上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
以前のサーバが使用できなくなったために、長らく公開を休止していた、このブログの親サイトである、元祖 Queer Music Experience.ですが、この度、サーバを移転して、公開を再開しました。



Queer Music Experience.の新しい URL は、こちらとなります。

http://queermusicexperience.web.fc2.com/




デザイン、内容などに、以前からの大きな変更はありません。唯一の大きな変更点は、クイアー・ミュージックの定義について記した"What's Queer Music?"を大幅に加筆して、公開休止前にはまえがきとしていた"about this site."に代えて、これを新たなまえがきとしています。

大幅に加筆したとはいっても、そこに記していたクイアー・ミュージックの定義が変わったわけではありません。趣旨は以前のままです。



外部サイトへのリンク切れも多々発生してはいますが、あえてそのままにしておくことにしました。

特に、"Queer Music Bookmarks."のコンテンツで紹介している数々のゲイ・ミュージック関連サイトは、その多くが現在では姿を消しており、特に日本のサイトは、一つ残らず消えてしまっています。

なので、Queer Music Experience.本編の再開にあたっては、この"Queer Music Bookmarks."のコンテンツ自体をなくしてしまおうかとも最初は考えたのですが、そうするとそれらのサイトが存在していたという「痕跡」も、ネット上からは消えてしまうことになります。

しかし、本来この Queer Music Experience.は、ゲイ・ミュージックについての記録を残すということを目的に開設したサイトのはずなので、外部サイトへのリンク切れも、それらのゲイ・ミュージック関連サイトの「痕跡」を残しておくという趣旨で、あえてそのままにしておくことにしました。



それから、"Queer Musicians."のコンテンツですが、そこに掲載しているすべてのバイオグラフィーを、一度に最新のものに更新するのは、私一人の作業量を明らかに超えているので、これは随時更新していきます。ご理解ください。

それと、"Queer Music Review."のコンテンツは、ゲイ・ミュージック関連の記録を残すという趣旨から、その内容には全く手を加えていません。



というわけで、やっと再開することができた Queer Music Experience.本編。

現在はこちらのブログのほうが更新の中心となっていますが、親サイトである Queer Music Experience.本編のほうも、時々は覗いていただけると嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト
2013.06.07 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/346-a0f243a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。