上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
新年あけましておめでとうございます。相変わらずのマイペース更新ですが、これからもちょくちょく覗いていただけると嬉しいです。本年もよろしくお願いいたします。

さて、2013年の最初のエントリは、リベラーチェ(Liberace)の伝記映画『Behind The Candelabra』についての話題です。

オスカーも受賞している映画監督のスティーヴン・ソダーバーグが、リベラーチェの生涯を映像化するらしいという話題は、既に2008年9月に、このブログでも紹介しています。

リベラーチェの伝記映画が製作準備中、らしい。(2008.09.21)

この2008年9月のエントリの中では、リベラーチェの経歴についても簡単に紹介しているので、「リベラーチェって誰?」というかたは、ぜひそちらも参照なさってみてください。

さて、この映画化決定の第一報からずいぶんと長い時間が経ってしまっていますが、企画がお流れになったわけではなく、リベラーチェ役には名優マイケル・ダグラスが、そしてリベラーチェの恋人であったスコット・ソーソン役には当初の報道どおりマット・デイモンが決まり、完成作が今年の春にいよいよお目見えとなるそうです。

ところが。

この『Behind The Candelabra』は、監督も主演俳優も非常に知名度の高い顔触れが揃っているにもかかわらず、劇場公開作品ではなく、HBO で放送されるテレビ映画なのだそうです。

どうしてテレビ映画なのか、その理由について、1月5日付で Advocate.com が記事を掲載しています。

Soderbergh Says Studios Turned Up Noses at 'Too Gay' Liberace Pic(Advocate.com, 2013.01.05)

この Advocate.com の記事は、The New York Post 紙のサイトに掲載されている内容を紹介しているものなのですが、それによると、ハリウッドのありとあらゆるスタジオが、この『Behind The Candelabra』の内容をゲイ的過ぎるとして制作を敬遠したため、HBO のテレビ映画として制作することになった、とソダーバーグ監督が発言しているそうです。

既に『ブロークバック・マウンテン』のようなゲイ・テーマの作品が大ヒットしているという状況があるにもかかわらず、ハリウッドのスタジオの経営陣がこのような反応を示したことに、ソダーバーグ監督はびっくりさせられたそうです。

今回の記事が伝えているのはあくまでもソダーバーグ監督の側の見解であって、スタジオの経営側の言い分はよくわかりません。ただ、ハリウッドのホモフォビアという要因の他にも、リベラーチェという人物の商品価値が現在ではそれほど高くはないという事情も、少なからず関わっているような気が、私はします。

たとえば、このブログの2010年9月12日付のエントリでは、ラスベガスにあったリベラーチェ博物館の閉鎖について取り上げていますが、この話題が示していたのは、現在という時代ではリベラーチェの名前にはそれほどの集客力がない、ということだったようにも思います。

リベラーチェ博物館の終焉(2010.09.12)

私自身は、リベラーチェという人物に以前から関心があったので、リベラーチェの生涯が映像化されるというニュースにこうして反応しているし、嬉しくも思っているのですが、現在リベラーチェに関心のある人の数は、本国アメリカでもさほどは多くないだろうという気がします。ましてや日本では、リベラーチェの名前自体、ほとんど知られていません。故に、たとえアメリカで劇場公開されたとしても、日本での劇場公開はまず見送られるだろうし、これがテレビ映画となると、はたしてDVD化されても日本盤の発売があるかどうか。

まあ、日本盤の発売がないDVDもネット通販で簡単に入手できる時代なので、この先DVD化さえされれば、日本で暮らす私にも『Behind The Candelabra』の視聴の機会は必ず訪れるだろうとは思います。でも、できることなら劇場の大きなスクリーンで日本語字幕付きで観たかったし、DVDで視聴するのであれば、日本語字幕のある日本盤で観たい、というのが正直な欲求です。

もしも『Behind The Candelabra』がDVD化されて、日本でも発売されるのであれば、それはまず間違いなく、リベラーチェの知名度によるものではなく、ソダーバーグ監督やマイケル・ダグラス、そしてマット・デイモンの日本における知名度の高さ故だと思います。その点で『Behind The Candelabra』の日本盤の発売には期待をかけることができるし、既に今から日本でのDVDの発売を待ちわびている私です。


damon and douglas
左がスコット・ソーソンに扮しているマット・デイモン。
右がリベラーチェに扮しているマイケル・ダグラス。
(画像は Advocate.com より)


マット・デイモンがゲイ役を演じていることがこの作品の大きな目玉となっている雰囲気ですが、この画像を見る限りでは、リベラーチェのド派手な衣装を見事に着こなしてしまっているマイケル・ダグラスのハマりっぷりもかなり凄そうです。


スポンサーサイト
2013.01.07 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/322-bff350ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。