上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ここしばらくはゲイ&バイ女子アーティストの話題が続きましたが、今回は久々に、ベア・ミュージックの話題です。

以前、このブログでは、スペインの髭熊系オープンリー・ゲイのテクノ・ポップ・デュオ、ヴァニティ・ベアのヴィデオ・クリップを紹介したことがありました(そのときのエントリはこちら)。そして、今回紹介するバルバズール(Barb@zul)もまた、同じくスペイン出身の髭熊系オープンリー・ゲイのテクノ・ポップ・デュオです。

4月21日から YouTube で公開されているバルバズールの新曲「I Don't Care」のヴィデオ・クリップが、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『The Advocate』の公式ブログで話題となっていました。

Singing Bear Duo Produces Steamy Video (Advocate.com, 2010.04.23)

英歌詞で歌われているということもあって、この「I Don't Care」のヴィデオ・クリップは『The Advocate』のブログだけではなく、アメリカの複数の有力ゲイ・ブログでも話題になっています。たぶん最初にこのヴィデオ・クリップを話題として取り上げたアメリカのゲイ・ブログは、下のリンク先のブログだと思われます。

Barb@zul & The Video Of The Year (Pop Trash Addicts, 2010.04.23)

この「I Don't Care」のヴィデオ・クリップは、なんでも実話を基にしているらしいです。ゲイのサッカー選手同士(もちろん2人とも髭熊)の出会いと別れを、バルセロナに実在するゲイ・スポットの様子も交えながら、エロティックに描き出しています。

"I Don't Care"
(2010)


さてさて、この曲を歌うバルバズールとは、いったいどのようなユニットなのかというと。

「I Don't Care」のヴィデオ・クリップについて書いているアメリカのゲイ・ブログを見ても、彼らについての詳しい情報は、全ッッッッ然、書いてくれてないんですわ、これが。

そういう以前に、バルバズールの名前でネット検索してみても、彼らについて詳しく記した英文記事は、ほとんど見当たらないんです。どうやら英語圏では、彼らはまだまだ無名の模様です。

スペイン語版ウィキペディアを見てみても、少なくともこのエントリを書いている現時点では、バルバズールの記事はまだ掲載されていません。

というわけで、バルバズールについて詳しく知ろうとすると、スペイン語の音楽情報サイトやブログを地道にチェックして調べていくしか方法はありませんでした。

そうやって調べた結果を、あくまでも私に理解できた範囲内ではありますが、Queer Music Experience.のほうにバイオグラフィーとしてまとめてみました。

バルバズール バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。

いちおう、こちらのブログでも、バルバズールについて簡単に紹介します。

メンバーは、ホセ・ラミレス(Vo.)と、ラサロ・カラスコ(Key.)の2人。

Barb@zul 1
左がラサロ・カラスコ(Lázaro Carrasco)、右がホセ・ラミレス(José Ramírez)。
Barb@zul 2


彼らは昨年(2009年)、1st シングル「Siente el orgullo」をリリースしていますが、このシングルは、バルセロナのゲイ・プライド・イヴェント『Pride Barcelona 2009』の公式アンセムとして書かれた曲なんだそうです。

"Siente el orgullo"
(2009)


他にも彼らは、昨年にはユーロヴィジョン2009のスペイン代表の座を目指して、その選考番組にも出演していたそうです。

ユーロヴィジョン出場を狙っていたオープンリー・ゲイの髭熊ユニットというと、スウェーデンのベアフォース1がすぐに思い出されます。事実、バルバズールはベアフォース1と比較されることが多いみたいで、バルバズールのパブリシティには、「ベアフォース1と違って、バルバズールは自分たちで曲を書いているし、曲の内容もシリアス」みたいなことが書いてありました。

ちなみにベアフォース1は、YouTube にアップロードされていた1st シングル「Bearforce1」のヴィデオ・クリップが、ゴシップ・ブロガーのペレス・ヒルトンのブログで話題になったことから、アメリカでも有名になりました。だから、今回のバルバズールの新曲「I Don't Care」がスペイン語ではなく英語で歌われているのも、たぶんそうした先例を意識した、よりワールド・ワイドなレヴェルでのオーディエンスの獲得を狙ってのものじゃないかと思います。

ベアフォース1は残念ながら活動を休止してしまいましたが、バルバズールは今まさにこれから英語圏に進出しようとしているところです。たぶんそのうち日本のゲイ・ブログでも、「I Don't Care」のヴィデオ・クリップが話題になり始めるんじゃないかな? 楽しみです。

バルバズール MySpace
http://www.myspace.com/barbazulbcn



スポンサーサイト
2010.04.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/263-8fc7e5ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。