上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌のサイトに、"The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time)"という記事が掲載されています。アップロードされたのは今年の3月なので、決して新しい記事ではありませんが、現在でも『Out』誌のサイトのトップページからリンクが張られています。

The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time) (Out Magazine, 2012.03.19)

100作品のジャケットと解説が、スライド・ショー形式で閲覧できます。実際に見ていただいたほうが望ましいのですが、このエントリの最後にも100作品のラインナップと順位を書き出しておいたので、ぜひ参照なさってみてください。

さて、このリストが、どのような基準の下に、どのような方法で選出されたのか、それはわかりませんが、ここではLGBTのアーティストの作品だけではなく、異性愛のアーティストによるLGBT的な内容の作品や、ゲイから多く支持されている女性アーティストの作品なども選出されています。良く言えばLGBTカルチャーの多様性を反映した、悪く言えばLGBTカルチャーの定義の曖昧さをそのまま表したようなリストになっています。オルタナティヴ・ロックも多く含まれているところや、映画やブロードウェイ・ミュージカルのサントラ盤も含まれているところが特徴的です。後者については計5作品が選出されています。

そして、そのタイトルにわざわざ括弧書きで"of All Time"と付け加えられていることからも見て取れるように、このリストの中心となっているのは、ロック/ポップス史上での評価が既に定まっている作品群です。21世紀に入ってからデビューした新進アーティストのうち、このリストに選出されているのは、わずかにシザー・シスターズとザ・ゴシップの2組があるだけで(10月28日追記:アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズも選出されているのを見落としていました。計3組です。ご指摘をくださったみなさま、ありがとうございました。)、近年の作品でランク・インしているのは、既に実績のあるアーティストの近作やベスト・アルバムなどです。

それから、ゲイに多く支持されている女性アーティスト、いわゆる歌姫のうち、90年代以降に登場した歌姫たちの作品も、そのほとんどがスルーされています。レディー・ガガやケイティ・ペリーはもちろんのこと、ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラ、さらにはヴェテランの域に達しているマライア・キャリーでさえも、このリストには名前が見当たりません。そのかわり、80年代に登場した、ゲイ・イコンの代名詞的存在であるマドンナの作品は、ベスト・アルバムも含めて、実に5作品が選出されています。

そのマドンナこそが、このリストで最も多く作品が選出されているアーティストなのですが、マドンナに次いで作品が多く選出されているのが、ザ・スミス。4作品が選出されています。モリッシーのソロ・アルバムも含めると、合わせて5作品が選出されており、モリッシーはマドンナと並んで最多選出のアーティストとなります。が、ザ・スミスの作品はいずれも上位にランクされているので、印象の強さからいえば、このリストにおけるモリッシーの存在感は、マドンナのそれを上回っています。

次いで3作品が選出されているのが、デヴィッド・ボウイ、ペット・ショップ・ボーイズ、クイーンの3組。2作品が選出されているアーティストとなると、これは数が多いので、ここから先は実際の順位を見てご自身で確認なさってみてください。

ちなみに、トップ3の顔触れなんですが、1位の作品は異性愛のアーティストの作品。そして2位と3位のアーティストは、それぞれ世間的にはLGBTと認知されており、特に日本では彼らはオープンリーのLGBTだと思われていて、日本語版ウィキペディアでもLGBTのカテゴリに含まれてしまっているのですが、実は彼らは性的指向を自ら明言してはいません(つまり英語版 Wikipedia ではLGBTのカテゴリには含まれていない、ということです)。以前、イギリスのゲイ雑誌『Gay Times』誌の編集者が述べた、「性的指向を曖昧にしているアーティストのほうが、オープンリー・ゲイのアーティストよりも優れたレコードを作る。『俺はゲイだ』なんて歌っても、良いレコードはできない」という趣旨の発言を、このブログで紹介したことがありましたが(そのエントリはこちら)、この『Out』誌による"The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time)"は、その『Gay Times』誌の編集者と同じような評価基準が反映されていると言えるかもしれません。



