上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
いよいよ、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストが決定したそうです。

その人の名は、サム・ブッチャー。

29歳。

男性。

7月25日、ロンドンのToo2Muchというクラブで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストお披露目ギグが行なわれたそうです。

New Culture Club singer recruited on website (Yahoo! UK)

このYahoo! UKの記事は、他のニュース・サイトにもそのまま本文が流用されているんですが、ここではサム・ブッチャーが「どのように応募してきたか」を紹介しているだけで、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストに選ばれたサムの心境については、何にも触れられていないんですよ。

サム・ブッチャー本人のコメントを掲載している記事はないものか、と引き続き探してみたところ、以下の2つの記事を見つけました。

NEW CULTURE CLUB SINGER ALREADY FEELS LIKE A STAR (PR inside)

NEW CULTURE CLUB SINGER HAS BOY GEORGE'S BLESSING (contactmusic.com)



……というわけで、この2つの記事に掲載されていた、サム・ブッチャーの発言を、以下にまとめてみます。






まず、お披露目ギグの感想。

「僕は、映画の『スター誕生』は観たことがないんだけど、こんなふうに違いないって思うよ。僕は(この機会を)しっかりと両手につかんでいて、まるでお菓子屋に入った子供みたいな、ちょっとだけそんな気分だよ。」


ちなみに、この発言が載っている記事の見出しには「もうスター気分」などと書かれちゃってますが。

次に、ボーイ・ジョージについて。

「これまでのカルチャー・クラブは、何もかもが慌しかったんだ。彼らはツアーに出ることを求められていたけど、彼(ボーイ・ジョージ)はとってもクリエイティヴな人だから、それだけの時間がなかった。僕はそう了解している。彼が参加しないからこそ別のシンガーを探しているんだとみんなは言ってたし、ジョージからは『頑張って』と言ってもらえた。僕は、彼の創意と才能を、大いに崇拝しているんだ。」


なお、この発言が載っている記事の本文中では、「彼(サム・ブッチャー)は、自分はボーイ・ジョージと交替したのではなく、ボーイ・ジョージが(再結成を)断わったときだけ役に就くと力説している」と述べられています。

そして、サム・ブッチャーのプライベートについて。

「僕は、個人的で内省的な人間なんだ。だから、私生活は語らないことにさっさと決めたんだ。」


と、このように語っているサム・ブッチャーとは、さて、こんなお方です。



サム・ブッチャー

29歳にしては、ずいぶんお歳を召して見えるような。
そして胸元にはチラリとハーネスが。



新ヴォーカリストの募集広告では「ボーイ・ジョージのそっくりさんではない人を求む」となっていたので、全然違う系統のヴォーカリストが選ばれるものとばかり思ってました。

確かに、サム・ブッチャーは「ボーイ・ジョージのそっくりさん」ではないですが。



しかし、系統そのものは同じ、という気が。




ジョン、マイキー、フィル・ピケットの3人がサム・ブッチャーに興味を持ったのも、彼のフェミニンなルックスが一因だったとYahoo! UKの記事にも書いてあるし。



さて、サム・ブッチャーをヴォーカリストに迎えてのカルチャー・クラブの活動は、現時点で予定されているのは2007年のツアーのみで、新作のレコーディングがあるのかどうかは、何も言及されていません。

ていうか、確か以前のトニー・ゴードンの話だと、新ヴォーカリストは4人、という話だったのでは……?


スポンサーサイト
2006.08.02 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/113-21674ad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。