上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
今回のタイトルは、魔夜峰央先生の名作ギャグ漫画『パタリロ!』からのセリフの引用です。

いったいどーゆーシチュエーションで、このセリフが放たれたのかというと。

ひょんなことから、マリネラ王国の国家元首であるパタリロは、日本の喫茶店のお手伝いをすることになります。その店のお客さんが、トマトジュースのことを「トマジュー」と注文するのを見て、パタリロは、「ああ、ここでは短く縮めて言うのが粋なんだな」と勘違いしてしまいます。

郷に入っては郷に従え。別のお客さんからミカンジュースのオーダーを受けたパタリロは、

「ヘイ! マスター! ミカジュー一丁!」

と厨房に向かって指を鳴らします。

すると、なぜかミカちゃんというウエイトレスが、マスターに店の奥に呼び出されます。そして、パタンと閉じられた扉の向こう側から、「ギャーッ!」というミカちゃんの悲鳴と、それに続いて、ギュウギュウ……ポタリポタリ……、という謎の音が聞こえてくるではありませんか!

思わぬ事の成り行きにおののくパタリロの前に、包丁を片手にしたマスターが運んできたのが、

謎の液体、ミカジュー。



つーか、まあ、そんなことはどーだっていいんです。

本題。




このエントリを書いている現時点で、全英のヒット・チャートでは、まだアルバムを1枚も出していない全くの新人アーティスト、ミカのデビュー・シングル『Grace Kelly』が、首位を突っ走っています。

BBCラジオ1のシングル・チャート
http://www.bbc.co.uk/radio1/chart/singles.shtml

この曲は、どうやらMySpaceから人気に火が着いたらしく、その流通もダウンロード販売が中心のようなんですが、『Grace Kelly』はいきなり全英ヒット・チャートの3位に初登場。翌週には早くも No.1を獲得して、登場3週目となる現在も、首位を維持しています。

以前の全英ヒット・チャートでは、ダウンロード販売の数字はカウントされませんでした。Queer Music Experience.のほうで既に紹介している、オープンリー・レズビアンのアーティスト、アレックス・パークスは、セカンド・アルバムからの先行シングルがダウンロード販売のみとなっていたため、その売り上げ数字がヒット・チャートには全く反映されず、アルバムのプロモーション機能を果たせなかったということがありました。

しかし、今回のミカや、あるいは昨年デビューした女性アイドル、リリー・アレンなどは、非常に効果的にMySpaceをプロモーション手段として活用しており、時代は確実に変化しているなー、と思わされましたよ。まるでババアみたいな感慨ですが。



さて、ミカの話です。

ミカといっても、女性ではありません。

男性です。

確か北欧あたりだと、ミカは男性名なんだそうですよ。自分も初めて知ったんですが。

で、件のミカは、レバノン出身のパリ育ち。現在はロンドン在住の23歳。デビュー・シングル『Grace Kelly』が目下大ヒット中、というわけです。

なんでも、BBCのアンケートでは、2007年に大ブレイクする新人アーティストの筆頭に選ばれているそうで、まだアルバムも出ていないのに、既にイギリスのメディアからは絶賛されまくりです。

ゲイ・メディアのGay.com UKでも、ミカは大絶賛されてます。

というのもですね。

彼の歌声は、フレディ・マーキュリーにそっくりなんですよ。

イギリスの音楽ジャーナリズムがミカを評する際に比較対象として名前を出してくるのは、フレディ・マーキュリーだけではありません。他にもシザー・シスターズやルーファス・ウェインライト、エルトン・ジョンなどが、比較に出されています。

そして、これらのアーティストは、いずれもオープンリー・ゲイのアーティストです。

イギリスの音楽ジャーナリズムによる、こうした比較の仕方は、決してミカを揶揄するものではありません。むしろ逆です。

それら先人たちに比肩するほどの才能がミカにはあるという、これは純然たる賞賛です。

Gay.com UKでは、以下のように紹介されていました。

「エルトンがジェイク・シアーズ(シザー・シスターズ)に注目し、夢中になったように、もしもフレディが生きていたなら、同じようにミカに夢中になっただろう。」

『Grace Kelly』のヴィデオ・クリップを見るかぎり、確かにミカは、それら先人たちの長所をすべて兼ね備えた逸材のように見えます。

フレディの歌声。エルトンの演奏センス。ルーファスの詩的世界。そしてシザー・シスターズのキャムプ性。

たぶん、これから発売されるアルバムは、バカ売れするはずです。

"Grace Kelly"
(2007)


ちなみに、ミカは、現時点では性的指向をハッキリと公にはしていません。

しかし、MySpaceでフル・コーラス試聴が可能となっているうちの1曲「Billy Brown」は、男性に恋をして家族のもとを飛び出してしまった既婚男性のことを歌っています。

Gay.com UKのレビューではミカのことを、早くも「ゲイ・ポップ・センセーション」などと形容しています。これというのは、見方によっては、ミカの性的指向をゲイだと決めつけているように見えなくもありません。

しかし、そもそも「ゲイ・ポップ」とか「ゲイ・ミュージック」だとかいう言葉は、実は定義が非常に曖昧で、「ゲイのアーティストによるポップ・ミュージック」を指している場合もあれば、「ゲイのオーディエンスに好まれる類のポップ・ミュージック」を指している場合もあります。

ミカがゲイなのかどうかはともかくとして、少なくとも現時点で言えるのは、ミカというアーティストは、たった1枚のシングルだけで、ロビー・ウィリアムスのように、「性的指向はグレーゾーンであっても、ゲイ・イコンとして強力な支持を集める男性アーティスト」のポジションを獲得した、ということでしょうね。



ちなみに、マネージメントを務めているのは、マライア・キャリーの元旦那の、トミー・モトーラだそうです。この一点だけを見ても、ミカは将来大物になるであろうことが予想されます。


スポンサーサイト
2007.01.31 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/132-f867cedc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。