さて、それでは100作品を100位から順に並べていきます。



100.
ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(1967)
The Beatles "Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band", 1967

99.
ジョニ・ミッチェル『バラにおくる』(1972)
Joni Mitchell "For the Roses", 1972

98.
Ferron "Testimony", 1980

97.
ジャニス・イアン『愛の回想録』(1975)
Janis Ian "Between the Lines", 1975

96.
ニック・ドレイク『ブライター・レイター』(1970)
Nick Drake "Bryter Layter", 1970

95.
カルチャー・クラブ『キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー』(1982)
Culture Club "Kissing to Be Clever", 1982

94.
『ヘアー』オリジナル・ブロードウェイ・キャスト (1968)
"Hair" Original Broadway Cast, 1968

93.
シャーデー『ラヴァーズ・ロック』(2000)
Sade "Lovers Rock", 2000

92.
モリッシー『ビバ・ヘイト』(1988)
Morrissey "Viva Hate", 1988

91.
グレース・ジョーンズ『ナイトクラビング』(1981)
Grace Jones "Nightclubbing", 1981

90.
ケイト・ブッシュ『天使と小悪魔』(1978)
Kate Bush "The Kick Inside", 1978

89.
Fifth Column "To Sir With Hate", 1986

88.
ハスカー・ドゥ『ゼン・アーケード』(1984)
Hüsker Dü "Zen Arcade", 1984

87.
マドンナ『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』(2005)
Madonna "Confessions on a Dance Floor", 2005

86.
マドンナ『バーニング・アップ』(1983)
Madonna "Madonna", 1983

85.
ニーナ・シモン『Anthology』(2003)
Nina Simone "Anthology", 2003

84.
シンディ・ローパー『トゥルー・カラーズ』(1986)
Cyndi Lauper "True Colors", 1986

83.
ベット・ミドラー『ベット・ミドラー・デビュー』(1972)
Bette Midler "The Divine Miss M", 1972

82.
シェール『ビリーヴ』(1998)
Cher "Believe", 1998

81.
シザー・シスターズ『ときめきダンシン』(2006)
Scissor Sisters "Ta-Dah", 2006

80.
ルーファス・ウェインライト『ウォント・ワン』(2003)
Rufus Wainwright "Want One", 2003

79.
T・レックス『電気の武者』(1971)
T. Rex "Electric Warrior", 1971

78.
『ロッキー・ホラー・ショー』サウンドトラック (1975)
Various artists "The Rocky Horror Picture Show" Soundtrack, 1975

77.
ニュー・オーダー『サブスタンス』(1987)
New Order "Substance", 1987

76.
アーニー・ディフランコ『インパーフェクトリー』(1992)
Ani DiFranco "Imperfectly", 1992

75.
キャロル・キング『つづれおり』(1971)
Carole King "Tapestry", 1971

74.
マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』(1979)
Michael Jackson "Off the Wall", 1979

73.
『フェーム』サウンドトラック (1980)
Various artists "Fame" Soundtrack, 1980

72.
ドナ・サマー『ワンス・アポン・ア・タイム』(1977)
Donna Summer "Once Upon a Time", 1977

71.
エルトン・ジョン『キャプテン・ファンタスティック』(1975)
Elton John "Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy", 1975

70.
『レント』オリジナル・ブロードウェイ・キャスト (1996)
"Rent" Original Broadway Cast, 1996

69.
フランシス・フェイ『Caught in the Act』(1959)
Frances Faye "Caught in the Act", 1959

68.
ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』(1991)
Nirvana "Nevermind", 1991

