上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
日本時間の2月11日に授賞式が行なわれた、第55回グラミー賞。最多の6部門にノミネートされていたフランク・オーシャン (Frank Ocean)は、残念ながら主要3部門での受賞はならなかったものの、アルバム『チャンネル・オレンジ (channel ORANGE)』が最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞を、そしてジェイ・Z&カニエ・ウエストとのコラボレーション曲「No Church In The Wild」が最優秀ラップ/歌唱コラボレーション賞を受賞。計2部門を制しました。

おめでとうございます!

"No Church In The Wild"
(Jay-Z & Kanye West feat. Frank Ocean)

(2012)


また、フランク・オーシャンはステージ・パフォーマンスも披露しました。曲は、最優秀レコード賞にノミネートされていたシングル「シンキン・バウト・ユー (Thinkin Bout You)」ではなく、『チャンネル・オレンジ』の実質的なエンディングである「フォレスト・ガンプ (Forrest Gump)」でした。

この「フォレスト・ガンプ」は、歌われている対象が"Boy"であり、同性愛を歌っているのではないかとも言われている曲です。

そうした曲をグラミーのステージで披露したからには、アメリカのゲイ・メディアは、さぞかしこれを絶賛しているだろうと思いきや、意外にも総じて反応は今一つでした。

Is Frank Ocean's "Forrest Gump" the Greatest LGBT Grammy Performance? (AfterElton, 2013.02.11)

上のリンク先のコラムを書いたルイス・ヴァーテルさんは、フランク・オーシャンの今回のグラミーでのパフォーマンスに、かなり拍子抜けの態であるようです。

キーボードを演奏しながら歌っているフランク・オーシャンが、タイトルにも引用されているフォレスト・ガンプよろしく、あたかも走っているかのように見える仕掛けが施された、凝っているといえば凝っているステージングでしたが、しかしその仕掛けによって何かが起こるというわけではなく、淡々と進行して淡々と終了。「え? これだけ?」といった感じの物足りなさが残るパフォーマンスではありました。スタンディング・オベーションも、映像で見る限りではまばらな印象です。

グラミー側からの著作権侵害の申し立てによって、YouTube 上からは先日のグラミーの映像がどんどん削除されており、件のフランク・オーシャンのパフォーマンス映像も、すぐに削除されてしまう可能性が大ですが、いちおう埋め込んでおきます。関心のあるかたは、観られるうちに観ておいてくださいね。

"Forrest Gump"
(Live at the 2013 Grammys)


ちなみに、先のコラムの執筆者のヴァーテルさんによると、グラミーの授賞式におけるLGBTアーティストのベスト・パフォーマンスは、k.d.ラングの「コンスタント・クレイヴィング (Constant Craving)」で、最も過大評価されているのが、2001年にエミネムの「スタン (Stan)」を本人と共演したエルトン・ジョンだそうです。なるほど、確かに。


スポンサーサイト
2013.02.13 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/338-8a8e4527
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。