上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 このブログでは、2007年から2008年にかけての一時期、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストについて集中的に書いた時期がありました。

※当ブログのユーロヴィジョンについてのカテゴリはこちらです。

 今回のエントリでは、そのユーロヴィジョン・ソング・コンテストに関する話題について、久々に書いていきます。

 来年(2014年)にデンマークのコペンハーゲンにて開催されるユーロヴィジョン・ソング・コンテストの、オーストリア代表に選ばれているのが、漆黒のラウンド髭をたくわえたドラァグ・クイーンの、コンチータ・ヴルスト (Conchita Wurst)です。

 ユーロヴィジョンにドラァグ・クイーンのシンガーが登場するのは、これが初めてではありません。髭を生やしたドラァグ・クイーンのシンガーも、既にブルガリアのアジスや、スペインのラ・シェールといった例を、このブログで紹介しています。

※当ブログのアジスについてのカテゴリはこちら

※スペインの髭付きドラァグ・シンガーのラ・シェールを紹介した当ブログのエントリはこちら

 そんなわけで、私にとっては、ユーロヴィジョンに出演する髭付きドラァグ・クイーン・シンガーというのは、これといって珍しくも目新しくもなく、むしろ見慣れていてもおかしくないくらいのはずなんですが、それにもかかわらず、コンチータ・ヴルストのアーティスト写真を初めて見たときには、かなりのインパクトを受けました。

コンチータ・ヴルスト1

コンチータ・ヴルスト2


 このコンチータ・ヴルストのヴィジュアルは、かつては日本にも存在していたゲイ・インディーズ・シーンの黎明期に大活躍をなさっていた Fiction Mitz さんの、髭を生やした時の顔にそっくりだったので、個人的にはかなりウケました。

Fiction Mitz バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

2001年8月25日の
東京レズビアン&ゲイパレード2001前日祭 GLORY
(東京・代々木公園イベント広場)に
出演した時の Fiction Mitz
Fiction Mitz


 まあ、それはそうとして。

 このコンチータ・ヴルストに限らず、髭付きのドラァグ・シンガーというのは、その強烈なヴィジュアルゆえに、どうしても色モノのように思われがちなんですが、ブルガリアのアジスがそうであったように、コンチータ・ヴルストもまた、ユーロヴィジョンのオーストリア代表に選出されたがために、ホモフォビアの人々から政治的な圧力を加えられているそうなんです。

 そうした事態に至るまでのコンチータ・ヴルストのキャリアの変遷については、親サイトの Queer Music Experience.に、新しくコンチータ・ヴルストのバイオグラフィーをまとめたので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

コンチータ・ヴルスト バイオグラフィー(Queer Music Experience.)

 さて、上にリンクしたバイオグラフィーにも記していますが、先月(2013年10月)に ORF(オーストリア放送協会)が、ユーロヴィジョンの2014年度のオーストリア代表にコンチータ・ヴルストを選出したという、その決定に反発する声が、国内外から挙がっているそうなのです。

 参照した記事は、こちら。

Bearded Drag Queen Sparks Eurovision Uproar (Radio Free Europe/Radio Liberty, 2013.11.12)

 この Radio Free Europe/Radio Liberty の記事で書かれている内容について、Queer Music Experience.に掲載したバイオグラフィーに書いたよりももう少し詳しく、ここでは紹介していきます。

 まず、オーストリア国内では、コンチータ・ヴルストが代表に決まったという発表があったその数日後に、フェイスブック上にアンチ・コンチータ・ヴルストのページが作成され、「いいね!」の数が40,000を超えたそうです。

 また、そうした反発の声は、オーストリア国内だけには留まらず、ベラルーシからも挙がっているそうなんです。Radio Free Europe/Radio Liberty の記事によると、ベラルーシでは、来年度のユーロヴィジョンのコンチータ・ヴルストの出演場面を放送禁止にするよう、2,000人が署名した請願書が、ベラルーシの情報省に提出されたそうなんです。その請願書の中では、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストは「男色の温床」と化した、などと記されているそうです。

 確かにゲイゲイしいのはその通りなんだけど、「男色の温床」って……。

 この署名運動の中心人物である、アルチョーム・キラショウの発言も、Radio Free Europe/Radio Liberty の記事の中では紹介されています。それによるとキラショウは、ドラァグ・クイーンを見ると身体の調子が悪くなる、とまで述べているそうです。

 ……絵に描いたように典型的なホモフォビアです。

 加えて、キラショウは次のようにも述べています。

 曰く、コンチータ・ヴルストをオーストリア代表としたユーロヴィジョン側の決定は、ヨーロッパのリベラル派が、自分たちの価値観をベラルーシやロシアにも押し付けようとするものだ、と。

 ……コンチータ・ヴルストのユーロヴィジョン出場が、リベラル派の価値観の押し付けであるとするならば、他国のアーティストであるコンチータ・ヴルストを排斥しようとするキラショウの言動もまた、保守派からの価値観の押し付けに他ならないんじゃないの?

