今回の騒動について、クレイ側は完全に沈黙を守っているのだろうと思います。

私は、クレイが公的にカミングアウトする必要はない、と思っています。性的指向は、本人以外の誰にも決めつけることができないものである以上、それとどのように向き合っていくかということも、やはり本人が決めるべきことであり、したがってカミングアウトを他者が強制したり、あるいは批判したりする権利などはない、と私は考えています。

ただ、肯定も否定もしない、ということは、クレイがゲイだということを認めたも同然だとは思います。もしクレイがゲイでないのならば、はっきりと否定のコメントを出すことに、何の支障も躊躇いもないはずだからです。

写真までが出回ってしまった以上、どうにも否定のしようがない、というのが本当のところなんだろうとは思いますが、私としては、現在のクレイにとっては、沈黙こそが、最大限の誠意の示し方なのだ、と肯定的に捉えたい。



クレイ・エイケンには、このまま消え去ってほしくはありません。これからも、その素晴らしい歌声を、我々に届けてほしいと思います。

そして、このブログを読んでいる皆さんに改めて訴えたいのは、セレブのセックスを暴露する記事を、安易に面白がってほしくない、ということです。

特にそれがゲイのセックスに関する話である場合、それは異性愛のセレブのセックス・ヴィデオの流出とは、被害の質が違うのです。

このブログはゲイのアーティストに関する話題を取り扱っているため、アーティストや有名人の性的指向を詮索するのが大好きな方々も、多く訪れていらっしゃるようです。

しかし、これまでにも私は幾度も書き記してきましたが、私がこうしたブログやサイトを運営しているのは、あくまでも「カミングアウトしたアーティストたちの勇気と誇りを賞賛する」ためであって、セレブの性的指向を詮索することが目的ではないし、その関心もありません。

アウティングは、卑劣な行為なのです。

そのことを、せめてこのブログに辿り着いた皆さんには、理解していただきたいと思います。



スポンサーサイト
2006.06.22 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/100-3205f951
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。