FC2ブログ

知れば知るほど奥の深い、ニューヨークのクィア・ラップ・シーン。その2。

前回のエントリでは、ニューヨークのボールルーム・シーンを発信源とするクィア・ラップと、そこで活躍しているラッパーで、先月末に新作ミックステープをリリースした二組のうちのひとり、Le1f(リーフ)の音源や映像を紹介しました。

そして今回は、その二組のうちのもうひとり、ケイクス・ダ・キラー (Cakes Da Killa)について書いていきます。

ケイクス・ダ・キラーは、2011年に最初のミックステープ『Easy Bake Oven EP』を発表しています。そして、Le1f の新作『Fly Zone』の配信開始と全く同日の先月(2013年1月)29日に、ケイクス・ダ・キラーも、新作ミックステープ『The Eulogy』をリリースしました。

『Easy Bake Oven EP』ジャケット
『Easy Bake Oven EP』ジャケット

『The Eulogy』ジャケット
『The Eulogy』ジャケット


『The Eulogy』からの先行シングル「Goodie Goodies」のミュージック・ビデオは、今のところはまだ制作されていないようですが、前作『Easy Bake Oven EP』の収録曲「Whistle (Beat It Up)」のオフィシャル・ミュージック・ビデオは、YouTube にて視聴が可能です。ご覧になってみてください。

"Whistle (Beat It Up)"
(2012)


というわけで、ケイクス・ダ・キラーは女装ラッパーではありませんが、前回のエントリで紹介した Le1f と同様(か、あるいはそれ以上に)、日本でいうところのオネエキャラで、ギャングスタ・ラップをパフォーマンスしています。

日本のオネエタレントのみなさんをテレビ番組で見慣れている方たちの目から見ても、ケイクス・ダ・キラーのオネエっぷりは、かなりのものである気がするのですが、こうしたスタイルを採択しているにもかかわらず、意外にもケイクス・ダ・キラーは、そのインタビューの中で、クィア・ラップについて懐疑的な発言が目立っているのが私には興味深くあります。

たとえば、今月(2013年2月)8日に『Out』誌のサイトに掲載された、『The Eulogy』の紹介記事によると、ケイクス・ダ・キラーは、「『クィア・ラップ』のトレンドがどこに向かっているのかが僕にはわからなかったし、その一部にはなりたくなかった」と発言しています。

LISTEN: Cakes Da Killa's 'Goodie Goodies' (Out Magazine, 2013.02.08)

また、前回のエントリからリンクを張っている Pitchfork.com の記事によると、ケイクス・ダ・キラーは Le1f やその他のクィア・ラップの先人たちに畏敬の念を抱いてはいるのですが、しかしその一方で、ゲイのラッパーであるというだけで、彼らの二番煎じ、後追いだと思われてしまうことを、非常に嫌がり、怖れているんですね。

(註:Le1f がラッパーとしてデビューしたのは、ケイクス・ダ・キラーよりも後のことですが、すでにそれ以前から Le1f はプロデューサーとしてクィア・ラップ・シーンではよく知られた存在でした)

これらのインタビュー記事を読むかぎりでは、ケイクス・ダ・キラーというアーティストは、ゲイであることにはオープンである一方で、自分がオープンリー・ゲイのラッパーであることや、そうであり続けることについては、迷いとか怖れのような感情がある、という印象です。

『Easy Bake Oven EP』のダウンロードは、下の URL からどうぞ。
http://downtownmayhem.com/DTMRecords.html


『The Eulogy』のダウンロードは、下の URL からどうぞ。
http://mishkanyc.bandcamp.com/album/the-eulogy




さて、私は前回のエントリで、ニューヨーク・クィア・ラップが現地ではどのように受容されているのかが、インターネットによるリサーチだけではわかりづらい、と書きました。

その感触に、依然として変化はないのですが、先に紹介した YouTube の「Whistle (Beat It Up)」のコメント欄に、興味深い投稿がありました。


それによると、異性愛女性を自称するユーザーさんが、「LGBT コミュニティが彼(ケイクス・ダ・キラー)のことを知らないだなんて恥ずべきことだ」と仰っているのです。

これを見て、ニューヨーク・クィア・ラップの実際の受容の様子が、ほんの少しだけ、垣間見えたような気がしました。

そのコメントにあるとおり、確かにネット上にあるクィア・ラップについてのレビュー記事の大半は、ゲイ・メディアからのものではなく、ヒップホップ系のメディアからのものなんですよね。

とはいえ、私が Le1f やケイクス・ダ・キラーの存在を知ったのは、ゲイ・マガジン『Out』誌のサイトの記事がきっかけではあるんですが。

しかし、『Out』誌以外のアメリカのゲイ・メディアによるクィア・ラップの記事は、確かにほとんど見かけないんですよね。



私は以前、ゲイのヒップホップ・アーティストの音楽活動を紹介している GAYHIPHOP.COM というサイトを、Queer Music Experience.で紹介したことがありました。

その GAYHIPHOP.COM のライターでもあった UK のゲイ・ラッパー、QBoy が、イギリスのゲイ雑誌『Gay Times』の2003年1月のインタヴューで、GAYHIPHOP.COM について述べていた言葉があります。それをここでもう一度改めて紹介させていただきます。

「(GAYHIPHOP.COM とは)ヒップ・ホップとアーバン・カルチャーの好きなゲイの男女が集まることのできる場所なんだ。彼らは、決まりきったゲイのステレオタイプには当てはまらないせいで、ゲイ・コミュニティからは避けられてるし、好んで聴いているアーバン・ミュージックがホモフォビアを含んでいるせいで、閉め出されてもいる。(中略)主流のゲイ・カルチャーこそが、狭量とか無理解のもとなんだ。同性愛者仲間のラップフォビアは、ホモフォビアよりももっと大きな衝撃を、その場で俺に加えてくるんだよ」


※ GAYHIPHOP.COM は、以前ほど活発ではないものの、サイトを Facebook に移行して、現在でも継続しています。
https://www.facebook.com/PEACEOUTUK/

どうやら、ヒップホップの同性愛嫌悪というのは、実は一方的なものではなく、相互的なもの――つまり、ゲイ・カルチャーとヒップホップ・カルチャーは、お互いに嫌悪し合っている――というのが、実際のところであるようです。

そして、Le1f やケイクス・ダ・キラーのようなクィア・ラップが、アメリカのゲイ・メディアではそれほど大きくは取り上げられていないのは、ゲイ・カルチャーによるヒップホップ嫌悪が、依然として続いていることの表れなのかもしれません。

そして。

『Out』誌による紹介記事も含め、クィア・ラップについて書かれたネット上の記事をざっと読んだ限りでは、主流のゲイ・カルチャーにも受け入れられているフランク・オーシャンは、ニューヨークのクィア・ラッパーたちにとっては、敬意を払う対象であるよりは、むしろ批判とか揶揄の対象となっているような雰囲気です。



主流のゲイ・カルチャーとクィア・ラップが相容れていないのであれば、いったいどのような層が、クィア・ラップを支持しているのか。

日本からインターネットでつまみ食いをしているだけの私には、少々把握の難しいテーマであり、だからこそ私は、ニューヨーク・クィア・ラップが気になってしかたがないのです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント