上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 やったよ! やってくれましたよ!

 当ブログの昨年(2013年)11月14日付の記事で紹介した、今年度(2014年)のユーロヴィジョン・ソング・コンテストのオーストリア代表、ドラァグ・クイーン・シンガーのコンチータ・ヴルスト (Conchita Wurst)が、5月10日の夜(日本時間の11日未明)にデンマークのコペンハーゲンにて開催された決勝で、見事、優勝を果たしました!

コンチータ、おめでとう!!


コンチータ・ヴルスト バイオグラフィー (Queer Music Experience.)←新しい情報を書き加えてあります。

コンチータ・ヴルスト
(画像は Attitude Magazine 公式サイトの記事から)


Austria’s Conchita Wurst wins Eurovision Song Contest (Attitude Magazine, 2014.05.11)

Conchita wins Eurovision (Gay Star News, 2014.05.11)

 コンチータ・ヴルスト優勝のニュースは、ここ日本の大手メディアでも報じられました。

オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭ユーロビジョン(AFPBBNews, 2014.05.11)

(この AFP やロイターの日本語記事、さらにはフジテレビ系列で5月17日に放映された『世界 HOT ジャーナル』などといった、大手メディアによる日本での報道の大半は、コンチータ・ヴルストの名前を、英語読みの「ウルスト」と表記・発音しています。私に確認できた範囲内での例外は TVK テレビ[テレビ神奈川]で、この局で毎週水曜日に放送されている『Billboard TOP40』の5月14日放送分では、VJ の中村真理さんが、コンチータのことを「コンチータ・ヴルスト」と、ドイツ語読みで紹介なさっていました。)



 さて。

 この記事の冒頭でリンクを張った、当ブログの昨年11月14日付の記事の中でも触れているように、昨年の10月、コンチータ・ヴルストがユーロヴィジョンのオーストリア代表に決定した直後には、Facebook 上にアンチ・コンチータ・ヴルストのページが作成され、「いいね!」の数が40,000を超えるという騒動が起こりました。

 また、ベラルーシでは、ユーロヴィジョン本選でのコンチータ・ヴルストの出演場面を放送禁止にするよう、2,000人が署名したという請願書が、ベラルーシの情報省に提出されるという事態も起こりました。

 これらの反発は、いずれも彼女がトランスヴェスタイト(異性装)のゲイであるという、たったそれだけの理由からでした。

 特に、ベラルーシでの署名運動の中心人物の一人であったアルチョーム・キラショウなどは、その同性愛嫌悪を全く隠そうともしていませんでした。露骨なまでの嫌悪ぶりを、キラショウは、マス・メディアを通じて、全世界に向けて発信していました。

 こうした騒動があったことから、コンチータ・ヴルストの存在は、今大会の大きな話題の一つとなっていました。そして、5月8日のセミ・ファイナル前に開かれた記者会見の様子は、日本のマス・メディアでも報じられました。

「ひげ面の女装歌手」が話題独占、欧州歌謡祭(AFPBBNews, 2014.05.09)

 同じく5月8日付で、イギリスのメジャー・ゲイ雑誌『Attitude』誌のサイトに掲載された記事の中では、コンチータは、「どうして女装姿なのに髭を生やしているのか」という質問に、次のように答えています。

「生きたいように生きる、ということに大いに関わりがあるの。つまり、もしも髭を生やした女性になりたいのなら、なればいいじゃない、っていうことなのよ。」

「たぶん、大衆はよく理解してくれてるんだわ。好きになってくれる必要はないの。ただ受け入れてくれればそれでいいのよ。」

「ゲイの人たちについても同じことが言えるの。ゲイの人たちがすぐそこにもいるんだっていう事実を好ましく思う必要はないんだけれど、自分たちとは違ってしまっている人たちだっていて、そんな彼らも幸福な人生を送るべきなんだっていうことは、受け入れなくちゃいけないのよ。」


 そしてコンチータは、このようにも語っています。


「幼いころは、とっても平穏だったわ。でも、十代になってからが厳しかった。小さなゲイの男の子が、小さな村で大きくなっていくのは、生易しいことではないの。私はでき得る限り、型に嵌まろうとした。ゲイであることを隠すのを強いられたのよ。幸せな生活を送りたくて、思いつく限りのありとあらゆる方法で、自分を変えたわ。そんな私がいったいどんな気持ちでいたかなんて、誰一人として知らないことだった。」

「最終的に、私にはファビュラスな生き方こそがふさわしいという結論に行き着いたの。そうして私はカム・アウトした。そんな私からのアドヴァイスは、誰かを傷つけない限りは、やりたいことは何だってやりなさい、ということよ。」


Eurovision’s Conchita Wurst: ‘People should accept diversity’(Attitude Magazine, 2014.05.08)

 このように語ったコンチータが、かねてからの悲願だったユーロヴィジョンのステージで披露した、「Rise Like A Phoenix」。そのパフォーマンスは、まさに彼女のファビュラスな生き方そのもの。

