上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
しつこくユーロヴィジョンの話題が続きます。

以前の記事は、以下を参照してください。

1)今宵、私はあなたのドラマ・クイーン(2月13日)

2)歌うゲイ・スッチー(3月18日)

3)英国版「おどるポンポコリン」(3月20日)



さて。

5月に開催される今年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストには、デンマーク代表のDQのほかにも、ドラァグ・クイーンのアーティストが出場するそうです。

ウクライナ代表の、ヴェルカ・セルデュシュカです。

どうやら、ドラァグ・クイーン同士のガチンコ対決が見られることになりそうです。





ヴェルカ・セルデュシュカさんは、こんなお方です。

ヴェルカ・セルデュシュカ
貴乃花親方が女装したら、こんな感じになるかもしれません。


いたいけな少女とヴェルカ・セルデュシュカの2ショット

「おばちゃんはヘンな人じゃないのよ~。
さあ、一緒に写真を撮りましょうね~。」




ヴェルカ・セルデュシュカのMySpace Musicはこちら。
http://www.myspace.com/verkaserduchka
(でも、曲の試聴ができるだけで、
これといったインフォメーションは今のところは何もありません。)




今年のユーロヴィジョンでヴェルカ・セルデュシュカが歌う「Danzing」は、英語、ドイツ語、ウクライナ語、モンゴル語の4ヶ国語で歌われています。

しかし、びっくりするほど中身がありません。

唯一、曲中で「ロシアよ、さようなら(Russia goodbye )」と歌っているように聴こえる箇所があり、それが物議を呼んだとのことですが、実際には「lasha tumbai」と歌われています。騒動が拡大するのを回避するためか、曲のタイトルは「Dancing lasha tumbai」に変更されています。

※参考リンク
Meet Verka Serduchka
http://www.esctoday.com/news/read/8016?rss



"Dancing lasha tumbai"
(2007)




ヴェルカ・セルデュシュカは、素顔のアンドリィ・ダニルコ名義でも音楽活動をしていますが、こちらのほうは、美しいピアノ・インストゥルメンタルです。同一人物の作品とは思えないほど、趣が全く違います。



"After You..."
(2007)




ちなみに、ヴェルカ・セルデュシュカは、ゲイであることは否定しています。

※参考リンク
Russian singer turned into homosexual
http://news.rin.ru/eng/news///2617/



スポンサーサイト
2007.03.24 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/145-cf9e9c5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。