FC2ブログ

中国初の、レズビアン・シンガー

アジアのLGBTアーティスト・シリーズ、さて今回は。

中国では初めてとなる、オープンリーのレズビアン・シンガー、QiaoQiao を紹介します。

ていうか、この名前をカナ表記にする場合には、いったいどう書いたらいいの?

キャオキャオ?

――なんだか、カナ表記の仕方がよくわからないので、とりあえずここでは、参照元の英文記事にしたがって、QiaoQiao と表記することにします。

日本の人に親しみをもってもらうためには、本当はカナ表記にしたほうが望ましいんですけどねー。

QiaoQiao の最も適切なカナ表記をご存知のかたがいらっしゃいましたら、ぜひとも私めにご教授ください。



で。

私がこの QiaoQiao のことを知ったのは、先月4日付の、以下のリンクの記事が最初でした。


Online Program to Feature Gay Host (china.org.cn)

この記事の内容がどんなものなのかといいますと。

中国のインターネットTV局、Phoenixtv.com が、中国では初めてとなる、同性愛者向けのインタラクティヴ・オンライン番組『Tong Xing Xianglian』(英訳すると『Binding Homosexuals Together』)の製作を発表した、というものです。

その番組の司会が、中国初のオープンリー・ゲイのアクティヴィストである、Didier-Zheng 氏と QiaoQiao、というわけです。

この話題を紹介している幾つかの英文サイトやゲイ・ブログも併せて読んでみたんですが、それらの情報によると、QiaoQiao は司会ではなく、第1回目のゲストとして番組に招かれていたみたいですね。この辺、情報が錯綜してます。

まあ、とにかく、この『Tong Xing Xianglian』の製作発表を通じて、私は QiaoQiao の存在を初めて知った、というわけです。

QiaoQiao についてもっと詳しく知りたいと思い、いろいろと調べてみたんですが、いかんせん中国語がわからないもので、『Tong Xing Xianglian』に関連した英文記事に書いてある以上の情報を知ることは、私にはできませんでした。

やっぱり、言葉の壁は厚いわー。

ちなみに QiaoQiao さんのお写真は、こちら。

じゃーん。
Qiaoqiao
美形です。
(画像は、itv.phoenixtv.com より)


以下、私にも調べることのできた範囲内ではありますが、QiaoQiao のプロフィールについて、書き記していきます。

QiaoQiao は歌手であると同時に、北京に店舗を構えている老舗のダイク・バー「Feng」のオーナーでもあるそうです。

上にリンクした記事によりますと、「Feng」は、中国のゲイ女子のあいだでは非常に有名なダイク・バーで、ゲイ女子の俳優や歌手も、よく足を運んでいるらしいです。

ヴィデオ・クリップも見つかりました。タイトルは「爱不分(Ai Bu Fen)」。

日本語に訳すと、「愛に違いはない」みたいな感じらしいです。

このヴィデオ・クリップの中には、どう見てもドラえもんのパクリとしか思えない紛い物のキャラクターの凧が上がっているシーンがあったりして、「この辺、いかにも中国だよなー」と苦笑も出てしまうんですが、中身そのものは、いたってシリアスです。

2人のバレリーナの女性の友情が、やがて愛情へと変化していくさまが、性的描写は一切なしに、美しく描かれています。

しかし、その物語には、途中で衝撃的な展開が待ち受けています。

最初にこのヴィデオ・クリップを観たときには、真剣にビビりました。

"爱不分"
(2006)


一般大衆に向けての同性愛表現が、悲劇的に描かれていることの社会的な意味性というのは、「悲劇的な結末だからこそ、社会にとっては初めて受け入れやすいものになっている」、ということでもあるんですよね。

つまり、それが悲劇でないかぎり、同性愛は決して共感や同情の対象にはならない、ってことです。

ということは。

社会学的受容論の観点からこのヴィデオ・クリップを評価するならば、導き出される結論というのは、「同性愛者にも幸せになる権利があるということが、中国では未だに広くは認められていない」、ってことでもあるんですよね。

なので、このヴィデオ・クリップを観て、「これぞ純愛よねー!(泣)」とか言って、安易に感動してる場合ではないんですが。

それでもやっぱり、美しい作品だと思わずにはいられません。

こうした美しい作品の力によって、中国の一般大衆のあいだから、同性愛への偏見が、少しでも取り除かれてくれればいいなー、と心から思います。



もし、これを読んでくださっているみなさまの中で、QiaoQiao についてもっと詳しいことを知っているというかたがいらっしゃいましたら、中国語を読めない哀れな私めに、ぜひとも情報提供をお願いいたします。m(_ _)m


スポンサーサイト

コメント

寝る前に、とりあえずこれだけは。
喬喬=チャオチャオです。
でわ。

■brueさん■

おお! チャオチャオと読むのですか!
やっぱり、わからないことは訊いてみるもんですねー。すごいスッキリしました。

ありがとうございましたー。(^^

これより先、このブログでは QiaoQiao のことをチャオチャオと表記していきます。

で、「とりあえずこれだけは」ってことは、他にもチャオチャオに関する情報をお持ちでいらっしゃるとか? ちょっと期待していたりします(笑)。


上の方も書いてますがチャオチャオです。わたしも彼女が好きで勝手にネットストーカーしてます(笑)
blogで取り上げてくださってありがとう♪

■読者さん■

コメントをどうもありがとうございます。(^^

ネットで追いかけるぶんには、ストーカーにはならないと思いますよ?(笑)

