上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
このブログで初めて中村 中さんのことについて書いたのは、2006年9月16日。「友達の詩」が avex trax からリリースされた、その一週間後のことです。そのエントリのコメント欄に、翌月の18日、以下のような質問をいただきました。長くなりますが、ほぼ全文を引用します。

もしも知っていたらでよいのですが、

----------------------------
『yes』(注:日本で刊行されていたゲイ・カルチャー誌。現在は休刊)のインタヴューでは、中さんは「友達の詩」について、以下のように述べています。

この曲は、ずっと好きなのに友達にさえなれなかった相手のことなんですよね。だから、友達と呼ばれるだけでも上出来かもしれないねっていう曲です。初めて、“この人好きだな”って思った人と、離れなきゃいけなかった時期に、書き始めたんです。中3だったんですけど、5年くらい好きだった人で。この人を好きになることが、おかしいんだなっていう自覚が、少しずつ生まれて来た
----------------------------

というコメントがありましたが、
確かちょうどその頃、FM横浜だったと思うのですが、
中村さんが出演していました。
その中で、DJの方が「中村さんは、元は男性なのですよね?同性だから叶わない思いを詩にしたのですか?」
みたいなコメントがありました。

それに対して中村さんは、
「この曲は決して自分の事ではなく、普通の男女だったらこうなんじゃないかなぁ、、みたいに作った曲です。私が思った事を詩にしたものでは決してありません!」と、、
ラジオで聞いた言葉ですので、言葉は正確ではありませんが、何度もはっきりと断言していました。

まったく違うコメントをメディアにしてしまっているのですが、
何か考えがあってのことなのか、
単に一貫性がないのか、
ファンになりかけた時にたまたま生で聴いてしまったので、すごく気になってしまいました。
その後別のメディアでもそういったコメントに変更されているのかどうか、
気になるところです。
もしもご存知でしたら、よろしくお願いします。


この質問に、私は翌日、以下のようなレスを投稿しました。これまた長くなりますが、ほぼ全文を引用させていただきます。

ご質問の件ですが、結論から先に申し上げますと、別のメディアで中村中さんがどういった発言をしているかを、これは本当に申し訳ない話なんですが、私は把握していません。

なので、かすみさん(注:質問してくださったかたのハンドルネーム)がコメントの中でおっしゃっていた、「何か考えがあってのことなのか、単に一貫性がないのか」の具体的な判断は、私には付きかねます。

ただ、以下のように考えていくこともできるのではないか? と私は考えています。

『yes』のインタヴューの中で、確かに中村 中さんは、「友達の詩」は実体験をベースにしたという(ようにも読める)発言をなさっていますが、それと同時に、

「“共感”されたくはないんです」

「“共感しました~”なんて言われると、“じゃ私と同じ気持ちになってから言ってよ!”って思う」

ともおっしゃっているんですね。これは私の書いたエントリの中でも紹介しています。

これらの発言というのは、一見しただけでは、「私の歌は『性同一性障害を扱った歌』だ」と自ら述べているようにも見えるんですが、その見方というのは、実際のところ、実はかなり予断を含んだ解釈だと思うんです。

あくまでも純粋に、言葉の上に現れている情報だけで解釈するならば、中村中さんは、

「安易にわかったふりをしてほしくない」

ということしか言っていないんです。

「これは性同一性障害を扱った歌だ」ということを、中さんは明言はしていませんよね?

そのように考えていくならば、『yes』のインタヴュー内容と、かすみさんがお知らせくださったインタヴューのあいだには、実は一つの共通項が生まれます。

つまり、「中村中は、自分の曲を一方的に解釈されることを、頑なに拒んでいる」ということです。

FM横浜のインタヴューにおける中村 中さんの発言は、確かに『yes』のインタヴュー内容とは矛盾している(ように見える)んですが、「リスナーの一方的な曲解釈に対して『それは違う』と述べている」という点では、実は全く同じなんですよね。

だから、これはもう単なる憶測でしかないんですが、たぶん中村 中さんは、自身がMTFであることを告白されたことで、自分の曲があれやこれやと先入観をもって解釈されているのではないか、とナーバスになっているんじゃないか? という気がするんです。

