上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
オリコン公式サイトの2月14日付の記事を読んで、中村中が舞台版の『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』に出演することを初めて知りました。

山本耕史、自分の“網タイツ姿”に惚れ惚れ(オリコン)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/42179/




主人公のヘドウィグを演じるのが山本耕史。中さんの役どころは、記事の本文では触れられてはいませんが、順当に考えれば、たぶんスキシプ。意外といえば意外なキャスティングなんだけど、でもハマってそうです。スキシプではなく、イツハクでした。マーガレットさんからご指摘いただきました。ありがとうございました。m(_ _)m

中さんがスキシプイツハクを演じるのも楽しみなんですが、ヘドウィグを演じるのが山本耕史というのも、かなり面白くなりそうです。

自分は、舞台版『ヘドウィグ~』は観たことがないんですが、これまでは三上博史が主演していたそうですね。知らなかった。でも、そんな無知な自分でも、三上博史がヘドウィグ役にピッタリだというのは、何となくわかります。フリークスっぽい雰囲気があるんですよね、三上博史って。1992年のCX系ドラマ『あなただけ見えない』なんかは、それが最大限に活かされた作品だったと思うんですが。

山本耕史は、三上博史とはまた違った意味で、ヘドウィグ役にはピッタリという気がします。なんていうか、三上博史のフリークス世界(→寺山修二のフリークス世界、と言い代えてもいいかも)を、ポジ反転したみたいな感じになりそうです。フリークスだから哀しいのではなく、フリークスゆえに愛おしい、という世界。山本耕史という役者さんは、そういう雰囲気を持っていると思うんです。

まあ、あくまでもオリコンの記事を読んでそう感じたというだけのことなので、ここに書いたことはレヴューなんかではありません。念のため。



それはそうとして、オリコンの記事にある山本耕史の写真はスゴいですねー(笑)。ドラァグ・クイーンを見慣れてしまった自分の目には、こうした扮装は、さほど珍しいものではないんだけど、この扮装をしているのが山本耕史なんだという点で、やっぱり「うわー」って思いました。でも、イイ感じでゴツいですよね。そのゴツさが出ないと、やっぱりヘドウィグらしくない。筋骨隆々という点でも、山本耕史はヘドウィグにはピッタリかも。



というわけで、本家本元、ヘドウィグ・アンド・ジ・アングリー・インチの名曲、『Origin Of Love』のヴィデオ・クリップです。日本語字幕つきなので、みんな泣くといいよ!



"Origin Of Love"
(from the motion picture "Hedwig and the Angry Inch", 2001)




スポンサーサイト
2007.02.16 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/139-269ba00d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。