上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
1月18日(金)の朝、トーストをかじりながら新聞のテレビ欄を眺めていると、テレビ東京の19時台に目が留まりました。


2013年1月18日のテレビ東京の番組表


オネエ歌手。

書いてあるのは、その5文字だけ。

それ以上の詳しい情報は何もわからなかったけれども、なぜだかその「オネエ歌手」の5文字が気になって気になって仕方がなく、ふだんは観ていないその番組を録画予約して、家を出ました。

そして、夜になって帰宅して、録画しておいたその番組を観て、あら、まあ、ビックリ。

件の「オネエ歌手」とは、私の存じ上げていたかたでした。

といっても、直接の面識があるわけではありませんが。

以前、風太郎企画に出演されたときのライヴ・パフォーマンスを拝見したことがあるだけです。

しかし、風太郎企画に出演されるよりも前から、私はそのかたのことを、インターネットを通じて、一方的に存じ上げていました。その意味で、私には既に馴染みの深いかたであり、そのようなかたがいきなりテレビ番組に出られていたのを観て、思わずビックリしてしまったのです。

その「オネエ歌手」とは、椎名竜仁(しいな・りゅうじん)さんのことでした。


椎名竜仁さん 1


私が以前に拝見したのは、2011年11月3日に開催の『アブノーマル Last Stage』というライヴ・イヴェントでした。その観覧記は、ライヴ後に私が大幅に体調を崩してしまったりした関係もあって、ブログには書いていないのですが、当日の写真は撮影していました。

『アブノーマル Last Stage』での椎名竜仁さんの写真がこちら。


椎名竜仁ライヴ1


さあ笑ってくださいといわんばかりのキッチュなステージ衣装ですが、そこから受ける印象とは全く裏腹に、椎名さんは本格的な歌唱力の持ち主です。

なにせ、椎名さんの本業はヴォイス・トレーナー。

その歌唱力が本物であるからこそ、ステージ衣装もここまで弾けることができるのです。


中森明菜さんのカヴァーでは、本家以上の角度でイナバウアー!
椎名竜仁ライヴ2


さて。

椎名さんがVTR出演をなさった、テレビ東京系の番組『お金がなくても幸せライフ がんばれプアーズ!』の公式サイトでは、番組の概要を次のように説明しています。

「不況が続く日本。賃金カットにリストラ…。でも、お金がなくても楽しくたくましく生きている人がいる!彼らこそ真の幸せ者!?これまでのイメージの『貧乏人』ではない、前向きに楽しく生きる人々『プアーズさん』の生活をロケVTRで紹介。そこには夢に向かって生きる人生やアイデア生活術が。“頑張るプアーズさん”たちを応援する新バラエティー!」

――つまり、この番組の見どころというのは、「プアーズさん」たちの生活ぶりであり、それが世間の平均的な生活感覚からズレたものであればあるほど、番組的には盛り上がります。

椎名さんが登場した1月18日放送分のVTRでも、やはり椎名さんの倹約術にスポットが当てられていました。しかしそれは、ステージで着るドレスをいかに安く購入するかとか、羽飾りの付いた付けまつ毛をどうやって自作するかとか、およそ同業のかたでなければまったく応用の利かないものばかり(笑)。

もちろん、そうした「プアーズさん」ぶりだけではなく、番組の中では椎名さんのシリアスな側面も、ちゃんと紹介されていました。

ナレーション:「椎名さんの恋愛対象は男性。自分が女性の心を持っている事に気付いたのは中学時代。なかなかカミングアウト出来ず悩んでいたそうです。その頃、人生を変える出会いが――。」

椎名:「バンドとかも聴き始めて、ライブに行った時に、みんなで一緒に汗をかいて聴いている、いつも内気で1人でいた自分が、こういう所だと多くの人と一緒に騒いだりすることも、恥ずかしくなく出来るな、という所から、どんどんのめり込みましたね。」


椎名竜仁さん 2


ナレーション:「そして音楽の道を目指した椎名さんは、20歳の頃、エンターテイメントの世界に飛び込み、オネエとして人生を再スタートさせたのです。現在の目標は、歌を通じていろいろな人に勇気を与えられる歌手になりたいそうです。」


椎名竜仁さん 3


椎名さんのふだんの歌手活動は、バーやショーパブが中心。その様子を取材したVTRも流されました。

美輪明宏さんの「メケ・メケ」を歌う椎名さん。
椎名竜仁さん 4


椎名さんの歌唱力は番組中でも絶賛されていましたが、この番組はあくまでも「プアーズさん」の生活ぶりを紹介するものなので、残念ながら椎名さんの歌う場面は、ほんの少しだけでした。番組MCのブラマヨ小杉さんに愛を込めて歌われた(笑)中森明菜さんの「セカンド・ラブ」も、フル・コーラスでは流されませんでした。

椎名竜仁さん 5


まあ、仕方がないんですけどね、番組の趣旨からすれば。

でも、「オネエ歌手」と紹介しておいて、肝腎の歌をフル・コーラスで聴かせてくれないなんて、私には大いに不満でした。

というわけで。

椎名さんの歌唱力をたっぷりと堪能できる動画をここでご紹介。

コミカルに演じられてはいますが、最後に披露される“一人デュエット”は、もはや名人芸の域に達しています。ぜひご覧ください。



“おかまの一生メドレー”
(2012, Live at Next Sunday, Asagaya)



こうした昭和歌謡のカヴァーだけでなく、椎名さんは癒し系のオリジナル曲のCDもリリースなさっています。

沖縄民謡調の、そのタイトル曲「太陽と空と」は、特にオススメです。単に心地良いだけでなく、癒しの力を確実に具えている、掛け値なしの名曲です。ぜひ試聴してみてください。そして気に入ったら、CDでもぜひ聴いてみてください。

椎名 竜仁 MySpace
http://www.myspace.com/shiinasong


椎名さんの MySpace では、この他にも3曲ほど試聴ができます。ヴィジュアルとのギャップに驚かれることと思いますが、それ以上に椎名さんの歌声が持つ優しい響きに、みなさんは驚かれるはずです。

しかし歌手・椎名竜仁の本質は、まさにその「優しさ」にこそあると、私は思うのです。

傷つけられる痛みを知っているがゆえの「優しさ」が、椎名さんの歌にはあふれています。

太陽と空と太陽と空と
(2007/07/25)
椎名竜仁

商品詳細を見る


あ、そうそう、ちなみに、椎名さんの MySpace のバイオグラフィーの欄に、影響を受けたアーティストとして、屋良朝友さんの名前も挙げられていたのが、私には嬉しかったです。



今回のテレビ出演は、椎名さんの歌手人生に、新たな転機をもたらすことと思います。

これからのさらなるご活躍を、大いに期待しております!



椎名竜仁さんのブログ
『上げmanゲイ・椎名竜仁のブログゥララパッパ』
http://ameblo.jp/juicekitan/



スポンサーサイト
2013.01.20 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/331-7583d8b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。