上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
9月17日付のエントリでは、カルチャー・クラブの新ヴォーカリストのサムが、ボーイ・ジョージから「頑張って」と励ましの言葉をもらった、というサムの談話を紹介しています。

ところが。

昨日(10月13日)付のGay.com UKの記事によれば、ボーイ・ジョージはサムのことをコテンパンに批判したそうです。

I Do Really Want To Hurt You (Gay.com UK)






ここでの主な話題は、ボーイ・ジョージがホモフォビアの少年たちに挑発されて激怒した、というものです。

この記事によると、ボーイ・ジョージは、10月12日にロンドン北部のカムデンにあるラウンド・ハウスという場所で開かれた、ボーダフォン・ライヴ・ミュージック・アワードの式典に出席したんだそうです。

その会場でインタヴューを受けていたボーイ・ジョージを、ホモフォビアの少年たちが、侮辱的な言葉とジェスチャーで挑発。

ジョージはこれに激怒し、手にしていたグラスを壁に投げつけ、少年たちと乱闘になりかけてしまった、とのこと。しかし、広報担当者がジョージを引き離し、インタヴューは続行されたそうです。

ちなみに、この記事を書いているのは、私が10月5日のエントリで話題にしていた、Stewart Who?氏です。彼は、今回のボーイ・ジョージの武勇伝(?)にも、「だから私たちはボーイ・ジョージが好きなのだ」と、嬉しそうに述べています。

まあ、ボーイ・ジョージの怒りは当然だし、少年たちの罵詈雑言に対して、「そうだよ、僕はクイアーだ! 黙らないと叩きのめすぞ!」と啖呵を切ったジョージはカッコいいとは思うんですが、しかし、暴力はいかんですよ、暴力は。

だって、暴力を振るってしまったら、それは暴力をもってゲイを排斥しようとする連中と同じレベルに、自分を貶めることになりますからね。



まあ、それはそうとして。



9月17日付のエントリで参照した記事を読んだかぎりでは、サムはボーイ・ジョージのお墨付きのような印象だったんですが。

このボーダフォン・ライヴ・ミュージック・アワードでのインタヴューでは、ボーイ・ジョージはサムのことを、ケチョンケチョンに批判したようなんです。曰く、

「カルチャー・クラブの曲は、僕のボーイフレンド(註:ドラマーのジョン・モス)について歌った、僕の、ゲイのラヴ・ソングなんだ。それを彼が歌えるわけがないだろう?」


「僕にとって、優れたバンドっていうのは、他の誰かがバンドの曲を上手く歌えなかったことによって証立てられるんだ。彼は、僕の曲を歌えなかっただろ。」


こうしたジョージの口撃に対して、サムは、

「僕は、ジョージの新しいソロ・キャリアが上手くいくように祈ってます」


とした上で、次のように続けています。

「僕は、ジョージのコメントには傷つきましたけど、でもジョージは、マドンナも含めたあらゆる人たちに、辛らつなことを言ってますよね? 僕はまだキャリアをスタートさせたばかりなんだから、手当たり次第の攻撃よりも、性質が悪いように思えます。おそらくボーイ・ジョージは、マドンナやジョージ・マイケルのような大物を相手にするべきなんじゃないでしょうか」


たぶん、ジョージがここまで激しくサムをけなしたのは、ホモフォビアの少年たちに挑発されて、相当ムシャクシャしていたからなんだろう、とは思います。

ただ、人というものは、怒りに駆られているときほど、本音が出やすくなるわけで。

結局、ボーイ・ジョージは、カルチャー・クラブの再結成には自らの意志で応じなかったものの、だからといって他の誰かがカルチャー・クラブのヴォーカリストになることを歓迎してもいなかった、ってことなんでしょうねえ。

もちろん、これはボーイ・ジョージに限った話ではなく、ヴォーカリストの交替のあったバンドであれば、ごくごく平均的な人間模様なんだとは思いますが。

しかし、この場合。

自分で断わっておきながら文句垂れるなよ、と私は思いました。



ジョージがカルチャー・クラブの再結成に参加しなかったのは、あくまでもスケジュールの都合によるものだ、と仮定して、そこでスタッフがまず考えなければいけなかったのは、メンバーのスケジュールの調整だったはずだと思うんですよね。

にもかかわらず、新ヴォーカリストの募集までして再結成を急いだということは、やっぱり今回の再結成には、マネージャーを始めとする周辺スタッフの恣意のほうが、強く働いているんだろうなあ、という印象です。

だとすれば尚のこと、サム個人に罪はないんだから、こうもケチョンケチョンに貶されてしまったサムは、なんだか可愛そうな気がします。

カルチャー・クラブで商売しようとしている人々の思惑はともかくとして、サム個人には頑張ってほしいなー、という気持ちが、私は強くなっちゃいましたよ。

と同時に、ボーイ・ジョージに対しては、そこまでカルチャー・クラブの曲に思い入れがあるのであれば、ヴォーカリストの座を安易に譲り渡すべきではなかったんじゃないの? と思います。

ソロ・キャリアも大事だけれど、カルチャー・クラブも大切にしてほしいですよ、ホント。



スポンサーサイト
2006.10.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/124-06b7553a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。