上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
3月22日(火)は、東京・大森にあるフォーク居酒屋“風に吹かれて”にて行なわれた、屋良朝友(やら・あさとも)さんのワンマン・ライヴに、足を運んでまいりました。

屋良さんが“風に吹かれて”に出演なさるのは、これが4度目。そのうちの3度がワンマン。その3度のワンマンを、私は現在までのところ、すべて拝見させていただいています。

今回のワンマンの第1部は、「しつこいおかま」「悪いけれど・・・」「雲雀」など、明確にゲイの恋愛をテーマとした楽曲のオン・パレード。そして第2部は、今回のツアー終了後に制作が開始される(んですよね? ね? と念を押してみる:笑)新作CDに収録予定の楽曲が中心でした。

屋良朝友さん1 屋良朝友さん2

屋良朝友さん3 屋良朝友さん4


藤嶋にとって、この日のライヴは、東北地方太平洋沖地震発生後に足を運んだ、3本目のライヴだったのですが、この日も途中で余震があったにもかかわらず、現在では非・日常になってしまった日常へと、ようやく戻ることができたような、そんなくつろいだ気分に浸ることができました。

いま思えば、13日のとんちピクルスさんのライヴのときには、出演者の側も、私たちオーディエンスの側も、巨大地震発生のショックが、まだまだ続いていた状態だったように思います。もちろん、不安や緊張も大きかったんだけど、この日の段階では、まだ動揺のほうが強かった。

だからこそ、13日のライヴでは、とんちピクルスさんも NON HAWAIIAN さんも、たとえ普段とは違う演奏条件ではあっても、そのパフォーマンス自体は、地震発生前と変わらない、普段の状態に近いものだったように感じます。

対して、19日の『土曜日の旅人達』では、出演者の側も、オーディエンスの側も、ライヴ・ハウス側も、巨大地震発生による大きなショックがひとまず過ぎ去り、その代わり、日々拡大していく被害状況や、停電による混乱、買占めによる物資不足、原発への危惧などによって、むしろパニック心理のほうが強くなっていたように思うんです。

そして、出演者のパフォーマンスにより直接的な影響を及ぼすのは、おそらくはショック状態ではなく、パニック心理のほうなのではないか、という気がしました。

巨大地震の二日後に行なわれたとんちピクルスさんのライヴよりも、一週間後に行なわれた『土曜日の旅人達』のほうが、出演者も、主催者も、私たちオーディエンスも、みなメンタルの面で、巨大地震の影響を、より強く受けていたように思うんです。

ところが、22日に観た屋良朝友さんのパフォーマンスは、そうではなかった。


もちろん、屋良さんが今回の地震の影響下にいないというわけでは、全然ないんです。屋良さんも地震後の混乱の中に身を置いていらっしゃるし、いろいろな思いを抱えていらっしゃるはずです。たとえば、今回の第2部では、「できないこと」「出来ることから始めよう」の2曲を続けて演奏することによって、パニック状態にある私たちオーディエンスに向けて、さりげなく、しかし強い説得力をもって、大事なメッセージを届けてくださいました。

屋良朝友さんというかたは、私のように論を垂れてばかりの頭でっかちの人間とは違って、行動の人です。実際の行動によって、何かを示しておられるかたです。だから、音楽を通じてメッセージを発信なさる場合でも、それは実際の楽曲やセット・リストの中で示される。必要以上の言葉による装飾は施されない。屋良さんはMCも巧みなかたですが、屋良さんの発する真のメッセージは、実はその愉快なMCの言外に、さりげなく隠されている場合も多いんですよね。

この、行動の人であるがゆえの「さりげなさ」こそが、その時々の出演イヴェントの性質や推移に応じて柔軟にセット・リストを変化させる屋良さんの対応力の源であるのと同時に、社会の不穏な空気には流されることなく常態のパフォーマンスを保ち続ける、屋良さんの「日常を維持する力」にもなっているように、私には感じられました。

そのメッセージはさりげない形で私たちに届けられるからこそ、屋良さんのパフォーマンスそのものは、いつでも常態が保たれている。常態が保たれているからこそ、そこには日常が維持されている。

そして、その「日常を維持する力」が、今回の屋良さんの関東・東海ツアーでは、いかんなく発揮されているはずです。他の会場で屋良さんの今回のツアーをご覧になったオーディエンスのみなさんも、きっとくつろいだ時間を過ごされたことと思います。

屋良朝友さん5


12日のライヴでは、地震の恐怖によって生じた心身の極度のこわばりを、とんちピクルスさんと NON HAWAIIAN さんの歌の力によって解きほぐすことができました。19日の風太郎企画では、出演者のみなさんの、通常のライヴではむしろ出会えないような、歌うことへの熱い決意と、音楽への強い愛情に、私自身も励まされました。そして、22日の屋良さんのライヴでは、日常が日常ではなくなってしまった状況下で、久しぶりにゆったりとしたくつろぎの時間を過ごさせていただきました。

地震後にライヴを拝見したミュージシャンのみなさんの、それぞれに持ち味の異なった音楽の力が組み合わさって、私は段階的に、常態へと回復していっているのだと思います。

屋良さんも、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
2011.03.27 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/308-8b7a3fd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。