上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
デビュー・アルバム『For Your Entertainment』が、日本でも3月10日に発売されたアダム・ランバート。そのプロモーションのために初来日したアダムは、まず15日に、西麻布の eleven というクラブにて開催されたスペシャル・イヴェントに出演。日本での初ライヴを行ないました。

このイヴェントの模様は、Gay Life Japan に後藤純一さんによるレポート記事が掲載されています。生でアダムのライヴを観られただなんて、うらやまし過ぎる……。だって応募者1万人だったんだよ、このイヴェント……。

アダム・ランバート初来日ライブをレポート! (Gay Life Japan, 2010.03.17)

そして民放のテレビ番組への出演は、私の把握しているかぎりでは、16日にフジテレビ系列の『笑っていいとも!』に、17日に日本テレビ系列の『スッキリ!!』に生出演。

『笑っていいとも!』のほうは、海外からのゲストが出演するときにはいつもそうであるように、エンディングのみの登場。出演時間は1分未満。増刊号も似たりよったり。これにどの程度の宣伝効果があるのかはわかりませんが、ファン感情は確実に逆撫でされますね……。

一方、『スッキリ!!』のほうは、これが平日の午前に放送されている情報番組であることを考えたら、めっさ力が入っていたと思います。ちゃんと音楽の話が中心になっていて、充実した内容でした。

アダムをスタジオに迎えると、まずはレディー・ガガが作品提供を行なっていることを視聴者に向けて紹介。そしてアルバム収録曲「Sleepwalker」で共演しているオリアンティからのヴィデオ・メッセージが流されました。これには結構ビックリしましたねー。

だって、この日のためだけに、わざわざオリアンティのところにまで撮影クルーを送り込んで、アダム宛のメッセージを収録するだなんて。これはもう、『スッキリ!!』のスタッフのみなさんが、本気でアダムの来日を歓迎し、アダムがスタジオに来ることに本気で興奮していなかったら、ここまでお金と手間暇をかけた取材はしないと思うんですよ。少なくとも私の主観では。

音楽番組じゃないのに、ここまでアダムの紹介に力を入れるだなんて。感激しました。

アダムのほうも、ヴィデオ・レターが届いていると聞くと、「いったい誰からだろう?」というワクワクした表情を見せ、それがオリアンティからのものだと知ると、心から嬉しそうな顔をしてました。そんな表情をアダムから引き出した番組スタッフのみなさんは、とっても素敵な仕事をなさったと思います。

出演者の加藤浩次さん、関根麻里さん、そしてテリー伊藤さんも、「なんだかよく知らない外人が来た」みたいな態度なんかでは全然なくて、アダムがスタジオに来たことに本気で興奮なさってました。それはテレビの画面越しでも伝わってくるものだったし、そんな出演者のみなさんとアダムとのあいだにはちゃんとコミュニケーションが成立していて、だからアダムも楽しそうで、和気藹々とした良い雰囲気がスタジオにはあふれていました。

アダムについて紹介するVTRのほうでは、アダムがゲイであることにも、ちゃんと触れていました。

『スッキリ!!』2010年3月17日 キャプチャ1

ナレーション:「有名雑誌ローリング・ストーンのインタヴューでは、
ゲイであることを告白。
その勇気ある言動でますます人気UP!」

『スッキリ!!』2010年3月17日 キャプチャ2


このように紹介してくれて、ゲイの当事者である私は、素直に嬉しかったです。

そして、いよいよ「For Your Entertainment」を口パク無しで生パフォーマンス。

繰り返しになりますが、この『スッキリ!!』は本来は音楽番組ではなく情報番組なので、そのスタジオ・セットは、実際問題としてライヴ・パフォーマンスには不向きなものだったと思います。しかしながら、情報番組のスタジオ・セットでここまで迫力のある歌声を聴かせてくれたアダム・ランバートはスゴい! という驚きと感激を、かえって強く視聴者に与えてくれる、そんなスタジオ生パフォーマンスでした。

関根麻里さんが「スゴーい!」という表情で手を合わせて感嘆している様子がアダムの後方に映り込んでいる場面がありましたが、確かにこのスタジオ生パフォーマンスの現場に居合わせていたら、絶対こういうリアクションになるだろうなーって思いました。「うんうん、あなたの気持ち、すごくよくわかる!」みたいな(笑)。

だって、アダムのハイ・トーン・ヴォイスのシャウトには、画面越しに観ていてもゾクゾクするものがあったから。



『スッキリ!!』のスタッフと出演者のみなさんには、なんだか御礼を言いたい気分です、ホントに。そう感じておられるファンのみなさんも、決して少なくない数でいらっしゃるんじゃないかなー。


スポンサーサイト
2010.03.22 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/253-4f4aa572
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。