FC2ブログ

歌うゲイ・スッチー、再び。

今回は、以前にも二度ほど話題にしたことのあるスロヴェニアのオープンリー・ゲイ・グループ、セストレの新たなヴィデオ・クリップを紹介します。

といっても新曲ではなく、未発掘だったものを新しく見つけたという意味ですが。

セストレは、2002年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにスロヴェニア代表として参加した、ドラァグ・クイーンのトリオです。彼女たちが歌った「Samo ljubezen」は、ユーロヴィジョンでは初の、ゲイのカミングアウトを題材とした曲でした。24ヵ国中13位という成績を残しています。

私がこれまでに書いてきたセストレ関連のエントリは、以下のリンクを参照してください。

1)歌うゲイ・スッチー(2007年3月18日)

2)LGBT音楽祭としてのユーロヴィジョンの歴史(2007年5月18日)

私が初めてセストレについて書いたとき、私はセストレのプロフィールを調べるにあたって、主に英語版ウィキペディアの記事を参照していたんですが、ユーロヴィジョンに参加した後の彼女たちの実績については、その当時は何も記載されていませんでした。ゆえに、スロヴェニア語のサイトを見ても何が何やら全くわからない私は、「Samo ljubezen」以外にセストレの楽曲を知ることが全くできませんでした。

しかし。

しかーし!

先日ようやく、「Samo ljubezen」以外のセストレの楽曲のヴィデオ・クリップが見つかりましたよ。

わーい。

おそらくは、「Samo ljubezen」に続くセカンド・シングルとしてリリースされたものだと思うんですが、「Samo ljubezen」から短期間で凄まじく洗練が進んでいて、かなりビックリしました。

ゲイ・テイストという面から評価したときに、このヴィデオ・クリップには隙が全くありません。完璧。

んでもって、3人とも、かなりキレイになってます。

キレイで、しかもカッコいいです。

"Latina Bambina"
(2002)


この「Latina Bambina」のヴィデオ・クリップを見つけたあと、ひょっとしたらと思って英語版ウィキペディアのセストレの記事を見てみたら、やっぱりこちらも、内容が追加されていました。それによると、セストレはユーロヴィジョン出演後に、「SOUVENIR」というタイトルのファースト・アルバムをリリースしています。

うおー、すげー欲しい。

でも、amazon.com でも amazon.co.uk でも取り扱いがないんだよなー。残念。

それ以外の追加情報としては、ユーロヴィジョン出演後に、イギリスやフランス、ドイツなどの西側諸国を含む欧州各国でパフォーマンスやテレビ出演を行なったことや、「Samo ljubezen」がゴールド・ディスクを獲得していることなどが新たに記載されていました。

んが、しかし。

やっぱり2002年よりも後のことについては、何も書いてありませんでした。

その後のセストレって、いったいどうしてるんでしょう。

気になります。

誰か教えて。



スポンサーサイト



コメント

藤嶋サマ☆こんばんは。

旧年はこちらでDQ/ユーロヴィジョンやazisなど、とにかく楽しくて素敵な話題を沢山ありがとうございました☆(おかげであたしもしっかりDQお姐サマとユーロヴィジョン・ファンになっちゃいました♪今年もほんと楽しみですよね!)

…ところでSESTREの情報なのですが、わたしが以前christer lindarwさん(after dark)の情報を探していた頃、海外の艶やかお姐さん方をいっぱ~い紹介したsiteを発見したんです。なんとSESTREまで紹介されてました☆
そこでもスッチーで、しかもポップ/キャンプでめちゃキュートです♪CDあたしも欲しいです(笑)

…もしかしたら藤嶋さまはすでにご存知かな…とも思ったんですが、“SAMO~”のCDジャケットや彼女達の紹介も長めの英文で載っています。以降の活動等も書かれてあるかもしれませんので(ワタシ英語の読解力がアレなので…(^^;))ぜひ一度ご覧になって見て下さい☆

http://www.queermusicheritage.us/drag-sestre.html

http://www.cleansheets.com/articles/dean_05.29.02.shtml





お久しぶりです。

このアルバム、英語で購入できそうなところで見つけることができたのはここくらいでした。

 http://bearecords.nl/shop.php?search_type=CD&open_search=sestre&action=search

ご参考まで。

あと、彼女たちについても調べてみましたが、やはり「その後」の情報を見つけることはできませんでした。ん~、今もスロベニアなど旧ユーゴ圏あたりのゲイ・イベントでパフォーマンスしていそうな気がしますが、どーなんでしょうねえ。