 ――と、いうのが私個人の印象です。

 そして、このキラショウの発言の中には、ベラルーシだけではなくロシアの国名も挙げられているというところが、実は今回の騒動の肝である、と私は考えます。

 2013年の今年は、アメリカの各州で同性婚の合法化がどんどん進んでいます。その一方で、ロシアでは同性愛宣伝禁止法が6月に成立しました。アメリカやイギリスといった国々のLGBT関連のニュース・サイトを見ていると、当然のことながらそうしたロシアの決定を批判する言説が溢れているので、あたかもロシアがこの問題に関しては世界的に孤立を深めていっているかのような錯覚を起こしてしまいそうになるんですが、事実はおそらく逆で、性的少数者を排斥するこうした動きは、どうやらロシアだけには留まらず、かつての旧共産圏の国々にも広がっていっているようなんです。

 コンチータ・ヴルストをユーロヴィジョンから排斥しようとしているアルチョーム・キラショウの発言の中に、ロシアの国名が出てきているのは、今回の件がロシアにおける同性愛宣伝禁止法の成立とは決して無関係ではないということを、端的に示しているように、私は感じます。

 先にもちょこっと述べましたが、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストは、世界で最もゲイゲイしい音楽の祭典としても、非常に有名です。今回のエントリの始めのほうにも書いているように、ユーロヴィジョンにドラァグ・クイーンが出演するのはなにも今回が初めてではないし、MtF (Male to Female)のトランスセクシュアルのシンガーであるイスラエルのダナ・インターナショナルが1998年に優勝してからは特に、さまざまな個性を持ったオープンリーのLGBTのアーティストが、ユーロヴィジョンのステージには登場してきました。

 初めてダナ・インターナショナルがイスラエル代表に決定したとき、ユダヤ教の原理主義者の人々は「この選考結果は、イスラエルの音楽を地に落とすものだ」として、ダナを激しく攻撃しました。それと似たようなことが、2013年の現在でも、未だに世界では起こっている、ということなんです。

ダナ・インターナショナル バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 しかし。

 こうした圧力に、ダナ・インターナショナルが決して屈しなかったのと同じように、コンチータ・ヴルストもまた、毅然とした態度を貫いています。

 コンチータ・ヴルストの公式サイトを開くと、トップ・ページには"Tolerance"の文字が、大きく掲げられています。彼女のテーマは、マイノリティへの「寛容」を訴えることなんです。

コンチータ・ヴルスト公式サイト

 彼女は、Radio Free Europe/Radio Liberty の記事によると、次のように語っています。

「(国内外からの反発の声について)大して気にはしていないわ。私はネガティヴなものと戦うよりも、ポジティヴなもののために戦うというスタンスなの。」

「私のファンではないという人と、実際に会って話をしてみると、本当は良い人なんですねって言われることがよくあるのよ。そんな時にはこう思うの。『そうよ、それこそが肝腎な点なのよ!』って。ファサードの陰に隠れているものをこそ、みんなは見るように努めなくちゃ。」

「ロシアでは怖ろしいことが起きているわ。21世紀の世にあってはならない、人権の蹂躙よ。歴史的に鑑みても、こんなことはあってはならないわ。本当に大きな問題よ。」


「寛容」の伝道者、コンチータ・ヴルストが、来年度のユーロヴィジョンで素晴らしい成績を収めてくれることを、私は心から願います。



 それでは最後に、オーストリアのヒット・チャートで最高12位を記録した、コンチータ・ヴルストの2012年のシングル曲「That's What I Am」をぜひお聴きください。2012年度のユーロヴィジョン国内予選でのライヴ映像です。

"That's What I Am"
(Live on "Eurovision 2012 - Austria", 2012)




スポンサーサイト
2013.11.14 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/352-a099e915
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。