 5月8日に行なわれたセミ・ファイナルでのパフォーマンスの直後には、ゲイ向けニュース・サイトの Gay Star News の Twitter 公式アカウントが、“A new gay anthem is born. Rise like a Phoenix.”というツイートを投稿しました。まさにそのとおりだと、私も思います。

 そして、5月10日の夜に行なわれたファイナルで、コンチータ・ヴルストは見事に優勝。2位のオランダに290ポイントの大差をつける圧勝でした。

 そのパフォーマンスを、みなさんもぜひご覧ください。

"Rise Like A Phoenix"
(Live on Eurovision Song Contest 2014 Grand Final)




 ところで、今回のコンチータ・ヴルストの優勝は、1998年のユーロヴィジョンでイスラエル代表として参加して優勝した、MtF (Male to Female) のトランスセクシュアルのシンガー、ダナ・インターナショナルと、多くの点で重なるものがあります。

ダナ・インターナショナル バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 ダナ・インターナショナルも、そしてコンチータ・ヴルストも、ユーロヴィジョン本選への出場こそが、長年の悲願でした。彼女たちは、ユーロヴィジョンの国内予選のオーディション番組に幾度もチャレンジしましたが、しかし、いずれも惜しいところで敗退していました。そんな彼女たちが、ユーロヴィジョン本選への切符を手にすることができたのは、いずれの場合も、代表選考の方法が、テレビ局での内部選考に変更になったことがきっかけでした。

 そして、その選考結果に対して、彼女たちがセクシュアル・マイノリティであることを理由に、反発の声が国内外から大きく挙がったことも、やはり二人のあいだには共通しています。

 そうした反発の声が、しかし結果としては大きな話題を呼び、本選開催直前に開かれた彼女たちの記者会見には、世界各国から大勢の記者たちが詰めかけたのも、これまた共通しています。

 そして、彼女たちが優勝を決めた直後のコメントは、いずれの場合も、彼女たちに圧力を加え続けた人々へと向けられた「勝利宣言」であったこともまた、二人のあいだの共通点であると思います。

 ダナ・インターナショナルは、優勝を決めた直後、彼女を攻撃し続けてきたユダヤ原理主義者の人々に向けて、「私は皆さんを許します。私の勝利は、私が神と共にあることを証明してくれました。私は彼らに、許しのメッセージを送りたい。そして、こう言いたい。『私を受け入れてください。私のような人生を、私がしたような選択を、理解するように努めてください』と。私の姿は、私が神を信じていないことを表しているのではなく、私はユダヤの一員ではない、ということなのです。」と述べました。

 そして、コンチータ・ヴルストは、上にリンクを張った AFPBBNews の記事に拠ると、次のように述べたそうです。


「(ロシアのプーチン)大統領がこれを見ているかわからないけれど、見ているとすれば、これではっきりしましたね。私たちを止めることはできません」


 これだけ重なり合う部分の多いダナ・インターナショナルとコンチータ・ヴルストですが、しかしダナは MtF (Male to Female) のトランスセクシュアルであり、コンチータはトランスヴェスタイト(異性装)のゲイ男性です。

 つまり、彼女たちの性のあり方は、それぞれ大きく異なっています。

 しかし、コンチータ優勝を伝える日本での報道の内容を見ていると、どうも日本の大手マス・メディアは、コンチータの性のあり方を、決して正確には理解していないように感じられるのですよね。

 おそらくは、セクシュアル・マイノリティではない、非当事者のかたたちにとっては、レズビアンやゲイ、バイセクシュアルと、それからトランスジェンダーとのあいだにある違いが、なかなか理解しづらいのかもしれません。特に日本では、MtF のトランスセクシュアルのテレビ・タレントとトランスヴェスタイトのゲイ男性のテレビ・タレントを一括りにして「オネエ系」と呼ぶカテゴライズが完全に定着してしまっているので、性の多様性についてのマス・メディアからの理解の不足の傾向が、より顕著であるように感じます。

 フジテレビ系列では、毎週土曜日の午前に放送されている『世界 HOT ジャーナル』の5月17日放送分で、番組冒頭の約10分間を割いて、コンチータ・ヴルストのユーロヴィジョン優勝の話題が伝えられました。(この番組でも、やはりコンチータの名前は英語読みの「コンチータ・ウルスト」と紹介されていましたが、コメンテーターの木村太郎さんは、「ウルストはヴルストで、ドイツ語でソーセージという意味。このような名前をつけたことにもちゃんと意味がある」とコメントなさっていました。)

 この番組では、コンチータのヴィジュアルだけを面白おかしく取り上げて話題にしていたのではなく、ロシアの同性愛宣伝禁止法についても触れ、そのようなロシアのマス・メディアがコンチータの優勝に意義を唱えていることや、そうした同性愛差別にコンチータが毅然とした態度で立ち向かっていることなども、きちんと伝えてくれていました。

 だからこそ、非常に残念だったのは、この『世界 HOT ジャーナル』の5月17日放送分では、コンチータのことを、性同一性障害である、と伝えていたことだったんですね。