67.
ハスカー・ドゥ『Candy Apple Grey』(1986)
Hüsker Dü "Candy Apple Grey", 1986

66.
ソフト・セル『エロティック・キャバレー』(1981)
Soft Cell "Non-Stop Erotic Cabaret", 1981

65.
ル・ティグラ『Le Tigre』(1999)
Le Tigre "Le Tigre", 1999

64.
パティ・スミス『イースター』(1978)
Patti Smith "Easter", 1978

63.
ビョーク『デビュー』(1993)
Björk "Debut", 1993

62.
ジェフ・バックリィ『グレース』(1994)
Jeff Buckley "Grace", 1994

61.
スリーター・キニー『ディグ・ミー・アウト』(1997)
Sleater-Kinney "Dig Me Out", 1997

60.
R.E.M.『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』(1992)
R.E.M. "Automatic for the People", 1992

59.
ブロンスキ・ビート『エイジ・オブ・コンセント』(1984)
Bronski Beat "The Age of Consent", 1984

58.
リズ・フェア『Exile in Guyville』(1993)
Liz Phair "Exile in Guyville", 1993

57.
プリンス『ダーティ・マインド』(1980)
Prince "Dirty Mind", 1980

56.
チーム・ドレッシュ『Personal Best』(1994)
Team Dresch "Personal Best", 1994

55.
デヴィッド・ボウイ『ダイアモンドの犬』(1974)
David Bowie "Diamond Dogs", 1974

54.
トーリ・エイモス『リトル・アースクエイクス』(1992)
Tori Amos "Little Earthquakes", 1992

53.
カルチャー・クラブ『カラー・バイ・ナンバーズ』(1983)
Culture Club "Colour by Numbers", 1983

52.
ケイト・ブッシュ『愛のかたち』(1985)
Kate Bush "Hounds of Love", 1985

51.
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド『ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム』(1984)
Frankie Goes To Hollywood "Welcome to the Pleasuredome", 1984

50.
ルーファス・ウェインライト『ポーゼス』(2001)
Rufus Wainwright "Poses", 2001

49.
パティ・スミス『ホーセス』(1975)
Patti Smith "Horses", 1975

48.
Cris Williamson "The Changer and the Changed", 1975

47.
ザ・マグネティック・フィールズ『69 Love Songs』(1999)
The Magnetic Fields "69 Love Songs", 1999

46.
マドンナ『レイ・オブ・ライト』(1998)
Madonna "Ray of Light", 1998

45.
ビキニ・キル『Pussy Whipped』(1993)
Bikini Kill "Pussy Whipped", 1993

44.
ペット・ショップ・ボーイズ『ヴェリー』(1993)
Pet Shop Boys "Very", 1993

43.
プリンス『パープル・レイン』(1984)
Prince "Purple Rain", 1984

42.
アバ『アバ・ゴールド』(1992)
ABBA "Gold", 1992

41.
メリッサ・エスリッジ『イエス・アイ・アム』(1993)
Melissa Etheridge "Yes I Am", 1993

40.
ペット・ショップ・ボーイズ『ビヘイヴィアー 薔薇の旋律』(1990)
Pet Shop Boys "Behavior", 1990

39.
ローラ・ニーロ『ゴナ・テイク・ア・ミラクル』(1971)
Laura Nyro and Labelle "Gonna Take A Miracle", 1971

38.
ダスティ・スプリングフィールド『ダスティ・イン・メンフィス』(1969)
Dusty Springfield "Dusty in Memphis", 1969