私がチャオチャオのことを知ったのは、本当につい最近のことなので、ファン歴は全然浅いんですが、とても気に入っているので、これからもチャオチャオのことをチェックしていこうと思ってます。
(^^)

遅レスですみません(^^;

最初に姿形の感想であれですけど、美形の方ですね~!
名前も可愛い♪
中国ってあれだけ人口がいるんだから、お仲間だって相当いるはずですよね。
人権に(著作権もですねw)対する意識の低いイメージがあるので、お仲間がどんな状況にいるのか不安にも感じます。
人口増加が問題になっているのなら、アタシ達は国にとって随分役に立つ気もしますが(笑)
国から報奨金が出てもいいぐらいかも。
上海とかは意外と自由な空気があるのでしょうか、アタシの中高の同級生に上海でゲイバーをやってる人がいます(笑)

レスです。

■る~さ~さん■

>人口増加が問題になっているのなら、アタシ達は国にとって随分役に立つ気もしますが(笑)

これとほぼ同じことを、美輪さんも著書の中でおっしゃっていましたね(笑)。子どもを作って育てることだけが、国のためにできることではないですからね。

上海でゲイバーをやっていらっしゃるかたが同級生にいらしたということは、つまり、同級生の中にお仲間がいた、ということですよね? 私は今のところは、そういうケースはないんですよねー。

「えー、あんたもそうだったんだー? やっぱりねー」みたいなことを、同級生と語り合うというシチュエーションに、実はちょっと憧れてるんですよね(笑)。

こんにちは、
レスリー・チャンのファンです。

レスリー・チャン(張國榮)の思い出ベンチ計画 日比谷公園
の賛同者を募っています。

よろしければ記事にアップしていただけると嬉しいです。
詳細は下記を読んでご判断ください。

レスリー・チャン(張國榮)の思い出ベンチ計画 日比谷公園
http://ameblo.jp/lcing/entry-10034308521.html

レスリー・チャン(張國榮)の思い出ベンチ計画 補足
http://ameblo.jp/lcing/entry-10034415563.html

レスリー・チャンスマイル
http://ameblo.jp/lcing/

不適切でしたらもうしわけありません。m(u_u)m
削除してください。m(_ _)m
よろしくお願いします。
from natuki

写真が同じなのでこちらはもう見られてるのかもしれませんが?
http://blog.sina.com.cn/aibufen
彼女のブログのようです。
私のへタレPCでは、写真が多くてサクサク見てまわれません。

北京の『楓』のlalabarとアルファベットが入っている写真があります
http://entertainment.big5.anhuinews.com/system/2006/09/08/001555682_01.shtml

7,8歳の時に自分が女の子だけが好きなことを知ったそうで、偽の彼氏をつくったこともあったそうです。
今の彼女は、知り合って7年で一緒に住んで3年で彼女には昔彼氏がいたそうですが、喬喬を選んだそうです。

彼女が試験管ベビーで子供を産みたいと試みたけど、流産したので、引き続き努力していくと書いてますが。。

北京に住んで10年、以前は芸人だったけど、同性愛の身だったから引き続き芸能界で活動することが出来なかったと、別な記事で答えていますし、お父さんが、香港にいるというので、もしかしたら、大陸出身じゃないのかもしれません?香港から北京に来たなら比較的簡単にバーの資金を出せたんじゃないでしょうか?これは、推測です笑
1人子政策の中国で試験管ベビーまで試せるのは、かなりのお金持ちじゃないのかな?
今は、二人の両親は知っているそうです。

なんちゃって中国語なのでごめんなさい。

■natukiさん■

初めまして。コメントをどうもありがとうございました。(^^

まず、レスリーの思い出ベンチ計画についてなんですが、この件について当方で記事として取り上げるのは、大変申し訳ないんですが、どうかご勘弁ください。
m(_ _)m

なぜかと申しますと、内容がどうのということではなく、「このことについて書いてほしい」という突然のリクエストを、いったん無条件で受け付けてしまうと、これからも同様にして、突然のリクエストを受け入れ続けなければならなくなってしまうからです。

なので、その点については、どうかご理解いただきたく思います。ご期待に添えることができず、本当に申し訳ありません。
m(_ _)m



それから、チャオチャオについてなんですが、私も一応、ブログの存在には気づいてはいたのですが、私は中国語が全く読めないので、「うわー、むつかしい漢字ばっかだー!」と怖気づいてしまって、実はスルーしちゃってました。(^^;

チャオチャオについては、このエントリで書いた以上のことは全くわからなかったので、natuki さんからのコメントは大変ありがたかったです。どうもありがとうございました。(^^

パートナーのかたは一度流産されてるんですね……。さぞや辛かったと思います。

中国で同性愛をカムアウトして芸能活動を続けていくのは、欧米や日本のアーティスト以上に大変だろうと思いますが、そんなチャオチャオの姿に励まされる人も、中国にはたくさんいるだろうと思うので、これからも末永く、活動を先につなげていってほしいと思ってます。



いえいえ、ご丁寧にかえってすみません。
ダメ元でのお願いですから、
気にしないで下さいね。

なんちゃって中国語なのとヘタレpcなのでサクサク見てまわれないですが、
彼女のブログの写真を見ると彼女は幸せそうな毎日のようです~。

ありがとうございました!
非公開コメント