上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
2月13日のエントリでは、DQというデンマーク出身のドラァグ・クイーンのシンガーを紹介しました。

DQは、今年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストに、デンマーク代表として出場予定です。

そして、このブログの常連さんでいらっしゃるマーガレットさんから、その2月13日のエントリに、垂れこみコメントをいただきました。

曰く、セストレ(Sestre)というドラァグ・クイーンのグループが、2002年にユーロヴィジョンに出演していた、とのこと。

セストレは、スロヴェニアのグループだそうです。私も初めて知りました。




ちなみに、その2月13日のエントリで、私は以下のように書いています。

「ドラァグ・クイーンも広義のトランスジェンダーですが、トランスジェンダーのアーティストがユーロヴィジョンに出場するのは、1998年に優勝したイスラエルのダナ・インターナショナル以来だそうです。」

……あれ?

……ひょっとしたら、アタイ、ウソついちゃった?

上記の引用部分は、Gay.com UKに掲載されていた記事を基にして書いたものなんですが。

鵜呑みにした私が莫迦だったということですか。そうですか。

調べてみたところ、確かに2002年、セストレというドラァグ・クイーンのヴォーカル・グループが、スロベニア代表として、ユーロヴィジョンに出場していました。

Gay.com UKの嘘つきーーーー!(責任転嫁)

※参考リンク
ユーロビジョン・ソング・コンテスト2002(Wikipedia)

このウィキペディアの記事によると、セストレは24組中、13位という成績を残しています。

そして、おそらくはそのときのものであろうパフォーマンス映像が、YouTubeにアップロードされているとのことで、私も早速、観てみました。

感想。

安っ!!!(←褒めてます)

仮に、DQを「観光バー(←ノンケ向けのゲイ・バー)の花形パフォーマー」に例えるならば、セストレは、「組合員向けのお店の、周年パーティーのショー・タイム」という感じです。

凄まじいほどの場末感。

ディスコ・ミュージックなのに、どういうわけか、昭和歌謡のかほりが漂っているあたり、どうしてなかなか素敵です。



"Samo ljubezen"
(Live from Eurovision, 2002)




ヴィデオ・クリップのほうはどうなのかというと、こちらは割とオサレな雰囲気です。この中では、黒のビキニに裸ネクタイという姿の男性CAが登場しますが、ユーロヴィジョンのライヴのほうでも、バック・コーラスの男たちがこれと同じ格好をしてたら最高だったんですけどねー。開催国の放送倫理に引っかかったんでしょうか。その辺はわかりませんが。



"Samo ljubezen"
(2002)




さて、セストレというグループ名は、スロヴェニア語です。英語の「シスター」に該当する言葉だそうです。

メンバーは、ダフネ、エンペラトリッツ、ミス・マルレーナの3人。彼らはユーロヴィジョン出場前は、Strumpantl Sistersという名前で活動していたそうです。

ちなみに、このStrumpantl Sistersという表記は、あくまでも英語表記です。スロヴェニア語の正式な表記とは異なります。このブログでスロヴェニア語を正しく表示させる文字コードがよくわからないというのと、あとは正確な発音がわからないという理由から、ここでは英語で表記することにしました。このグループ名を英訳すると、「サスペンダー・シスターズ」になるそうです。

で、インターネットで調べてみたところ、Strumpantl Sistersが2001年に、スロヴェニアのリュブリャナで開催されたゲイ・プライド・マーチで、アン・ヴォーグの「Free Your Mind」をパフォーマンスしたという記事を見つけました。

※参考リンク
Matjaz Krivic: Gay Pride - Anti Discrimination Warrning

この記事にあったStrumpantl Sistersの写真なんですが、のちにセストレとしてユーロヴィジョンに出場したときの、ラメラメのスッチー姿よりも、むしろこちらのStrumpantl Sisters時代のほうが、ヴィジュアル的には洗練されているような気もするんですが、そう感じてしまうのは私がスレているから?

サスペンダー・シスターズ

このStrumpantl Sistersが、のちにセストレと名前を変え、スロヴェニア代表として、2002年にユーロヴィジョンに出場するわけですが、では、ユーロヴィジョンよりも後のセストレの活動はどうなっているのかというと、これがよくわかりません。

本国スロヴェニアのウィキペディアを見ても、米国版ウィキペディアに記載されている以上の内容は記されていません。

ひょっとしたら、ワン・ヒット・ワンダーで終わってしまったのかもしれません。

ていうか、たぶんそうでしょう。

やっぱり、コスプレ路線は苦しいと思うんですよね。確かに、大衆の耳目を惹きつけるには、コスプレという手法は非常に手堅いんだけど、反面、そのアーティストのイメージが著しく限定されてしまうというマイナス面も大きいんですよね。だから、すぐに飽きられてしまう。

それを考えると、DQのほうが、たぶん賞味期限は長いと思います。

5月のユーロヴィジョンで、DQがどこまで支持を拡大することができるか。

楽しみです。

というわけで、2度目の「Drama Queen」をどうぞ。



"Drama Queen"
(2007)



スポンサーサイト
2007.03.18 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/142-8aa18319
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。