37.
ブロンディ『恋の平行線』(1978)
Blondie "Parallel Lines", 1978

36.
マドンナ『エロティカ』(1992)
Madonna "Erotica", 1992

35.
ヤズー『オンリー・ユー』(1982)
Yaz "Upstairs at Eric's", 1982

34.
ドナ・サマー『華麗なる誘惑』(1979)
Donna Summer "Bad Girls", 1979

33.
ザ・スミス『ハットフル・オブ・ホロウ』(1984)
The Smiths "Hatful of Hollow", 1984

32.
ザ・スミス『ミート・イズ・マーダー』(1985)
The Smiths "Meat Is Murder", 1985

31.
サラ・マクラクラン『エクスタシー』(1993)
Sarah McLachlan "Fumbling Towards Ecstacy", 1993

30.
ダイアナ・ロス『ダイアナ』(1980)
Diana Ross "Diana", 1980

29.
ペット・ショップ・ボーイズ『哀しみの天使』(1987)
Pet Shop Boys "Actually", 1987

28.
クイーン『ザ・ゲーム』(1980)
Queen "The Game", 1980

27.
ユーリズミックス『スイート・ドリームス』(1983)
Eurythmics "Sweet Dreams (Are Made of This)", 1983

26.
シザー・シスターズ『シザー・シスターズ』(2004)
Scissor Sisters "Scissor Sisters", 2004

25.
k.d.ラング『アンジャニュウ』(1992)
k.d. Lang "Ingénue", 1992

24.
シルヴェスター『Living Proof』(1979)
Sylvester "Living Proof", 1979

23.
ディー・ライト『ワールド・クリーク』(1990)
Deee-Lite "World Clique", 1990

22.
ザ・ゴシップ『スタンディング・イン・ザ・ウェイ・オブ・コントロール』(2006)
The Gossip "Standing in the Way of Control", 2006

21.
デヴィッド・ボウイ『ハンキー・ドリー』(1971)
David Bowie "Hunky Dory", 1971

20.
クイーン『華麗なるレース』(1976)
Queen "A Day at the Races", 1976

19.
The B-52's『警告!THE B-52's来襲』(1979)
The B-52's "The B-52's", 1979

18.
ジョージ・マイケル『LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL.I』(1990)
George Michael "Listen Without Prejudice Vol. I", 1990

17.
ルー・リード『トランスフォーマー』(1972)
Lou Reed "Transformer", 1972

16.
クイーン『オペラ座の夜』(1975)
Queen "A Night at the Opera", 1975

15.
ジョージ・マイケル『FAITH』(1987)
George Michael "Faith", 1987

14.
イレイジャー『イノセンツ』(1988)
Erasure "The Innocents", 1988

13.
アーニー・ディフランコ『ダイレイト』(1996)
Ani DiFranco "Dilate", 1996

12.
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』(1967)
The Velvet Underground & Nico "The Velvet Underground & Nico", 1967

11.
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』サウンドトラック (2001)
Various artists "Hedwig and the Angry Inch" Soundtrack, 2001

10.
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ『アイ・アム・ア・バード・ナウ』(2005)
Antony and The Johnsons "I Am A Bird Now", 2005

9.
シンディ・ローパー『シーズ・ソー・アンユージュアル』(1983)
Cyndi Lauper "She's So Unusual", 1983

8.
マドンナ『ウルトラ・マドンナ・グレイテスト・ヒッツ』(1990)
Madonna "The Immaculate Collection", 1990

7.
エルトン・ジョン『黄昏のレンガ路』(1973)
Elton John "Goodbye Yellow Brick Road", 1973

6.
ザ・スミス『ザ・クイーン・イズ・デッド』(1986)
The Smiths "The Queen is Dead", 1986

5.
ジュディ・ガーランド『Judy at Carnegie Hall』(1961)
Judy Garland "Judy at Carnegie Hall", 1961

4.
インディゴ・ガールズ『インディゴ・ガールズ』(1989)
Indigo Girls "Indigo Girls", 1989

3.
トレイシー・チャップマン『トレイシー・チャップマン』(1988)
Tracy Chapman "Tracy Chapman", 1988

2.
ザ・スミス『ザ・スミス』(1984)
The Smiths "The Smiths", 1984

1.
デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』(1972)
David Bowie "The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars", 1972



以上、『Out』誌による、"The 100 Greatest, Gayest Albums (of All Time)"の紹介でした。


スポンサーサイト
2012.10.25 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/320-1a11b2d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。