上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
アダム・ランバートのデビュー・アルバム『For Your Entertainment』の国内盤が、来たる3月10日、いよいよ発売となります。

熱心なファンのかたならば既に輸入盤を購入されているかもしれませんが、私は国内盤の発売を待っていた口です。だってホラ、国内盤だと、ボーナス・トラックとかDVDが付いてくるし。

フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/03/10)
アダム・ランバート

商品詳細を見る


しかしながら、いいかげん痺れを切らした藤嶋は、国内盤の発売までの間を繋ぐために、アダム・ランバートの裏デビュー・アルバム『Take One』を買っちまったよ!

『Take One』は、いわゆるアーリー・イヤーズ作品です。

つまり、現在では大物となっているアーティストがデビュー前にレコーディングしたデモ音源を、商品化したものです。

この種の商品というのは、こう言ったらアレなんだけれども、要は大物アーティストのネーム・ヴァリューを利用した、インディー・レーベルによる便乗商売の産物です。

――とか何とか、否定的なことを言いながらも。

それが好きなアーティストのデモ音源だったりすると、ちゃっかり、かつ、しっかりと購入しちゃってるあたり、ファンという生き物の、悲しい性(さが)でございます。

アーリー・イヤーズ作品は、大抵の場合は非公認です。『Take One』も、やっぱり非公認です。2005年にアダム・ランバートがデモ・シンガーとしてレコーディングした音源を、Rufftown Records というインディー・レーベルが商品化したものです。

そして、その発売日は、『For Your Entertainment』の本国での発売日の、なんと一週間前。まるでイヤガラセのようなタイミング(笑)。

Take OneTake One
(2009/11/10)
Adam Lambert

商品詳細を見る


正規の商品ではない以上、アーリー・イヤーズ作品の商品性質は、コレクターズ・アイテムです。万人向けのものではありません。

まあ、なにせデモ音源ですからね。正規の作品に比べればクオリティーはグッと下がるし、熱心なファンでもない限り、聴いていて面白味は感じられないと思います。

アダム・ランバートの『Take One』にも、残念ながらそれは当てはまっちゃいます。

Wikipedia にある『Take One』の記事によると、このアルバムの評価は賛否両論である、と断りを入れた上で、allmusic という音楽サイトに掲載されているレヴューを引用していました。

以下、引用部分の日本語訳です。

曲はひどいというほどではないが、印象には残らない。ランバートのパフォーマンスも同様なのだが、それは彼にとって公正な評価ではない。というのも、これらは商業目的の中道ポップスを売りこもうとしてレコーディングされたものであり、何らの閃きも入り込む余地のない、歌詞とメロディのショーケースであることがすべてのものだったからである。その意味で、ランバートは自分の役回りを果たしている。デモ・シンガー以上の何者でもないように聴こえてしまうが、それは実際に彼がデモ・シンガーだったからなのである。


オリジナルの全文は、以下のリンクからどうぞ。
"allmusic ((( Take One > Overview )))"

実際に『Take One』を聴いてみると、確かにこのレヴューに書かれている通りの印象なんですよねー。日本語に訳してしまうと辛口な雰囲気ですが、公正な視点で書かれたレヴューだと思います。

『Take One』収録の楽曲は、'00年代の男性ポップ・ロック・シンガーであれば誰が歌っていてもおかしくないような、まさしく中道のものばかり。最初から中道を狙って作られているせいで、一聴して耳に残る強烈さがかえって欠けてしまっている感じ。

また、それを歌っているアダム・ランバートのヴォーカルも、やはり'00年代の男性ポップ・ロック・シンガーの類型的なヴォーカル・スタイルを、おそらくは意識的になぞっている気配が濃厚です。

とはいえ、他のアーティストのアーリー・イヤーズ作品と比べると、この『Take One』は、トータルで見れば決して悪くはない作品だと、個人的には思います。

確かに、現在のアダム・ランバートの作品と比べると、かなりの薄味です。でも、ここに収録されている楽曲群は、彼のアーティストとしての自己表現ではなく、デモ・シンガーとしての「お仕事」でレコーディングされたものなんだから、そりゃ薄味にもなるでしょうしね。

そもそもアーリー・イヤーズ作品というのは、そのアーティストが大物になったからこそ初めて商品価値が発生しているという類のものであって、裏を返せば、そのアーティストにネーム・ヴァリューがない限り、商品価値は発生していなかった、ということでもあるんですよね。

だから、アーリー・イヤーズ作品をオリジナル・アルバムと同じ基準で引き比べるのは無理がある、っつーか、酷ですよね。コレクターズ・アイテムなんだから。

『Take One』は、あくまでもアダム・ランバートの下積み時代の記録として、そして『For Your Entertainment』の序章として聴くことによって、彼の成し遂げたアメリカン・ドリームが、より身近に、そして劇的に感じられる――そういうアルバムです。



んでもって、アダム・ランバートがホントにスゲーなー、と思うのは、こうしたデモ音源に商品価値を発生させてしまうほどの大物ぶりを、制式アルバムをリリースする前から、彼が既に発揮してしまっているという、その事実ですよね。

『Take One』のチャートでの成績は、ビルボード誌の Top 200で最高76位。同じくビルボード誌のインディー・チャートでは最高6位。このアルバムがアーリー・イヤーズ作品であることを考えたら、かなりの健闘と言えるのでは? だって、アーリー・イヤーズ作品がチャート・インすること自体が珍しいし。



というわけで、いよいよ日本でも制式デビュー・アルバムがリリースされるアダム・ランバート。これを機に、日本での知名度がもっともっとアップしてくれたら嬉しいなあ。

"For Your Entertainment"
(2009)



スポンサーサイト
2010.02.27 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/246-3c396e23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。