そのナーバスな状態の現われが、インタヴュー内容の矛盾(に見えるような物言い)に繋がっている、と。

そういうふうに解釈することも、まあ、あながち不可能ではないですよね?(^^

そういうふうに考えたほうが、「どっちの発言が正しいんだろうか?」と悩むよりも、幾分かスッキリすると思うんですが、かすみさんはいかがでしょうか?(^^

たぶん、中さんの発言内容を追っている我々の側でも、「性同一性障害をオープンにして音楽活動をしている人の心理はどのようなものか?」という好奇心が働いているせいで、中さんの発言に対して、必要以上に注意を傾け過ぎてしまっていると思うんです。

言い換えれば、我々の側でも、中さんの発言に対して、ナーバスになっている、ということです。

もちろん、これは自分に対する戒めでもあるんですが。

そのせいで、中さんの発言というのは、他の J-POP のアーティストに比べると、「言葉の独り歩き」が起きやすい状況になってしまっている、と思うんです。

そして、中さん一人の力では、そういった「言葉の独り歩き」を、コントロールできない状況下にあるような気がするんですね。

というのも、「言葉の独り歩き」というのは、ある意味では、発言者と受け手の側の「共同作業」みたいなものですから。中さん一人の意志だけではどうにもならないわけです。

だから、中さんのインタヴュー内容が矛盾していたとして、「どちらの発言が本当なの?」と真偽を判断しようとすると、それはたぶん、さらなる「言葉の独り歩き」を生むことになるんじゃないか、と感じます。

結局、リスナーの曲解釈を頑なに拒む中さんの側も、性同一性障害という単語に過剰に反応してしまう我々の側も、「言葉の独り歩き」を招き易い状態にあるんだろうなー、と思うんですよね。

そうした一種のパニック状態が冷却化すれば、たぶん中さんの発言にも、一貫性が生まれてくるんじゃないかという気が、私はします。


そして、2010年9月29日。

この日の朝日新聞の夕刊に、中村 中さんの記事が掲載されていました。月曜から金曜まで毎日掲載されている『ニッポン人脈記』の、シリーズ<男と女の間には>の第12回(最終回)で、中村 中さんのことが取り上げられています。

朝日新聞9月29日夕刊


このシリーズ<男と女の間には>のテーマは、GIDです。その第1回には、東京都世田谷区区議会議員の上川あやさんと、その親友でいらっしゃる野宮亜紀さんのお二人が登場されています。

さて、中村 中さんがシリーズの掉尾を飾った、9月29日の<男と女の間には>。これを読んで私が感じたのは、2006年9月16日のエントリで私がコメント欄に記した「一種のパニック状態」が、2010年現在、どうやらほぼ完全に冷却したようだ、ということでした。

シリーズ<男と女の間には>の第12回は、中村中さんが出演された2007年の『NHK紅白歌合戦』でのエピソードから始まっています。このときの中さんの心境を、この記事は次のように綴っています。

 番組の演出に、中村は心底思っていたのだ。お涙ちょうだいはごめんだよ――。


そして、GIDのカミング・アウトと「友達の詩」との関係について、以下のように続きます。

 20歳を過ぎてデビューが決まる。レコード会社は、性同一性障害のことを公表して注目を集めようとした。中村は悩んだ末、言わないのもウソをついているようだからと同意した。
 果たして中村の歌は性同一性障害と結びつけて語られることになる。「友達の詩」を聴いた多くの人は、だから好きな人に相手にされず、悲しい恋をしたのだと受け取った。
 そうではないと中村は言う。好きという気持ちは本当にピュアでなければいけないのに、私はそこまでピュアだろうか。相手がどう思うかではない、と。
 小学生の時は男子だけがする組体操が嫌でサボったことがあったし、中学で変声期に入ると自分の声に我慢できず楽器に走った。心と体の性が違う。自分は何者か、人一倍突き詰めて考える日々だった。
 それが歌に影響しないはずはないし、「そういう人が歌っているにおいがする」のは自分でもわかる。でも性同一性障害を表現したいわけではない。若い頃に誰しも抱える、もろく切ない感情を、歌に注ぎ込んだ。


