上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
更新履歴ではなく、久々にただの日記です。



2日の夜、けんけんとニチョベロでお茶しました。

ほぼ慣例化している、けんけんとのニチョベロタイムですが、東京のゲイ・パレードとRainbow Music Expoという、2つの大きなイベントが終わってから、けんけんとニチョベロでお茶したのは、これが初めて。

だから、必然的に会話の内容は、パレードとR.M.E.についてが中心。

でも、会話のトーンは割としみじみ。

2人とも、物凄く意義のある大きなイベントの渦中にいたことの充実感は、しっかりと胸の内に持っている。だけど同時に、今年の夏のイベントは、2人とも自分の体力との戦いでもあったので、「ゴールした後は、ホント倒れるかと思ったよねー」とか、「R.M.E.当日もキツかったよねー」とか、そういう話が中心でした。

そんな中、今回のけんけんとの会話の中で、藤嶋にとって最大の収穫だったのが、R.M.E.での藤嶋のパフォーマンスについて、非常にロジカルで客観的な意見をもらえたこと。

これは冗談で言っているのではなしに、R.M.E.での藤嶋は、本気で地味だと自分では思ってたのね。

だって、今回のGOLDEN ROSEチームの中では、藤嶋がいちばん衣装替えの負担が少なかったし、女装もしてないしメイクもしてないし、ステージに上がっている時間自体、いちばん少なかったし。

もともと今回の藤嶋は、飛び道具になるつもりは自分ではあんまりなくて、普通に引き立て役のつもりで演ってたんだけど、どうやら本番での藤嶋は、ヘンな目立ち方をしてしまっていたようで、R.M.E.終了後、実にいろんな方々から、

「ズルイ」

「卑怯」

「やられた」

「あんたは本当に飛び道具!」

という言葉をいただいてしまい、本気で困惑してたんですよ。

「なんでー!? あんなに地味だったのに!?」と。


でも、けんけんは、客席から観た藤嶋がどうだったのかを、実にロジカルに、わかりやすく説明してくれました。

さすがはけんけん。

みんなからいただいた言葉がどこから来たものなのか、ものすごーく良く納得できました。

けんけんがしてくれた説明を、ここにいちいち書くことはしないけど、とにかく藤嶋の意識に上っていなかった要因が、たくさん働いていたみたいです。

でも、それらの要因を、もし俺が自覚しながらパフォーマンスしていたら、たぶんR.M.E.本番のときと同じようなお客さんの反応は、きっともらえなかった。

だから、あの日の藤嶋のパフォーマンスは、藤嶋が意識してなかった数々の要因が、ことごとく奇跡的なバランスで、うまく作用してくれていたんだなー、と改めて実感。

完全に結果オーライの世界。

そう考えると、ひょっとしたら、俺ってかなり悪運強いかも(笑)。


やっぱり、自分のことっていうのは、他の人から指摘されないとわかりにくいね。ロジカルに指摘してもらえて、本当に良かった。

けんけん、ありがとー♪

とってもスッキリしました。



スポンサーサイト
2005.09.03 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/29-ac55e038
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。