上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
今回は、以前にも二度ほど話題にしたことのあるスロヴェニアのオープンリー・ゲイ・グループ、セストレの新たなヴィデオ・クリップを紹介します。

といっても新曲ではなく、未発掘だったものを新しく見つけたという意味ですが。

セストレは、2002年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにスロヴェニア代表として参加した、ドラァグ・クイーンのトリオです。彼女たちが歌った「Samo ljubezen」は、ユーロヴィジョンでは初の、ゲイのカミングアウトを題材とした曲でした。24ヵ国中13位という成績を残しています。

私がこれまでに書いてきたセストレ関連のエントリは、以下のリンクを参照してください。

1)歌うゲイ・スッチー(2007年3月18日)

2)LGBT音楽祭としてのユーロヴィジョンの歴史(2007年5月18日)

私が初めてセストレについて書いたとき、私はセストレのプロフィールを調べるにあたって、主に英語版ウィキペディアの記事を参照していたんですが、ユーロヴィジョンに参加した後の彼女たちの実績については、その当時は何も記載されていませんでした。ゆえに、スロヴェニア語のサイトを見ても何が何やら全くわからない私は、「Samo ljubezen」以外にセストレの楽曲を知ることが全くできませんでした。

しかし。

しかーし!

先日ようやく、「Samo ljubezen」以外のセストレの楽曲のヴィデオ・クリップが見つかりましたよ。

わーい。

おそらくは、「Samo ljubezen」に続くセカンド・シングルとしてリリースされたものだと思うんですが、「Samo ljubezen」から短期間で凄まじく洗練が進んでいて、かなりビックリしました。

ゲイ・テイストという面から評価したときに、このヴィデオ・クリップには隙が全くありません。完璧。

んでもって、3人とも、かなりキレイになってます。

キレイで、しかもカッコいいです。

"Latina Bambina"
(2002)


この「Latina Bambina」のヴィデオ・クリップを見つけたあと、ひょっとしたらと思って英語版ウィキペディアのセストレの記事を見てみたら、やっぱりこちらも、内容が追加されていました。それによると、セストレはユーロヴィジョン出演後に、「SOUVENIR」というタイトルのファースト・アルバムをリリースしています。

うおー、すげー欲しい。

でも、amazon.com でも amazon.co.uk でも取り扱いがないんだよなー。残念。

それ以外の追加情報としては、ユーロヴィジョン出演後に、イギリスやフランス、ドイツなどの西側諸国を含む欧州各国でパフォーマンスやテレビ出演を行なったことや、「Samo ljubezen」がゴールド・ディスクを獲得していることなどが新たに記載されていました。

んが、しかし。

やっぱり2002年よりも後のことについては、何も書いてありませんでした。

その後のセストレって、いったいどうしてるんでしょう。

気になります。

誰か教えて。



スポンサーサイト
2008.01.16 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/194-808921f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。