 それは事実とは異なっています。

 上にリンクを張った Gay Star News の記事の本文中にも“Behind the makeup is gay singer, Tom Neuwirth, who describes himself as a man and Wurst as a character he plays.”と記載されているように、コンチータ・ヴルストは、トランスヴェスタイト(異性装)のゲイ男性であり、したがって、コンチータの性自認は、女性ではなくて男性です。

 男性の性自認を持つコンチータのことを、私が「彼女」と書いているのは、彼女が性同一性障害だからではなく、かつてコンチータがインタヴューの中で、「『彼』と呼ばれるよりも『彼女』と呼ばれるほうが好ましい」と述べていたので、それに従っているまでです。コンチータのことを MtF のトランスセクシュアルだと誤解して「彼女」と書いているのではありません。

 ところが。

 5月17日放送の『世界 HOT ジャーナル』では、コンチータのことを性同一性障害だと紹介し、しかも同時に、「同性愛者」「女装パフォーマー」とも紹介していたんですね。

 これというのは、おそらくはVTRを制作したスタッフのかたがたの単なるリサーチ不足かもしれないし、あるいは MtF のトランスセクシュアルと、トランスヴェスタイトのゲイ男性の違いを、制作スタッフのかたがたが理解し切れていないことから生じた混同であるかもしれません。

 もちろん、MtF や FtM のかたにも、同性愛のかたはいらっしゃいます。だから、性同一性障害であると同時に同性愛者であり女装パフォーマーでもあるというケースも、十二分にあり得ます。しかし、コンチータの場合は、明らかにそうではないんですね。これまでコンチータについて報じられてきた英文記事をきちんとリサーチしていれば、彼女がトランスヴェスタイトのゲイ男性であることは、容易に知り得たはずなんです。そして、それらの英文記事の中には、コンチータを性同一性障害だとする記述は、一切なかったはずです。

 にもかかわらず。

 コンチータのことを性同一性障害だと紹介し、同時に「同性愛者」「女装パフォーマー」とも紹介していた『世界 HOT ジャーナル』のVTR制作スタッフのかたがたは、女装のゲイ=性同一性障害、という認識でいらっしゃったのではないか。そういう気がします。

 そして、もしもそうであるならば、これは先にも述べたように、昨今のオネエ系タレント・ブームの功罪の、罪の部分の表れなのかもしれないなあ、という気がするのですよね。

 とはいえ、もちろんこれは、あくまでも私個人の憶測です。だから、本当のところはわかりません。

 しかし、いずれにせよ、5月17日放送分の『世界 HOT ジャーナル』におけるコンチータの性的指向の紹介で、実際とは異なる内容が放送されていたこと自体は、これは私個人の憶測などではなくて事実です。

 コンチータ・ヴルストがユーロヴィジョン出演を通じて全世界へと発信したメッセージの内容は、同性愛者の存在の受容です。しかし、実際にユーロヴィジョンがテレビ放映されている国ならばともかく、そうではない日本では、コンチータの発信したメッセージの内容は、テレビ・ラジオ・新聞などの大手マス・メディアが、それをどのように伝えているのかによって、そのメッセージの及ぼし得る影響力が、左右されてしまいます。場合によっては、バイアスすらかかってしまう可能性がある。

『世界 HOT ジャーナル』は、コンチータの発信したメッセージを決して歪めることなく伝えてくれてはいました。その点は非常に素晴らしいとは思うのですが、しかし、性の多様性というものへの理解が、大手マス・メディアのあいだでも、実はまだまだ不充分であるということが、端的に表れ出ていたように、私には感じられました。

 アメリカや西欧の国々に比べると、日本のマス・メディアは、この点については、明らかに一歩も二歩も立ち遅れていると思います。



 まあ、それはそうとして。

 今回のユーロヴィジョン優勝によって、コンチータ・ヴルストの人気は、ついに英語圏にまで拡大しました。イギリスのメジャー・ゲイ雑誌『Attitude』誌のサイトに5月18日付で掲載された記事に拠ると、同日付の全英の公式の Top40に、コンチータ・ヴルストの「Rise Like A Phoenix」が、17位に初登場したそうです。

Eurovision champ Conchita Wurst makes UK chart debut (Attitude Magazine, 2014.05.18)

 今回のコンチータ・ヴルストのユーロヴィジョン優勝は、世界のLGBTカルチャー史に残る、実に大きな出来事だったと思います。

 私は以前、このブログで、AfterElton.com が選ぶゲイ男性ミュージシャン Top 50のリストを紹介したことがありました。

AfterElton.com が選ぶ、ゲイ男性ミュージシャン Top 50(2011年2月14日掲載)

 もしも、2014年5月の現時点で、このリストを更新するとしたら、まず間違いなく、コンチータ・ヴルストの名前もランク・インするはずです。

 オープンリー・ゲイのミュージシャンとしてのコンチータの影響力は、今後もますます強まっていくはずです。

 現在、世界で最も輝いているオープンリー・ゲイのミュージシャン、それはコンチータ・ヴルストでしょう。私はそう思います。


スポンサーサイト
2014.05.21 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/366-fcea5289
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。