この記事が、どこまで中村中さんの意向を忠実に反映したものなのかはわかりません。ひょっとしたら筆者の渡辺周さん個人の見解もここには含まれているのかもしれませんが、とにかくこの記事では、以前の中さんの所属レコード会社が、中さんの性同一性障害の公表に踏み切った理由について、「注目を集めようとした」と言い切っています。

アーティストのインタヴューというのは、新作のプロモーション期間に集中して行なわれることが多いので、この<男と女の間には>の記事も、実はニュー・アルバム『少年少女』のプロモーションの一環として機能していることは否めません。そうなると、以前の所属レコード会社が中さんの性同一性障害を利用していたと書いているこの記事も、実は同じような性質のものであるとも言えるのですが、中さんがカミング・アウトした2006年の当時と、2010年の今日とでは、中さんを取り囲んでいる状況と評価が、大きく異なっています。

2006年、「友達の詩」のリリースに際して、「注目を集め」るためにレコード会社の意向で決定されたカミング・アウトと、それによって巻き起こった一連の狂騒の中で、しかし中さんは、「『友達の詩』は性同一性障害の歌ではない」と、必死に訴え続けてきました。しかし、その抵抗は、GIDに焦点を合わせて中さんに注目していた浮動層のリスナーの多くにとっては、かえって困惑が深まってしまう種類のものであったように思います。たとえば、先に引用した、このブログの2006年9月16日付のエントリにいただいたコメントは、その一例だと思います。

しかし、あれから何年もの時間が経過し、所属事務所やレコード会社も移籍したことによって、現在の中村 中さんは、カミング・アウト後の一連の狂騒について、時には批判的な視点からも語ることのできる自由を得ました。

そして、我々リスナーの側も、当時の中さんが何を言わんとしていたのか、2010年の今ならば、大した困惑もなく受け止めることができるのではないでしょうか。

確かに、当時の所属レーベルは、中さんの性同一性障害を話題作りの材料として利用していたかもしれません。しかし、中さんの音楽そのものは、性同一性障害を題材としたものではない。そのことは、中さんがこれまでに発表してきた作品に親しんできた人であれば、誰でも容易に理解のできることです。

心と体の性が違うことに悩んだ日々が、歌に影響しないはずはない、でも性同一性障害を表現したいわけではない――そうした中さんの思いを、私たちリスナーは、ようやく先入観なしに理解できる段階にきたのではないか。私は、シリーズ<男と女の間には>の第12回を読んで、そのように感じたのです。



LGBTであることをオープンにして活動しているミュージシャンたちに私たちが出会うとき、私たちの多くは、それらのミュージシャンたちが「LGBTであること」をテーマにして歌を歌ったり作曲したりしている、と頭からそう思い込んでしまいがちです。あるいは、そのように決めつけてしまいがちです。そうした傾向があるからこそ、「私の音楽と性的指向は無関係だ」という内容の発言をインタヴューで繰り返しているオープンリーのLGBTミュージシャンも、決して少なくない数で存在しています。しかし、そうした発言も、結局はリスナーの側に違った種類の先入観を植えつけてしまうものでしかないように、私は思います。

私個人の考えとしては、あるミュージシャンが、もしも自己表現の手段として音楽に取り組んでいるのであれば、そのミュージシャンの音楽と性的指向は無関係では有り得ないだろうと思っています。というのも、性的指向というのは、そのミュージシャンが自分の性的指向をどのように評価していようとも、そのミュージシャンの人と形を生成している一部分であることに違いはないのだから、そのミュージシャンが自分の音楽と性的指向とを完全に切り離して考えているのだとしたら、それは自己の表現としては欠損が生じている状態になりはしませんか? と。しかし、自己表現としてではなく、たとえば単なる仕事として歌を歌ったり演奏をしたりしているのであれば、そのミュージシャンが「私の音楽と性的指向は無関係」と言い切ることは可能です。