>まりゅさん

情報提供をどうもありがとうございます! m(_ _)m

1つめのURLは Queer Music Heritage という、アメリカのLGBTミュージックのラジオ番組のサイトですね。実は私の Queer Music Experience.からもリンクを貼っているサイトなんですが、なにしろ情報量が半端じゃないサイトで(汗)、それを紹介している当の藤嶋ですら、いまだにすべてのコンテンツに目を通せていないという、すさまじく巨大なサイトです。

なので、まりゅさんが紹介してくださったページも、実はまだちゃんとチェックしていませんでした(大汗)。Queer Music Heritage では、既にセストレのことをちゃんと取り上げていたんですねー。

セストレのCDのジャケットも、初めて見ました。Queer Music Heritage の管理人の J.D.ドイルさんというかたは、LGBTミュージックのヘビー・コレクターでいらっしゃるんですが、セストレのCDもしっかり入手していたんですねー。アルバムのほうはイラストになっていたのも初めて知りました。

うおー、ますます欲しい!

で、その Queer Music Heritage のページと、2つめのURLにある文章は、どうやら同じものを引用しているみたいです。ざっと読んでみたんですが、書かれたのは2002年ですね。セストレがユーロヴィジョンのスロヴェニア代表に決まったということを紹介している、雑誌の記事みたいです。

なので、2002年よりも後のことについては触れられていませんでした。うーん、残念……。

TGのかたとのお付き合いは、ネット上のものも含めて、私にはまりゅさんしかいらっしゃらないので、まりゅさんからの情報提供は本当にありがたいです。これからも、よろしくお願いいたします。(^^



>Ryouseki さん

こちらこそお久しぶりです! 初めて Ryoseki さんからコメントをいただいて以降、Ryoseki さんのサイトもちょくちょく覗かせていただいてます。次回のユーロヴィジョンの各国代表も、ぼちぼちと出揃い始めていますね。とても楽しみです。(^^

Ryoseki さんも、セストレについていろいろと調べてくださって、本当にありがとうございました。CDを購入できそうなサイトのURLを教えていただき、真剣にありがたいです! うわー、すげー嬉しい! 購入にチャレンジしてみます!

セストレのその後については、Ryoseki さんのほうでもわかりませんでしたか……。Ryoseki さんほどのかたでもわからなかったとなると、これはそうとう手ごわいですねー。藤嶋ていどの情報収集力では、ちょっと太刀打ちできなさそうな感じです……。

でも、おっしゃるとおり、旧ユーゴ圏のゲイ・イベントに出演している可能性は高そうですね。セストレが今でも健在であることを期待したいと思います。

それでは、Ryoseki さんのサイトの更新を、1ファンとして楽しみにしております!



…それであたしも久しぶりにSESTREの検索かけてみると、あれからいっぱい動画が追加されてるんですね!
こちらで話題になった頃(…ってワタシが持ちかけちゃったんですが・笑)…はぜったい“samo ljubezen”だけでしたよね。こんなにPVが作られてるとは思わなかったです。スロベニアでは人気者っていうか、かなり知名度が高そうですよね~。

今回の“latina~”の、TV番組(かな?)の出演動画もありました♪

http://www.youtube.com/watch?v=3IjKn7t5DnM

とか

http://www.youtube.com/watch?v=xl9rZp7fMik

とか☆
ユーロヴィジョンでは左で歌ってたお姐さんがとくにカワユくなってるのが素敵ですよね♪

今年も、こちらこそヨロシクお願いしますm(_ _)m

>まりゅさん

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでしたー。m(_ _)m

まりゅさんが教えてくださったURLの動画ですが、これをアップロードしてるのは、セストレ本人みたいですね。正確には、セストレのメンバーだったミス・マルレナが、これをアップロードしてるみたいです。

で、そのマルレナのプロフィールを見てみたところ、公式サイトのURLとして記載されていたのが、マルレナの MySpace。(ひょっとしたらニセモノかもしれませんが)

このマルレナの MySpace のページでは、「SOUVENIR」の収録曲も聴けるようになってます。

その MySpace のページや、YouTube でのプロフに掲載されているバイオグラフィーは、英語版ウィキペディアに掲載されているセストレについての記事とほぼ同じ文面なので、やっぱり2002年よりも後のセストレの活動については、詳しいことはわかりませんでした。

ただ、セストレとしての動きは現在ではなさそうなんですが、ミス・マルレナ自身は、ソロのドラァグ・パフォーマーとして活発に動いているようなので、それは嬉しいニュースですよね。(^^

非公開コメント