上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ブルガリアと言われて思いつくのはヨーグルトと琴欧州だけという、いささか貧弱な発想しか持ち合わせのない私ですが。

今回のエントリでは、ブルガリアの人気歌手、アジスを紹介したいと思います。

が。

あれこれ語り始めるよりも先に、ヴィデオ・クリップを観ていただいたほうが、みなさんには、より興味を持ってもらえるのではないかなー、と思います。

特に、色黒・短髪・ヒゲ・マッチョ好きの人には




"No Kazvam ti stiga"
(2004)




てなわけで。

見るからにゲイゲイしい、色黒短髪ヒゲ野郎たちを、思い切り良く配して歌っているのは、ブルガリアのヒゲ付ドラァグ・クイーン、アジスです。

ちなみに、この「No Kazvam ti stiga」が収録されている2004年のアルバム『Kraliat』のジャケットは、こんな感じです。


Azis / Kraliat
これって、たぶん、マドンナの1987年のアルバム『True Blue』のパロディです。

参考までに、『True Blue』のジャケットは、こちら。
Madonna / True Blue




こんなにもあからさまにゲイゲイしいアジスですが、実際のところ、彼は、ブルガリアで最も人気のあるスーパースターの1人、なんだそうです。

いや、マジで。

今回、私が主に参照したのは、BBC World serviceが運営するThe Worldというニュース・サイトの記事なんですが、この記事によると、アジスは「サッカー・スタジアムを満席にすることのできる、唯一のブルガリアのパフォーマー」なんだそうです。

また、Wikipediaの記事によると、2006年に『Velikite Balgari』というブルガリアのテレビ番組が発表した、「ブルガリアで最も偉大な人物」のランキングで、アジスは21位に選ばれたそうです。ここでランキングされた人物の大半は既に故人で、存命中の人物としては、アジスは第2位に当たるそうです。アジスが現在29歳ということを考えると、ブルガリア国内では桁外れの成功を収めた人物であることがうかがえます。その前年の2005年には、アジスは政界にも乗り出したそうですが、議員当選までには至らなかったようです。



その2005年に発表したアルバム『2005』の中の、「Ledena kralica」という曲のヴィデオ・クリップ、これがまた強烈なんですわ。

このヴィデオ・クリップでも、アジスはゴージャスなドラァグの衣装に身を包んでいるんですが、履いているのはスカートなどではなく、ブルーのビキニ。

そのブルーのビキニの股間を、盛んに撫で擦って悶えるアジス。

いわゆる、ワンキング、ってやつですか?

こういうアジスのパフォーマンスを、「キモい!」と感じる人は、ノンケの男性だけではなく、おそらくはゲイの人の中にもいると思います。

しかしながら、その一方で、「よくぞここまでやってくれました!」的な爽快感を覚えるという人も、それ以上に数多くいると思うんですよ。この映像から痛快さを感じるノンケの人も、絶対にいるはずなんですよね。

この「Ledena kralica」の映像には、「ここまでやっても構わないんだ」という、「自由」があるんです。



"Ledena kralica"
(2005)




アジスについては、まだまだ書きたいことがたくさんあります。たとえば、ブルガリア国内でアジスがどのように受容されているのか、とか、アジスが歌っているジャンルがどのような音楽なのか、とか。

しかし、それらを一度に語り切るには時間がないので、続きはまた近いうちに、ということで。



スポンサーサイト
2007.03.27 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/146-7f5e0d02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。