上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
ボーイ・ジョージが9月13日付で、下の画像のツイートを投稿しました。

ボーイ・ジョージのツイート


このツイートで紹介されているのが、この動画です。

"Madman"
狂った抱擁
(1979)


この曲を演奏しているカドリー・トイズは、1979年に日本で先行デビューした、イギリスのニュー・ウェイヴ系バンドです。そしてカドリー・トイズのドラマーを務めていたパディ・フィールド(Paddy Phield)さんは、1977年に16歳で渡英して、カドリー・トイズやパナッシュといったイギリスのバンドで活躍していたという、伝説の日本人ドラマーです。現在では音楽活動の拠点を日本に置いています。

この「狂った抱擁(Madman)」が収録されているカドリー・トイズの1st アルバム『倒錯のギロチン・シアター(Guillotine Theatre)』は、2007年にDVD付で再発されました。この再発のニュースは、日本のゲイ雑誌『Badi』の2007年10月号にも掲載されましたが、その中でパディ・フィールドさんは「オープンリー・ゲイの日本人ドラマー」として紹介されていました。

ボーイ・ジョージがカドリー・トイズの動画を Twitter で紹介しているのを見て、「そういえばパディ・フィールドさんについては、まだ一度も書いていなかったなー」と思い、パディ・フィールドさんのバイオグラフィーを、ごくごく簡単にではありますが、Queer Music Experience.のほうにまとめてみました。ぜひご覧になってみてください。

パディ・フィールド バイオグラフィー (Queer Music Experience.) ←読んでね。



倒錯のギロチン・シアター  スペシャル・エディション(DVD付)倒錯のギロチン・シアター スペシャル・エディション(DVD付)
(2007/08/08)
カドリー・トイズ

商品詳細を見る




スポンサーサイト
2010.09.13 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/272-7f5cd100
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。