私の大好きなミュージシャンの一人である体育 Cuts は、そのプロフィールの中で、「『ゲイだったからこそ成り得た自分』を音楽で表現する事を軸に生きています」と記しています。そんな彼が、いつ如何なる場合でも常に「ゲイであること」をテーマに曲を書いているのかというと、そんなことはありません。「ゲイであるからこその変化球的な切り口」で普遍的なテーマを扱う、という場合だってあり得ます。

「ゲイだったからこそ成り得た自分」を音楽で表現すること。

そして、「ゲイであること」をテーマに曲を書くこと。

この2つは、必ずしもイコールではないんです。

重なっている部分もあるし、全く重ならない部分もある。

この2つは、よく似てはいるけれども、それぞれに独立した、異なるスタンスであり、どちらかが正しくてどちらかが間違っているという種類のものでもないんです。

だから、LGBTであることをオープンにして活動しているミュージシャンの全員が、LGBTであることをテーマにして歌ったり演奏したりしているのだと考えるのは、第三者からの決めつけであり、単なる思い込みに過ぎません。そして、音楽と性的指向のあいだの関係は、そのミュージシャンがどのようなスタンスで音楽に取り組んでいるかによって変化するものなのだから、LGBTのミュージシャンが一般論として音楽と性的指向との関係を否定してしまうのも、やはり一方的な決めつけです。

こうした決めつけは、日本だけでなく世界中にあふれています。実にたくさんの人たちが、「LGBTであることをオープンにしているミュージシャンは、『LGBTであること』をテーマにして歌っている」という先入観をもって、LGBTミュージシャンたちのことをとらえている。

たぶん、カミング・アウト後の中村 中さんがその活動の中で立ち向かわなければいけなかったものというのは、GIDに対する偏見そのものというよりも、実は、「GIDを公表して活動しているシンガー・ソングライターは、常にGIDをテーマにして歌っている」というリスナーからの先入観――しかも、GIDのことをよりよく理解しようとしている人たちほど、中さんの書く詞の世界を「GIDの物語」として誤読してしまう可能性が高いという、悲しいすれ違い――だったのではないでしょうか。

2008年3月1日に、当時テレビ朝日系列で放映されていた『オーラの泉』に中村 中さんが出演された際、番組の終盤で江原啓之さんの口から語られた中さんへのメッセージは、「これからが正念場。今こうやってご活躍されているけれど、まだまだ本当には理解されていない。アーティストとして、より想いを込めていかなければいけない。ここ最近、作品でも活動でも、自由を失いつつある恐れが、中村さんの中に芽生えてきている。今までは自分の心のままに、いろんなことにチャレンジしたり探求したりしてきたけど、ここまで活躍してしまうと、社会の型に入れられてしまう。今度は本当の自分をどうやって発揮するかという、自分との勝負。でもそこから脱却する日は必ず来る」というものでした。これに対して中村 中さんは、「これからの人生、望むところだ! という感じです。肝が据わりました」と応えておられました。

江原さんの「まだ本当には理解されていない」という言葉は、「性同一性障害への差別や偏見は、まだまだ根強い」という意味ではなく、「性同一性障害を公表しているシンガー・ソングライターは、いつでも性同一性障害のことを歌っている」という先入観が、世の中には溢れていますよ、ということだったと、私は思います。「社会の型に入れられてしまう」というのは、「中村 中はGID当事者の代弁者である」という先入観の発生を指していたのではないか、と。だから、2008年当時の中村 中さんは、一人のシンガー・ソングライターとしてフェアに評価されていたわけではなかったのです。

そして2010年。現在ではシンガー・ソングライターとして揺るぎない評価を得ている中村 中さんは、私たちのもとに、こうしてニュー・アルバム『少年少女』を届けてくれました。

“家出少女”
(2010)

http://www.youtube.com/watch?v=vr12jVLOtD8


少年少女少年少女
(2010/09/22)
中村中

商品詳細を見る



スポンサーサイト
2010.10.02 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/276-1b5c931d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。