上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
先日、カナダ出身のオープンリー・ゲイのダンス・ミュージック・アーティスト、ダレン・スチュワート・ジョーンズさんから、Q.M.E.宛にメールをいただきました。

「僕のシングル『At The Opera』が iTunes Store で発売中だよー」

という宣伝のメールだったんですが(否マルチ・ポスト)、遠く離れた極東の個人サイトである Q.M.E.をプロモーションの対象として認めてくださったのは非常にありがたいことなので、そのダレン・スチュワート・ジョーンズさんのシングル「At The Opera」の動画を、ここで紹介します。

この動画はダレン・スチュワート・ジョーンズさん自身が YouTube にアップロードしているオフィシャルのヴィデオ・クリップですが、その映像の大半は、現在ではパブリック・ドメインとなっている1925年のサイレント映画『オペラの怪人』からのもので、いわゆるAMVと同じ手法による作品です。

"At The Opera"
(2007)


この「At The Opera」の他、ダレン・スチュワート・ジョーンズさんは YouTube に3つの動画をアップロードされています。1つは「At The Opera」のダブ・ミックス、そして残りの2つはクリスマス・ソングのスタンダードのカヴァーです。いずれの動画も、AMVと同じ手法で作られたものです。

これらのうち、ケタ違いに抜きん出て視聴数が多いのが「Santa Baby」

その理由は、この動画のサムネイルがサンタクロースの帽子を被った男性のヌードになっているからだと思います。中身のほうも、クリスマスにちなんだ男性ヌードの画像が多用された、静止画MADに近いヴィデオ・クリップです。


"Santa Baby"
(2006)


ダレン・スチュワート・ジョーンズ MySpace
http://myspace.com/darrenstewartjones



なお、この「Santa Baby」を含む計4曲が、Download.com music から無料でダウンロードできます。

Darren Stewart-Jones(Download.com music)



ちなみに、ですね。

この「Santa Baby」という楽曲は、数あるクリスマス・スタンダード・ナンバーの中でも、おそらくゲイ・カルチャーと最も縁の深い曲ではないかと思います。

オリジナルを歌っていたのは、黒人女性ジャズ・シンガーのアーサ・キット。デビューは1948年で、81歳の今もなお現役という超ベテラン。「Santa Baby」のリリースは1953年のことです。

アーサ・キットは、黒人女性歌手がセクシーさを前に出すことなど考えられなかった1950年代に、初めてそれをやってみせたパイオニアとして知られています。

つまり、もしもアーサ・キットがいなければ、今日のジャネット・ジャクソンとかビヨンセはあり得なかったかもしれないんですね。

パイオニアの常として、当然彼女は世間の厳しい批判に晒されたそうです。しかし、アーサ・キットは反骨の人であり、その後も一貫して黒人差別や女性差別と闘い続けてきました。

アーサ・キットはゲイにも好意的です。というよりも、ゲイのメンタリティを共有していると言ってもいいくらい。80年代に入るとヴィレッジ・ピープルの産みの親であるジャック・モラリと組んで、「Where Is My Man」「I Love Men」といったゲイ・アンセムの名曲を生み出しました。

その他にも、ジミー・ソマーヴィルが在籍していたオープンリー・ゲイ・ポップ・グループ、ブロンスキ・ビートと組んで、ディヴァインの「Cha Cha Heels」をカヴァーしていたりもして、ゲイ・イコンとしても非常に有名な人です。

そんなアーサ・キットがオリジナルを歌った「Santa Baby」は、やはりアーサ・キットと同様にゲイのリスナーから支持されているさまざまな女性シンガーたちによって、多くのカヴァー・ヴァージョンが製作されています。

その中でも代表的なのが、マドンナによるカヴァー・ヴァージョン。1987年のチャリティ・コンピレーション・アルバム『A Very Special Christmas』(邦題:『クリスマス・エイド』)に収録されています。

"Santa Baby"
(1987、映像の年代は不明)


クリスマス・エイドIクリスマス・エイドI
(1992/11/16)
オムニバス、マドンナ 他

商品詳細を見る


また、カイリー・ミノーグは、2007年のクリスマス・シーズンに「Santa Baby」をダウンロード販売でリリースしています。

"Santa Baby"
(from TV show "Top of the Pops", 2007)




てなわけで、季節外れも甚だしいサンタ・ベイベー特集でした。



スポンサーサイト
2008.05.10 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/197-25fb3d35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。