上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
 昨年(2013年)にイギリスでブレイクを果たして以降、既に3曲のシングルが全英チャートの No.1に輝いている、現在大躍進中のブルー・アイド・ソウル・シンガー、サム・スミス (Sam Smith)

 そのサム・スミスの性的指向が、かねてから英米のゲイ・メディアでは、話題になっていました。

サム・スミス


 5月22日には、彼の最新のミュージック・ヴィデオ「Leave Your Lover」が、YouTube で公開されたのですが、その内容には男性同性愛の要素があり、公開開始の翌日には、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌のサイトに、サム・スミスの性的指向を憶測する記事が掲載されました。

 その記事が、こちら。

 ※Did Sam Smith Come Out in His Latest Video? (Out Magazine, 2014.05.23)

 この記事の中で、憶測の根拠として挙げられていたのは、彼がその交際関係を常に曖昧にしていることと、『The New York Times』紙からのインタヴューに答える中で、ビヨンセやホイットニー・ヒューストンといったディーヴァたちや、ジョージ・マイケル、エルトン・ジョンといったアーティストたちが好きだと語っていたこと、などでした。

 そして、この記事は、最後には、“Is this Smith’s subtly not-so-subtle way of coming out? Or just a tease to get us riled up?”という一文で締めくくられていました。

 私個人としては、こうした性的指向の憶測報道は、それが異性愛者側からのものであれ、LGBT側からのものであれ、好ましいとは思っていません。

 同性愛の指向を、あくまでも仄めかし程度に留めておいて、わざと曖昧にするという表現方法も、それはそれで、性的指向について表現者としてどのようなスタンスをとるかという表明の、一つの形なのだから、オーディエンスはそれをそのまま受け止めればいいというだけの話であって、少なくともマス・メディアが一喜一憂する必要はないと思っています。

 だから、サムのように、性的指向を曖昧にしているアーティストに対して、「白か黒かハッキリしろ」と、マス・メディアが苛つくのは、それがたとえ『Out』誌のようなゲイ・メディアであっても、大きなお世話でしかないと、理屈の上では思います。

 とはいうものの、サム・スミスがゲイであったとして、彼のように今が旬のアーティストが、ゲイであることをカミング・アウトしてくれたら、と期待する気持ちが、私の中にあったのも、また事実でした。

 だから私は、『Out』誌の記事が出て以降は、サムの性的指向にも個人的には関心を寄せていました。

 そして、5月26日、サム・スミスの待望のデビュー・アルバム『In the Lonely Hour』が、ついにリリースされました。

サム・スミス『In The Lonely Hour』ジャケット


 その『In the Lonely Hour』のリリースから2日後の5月28日、サムは、アメリカの音楽誌『The FADER』からのインタヴューに応えて、このアルバムは、彼自身の報われなかった男性との恋愛体験にインスパイアされたものであるということを、明らかにしました。

 『The FADER』誌のインタヴューの全文は、こちら。

 ※Cover Story: Sam Smith Opens up About Life and Love (The FADER, 2014.05.28)

 この話題は、当然のことながら、英米の複数のゲイ向けニュース・サイトでも取り上げられました。本国イギリスのメジャー・ゲイ雑誌『Gay Times Magazine』は、このサム・スミスのインタヴューを、「彼が、自身の性的指向について公に語ったのは、これが初めてのことではないか」と評しました。そして、アメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌のサイトは、この話題に、“Sam Smith Comes Out”と、実に断定的な見出しをつけています。

 ※Sam Smith talks of love for another man (Gay Times Magazine, 2014.05.28)

 ※Sam Smith: ‘Album was inspired by unrequited love for a man’ (Attitude Magazine, 2014.05.28)

 ※Sam Smith Comes Out (Out Magazine, 2014.05.28)

 これらの記事の元になっている『The FADER』誌のインタヴューの中で、サムは次のように語っています。

“僕はこれまで、誰かと付き合ったことがない。僕からの愛には応えてもらえない、報われない関係ばかりを続けてきているんだ。そういうものに惹きつけられてしまう良くない傾向が、僕にはあるのかもしれないね。『In the Lonely Hour』は、僕が去年、恋に落ちた男性についてのもので、僕からの愛に、彼は応えてくれなかった。今ではそれを乗り越えられたとは思うけれど、僕は真暗闇の中にいたんだよ。あんなにも愛を感じたことはなかったというのに、それでいて僕は、ずっと孤独を感じていた。良くないことだと思うよ。それはいったい苦しみなのか幸福なのか、とにかく強い感情だった。”

“僕は、自分自身のことについて不安はない。その点で、僕の人生は素晴らしいと言えるね。僕には何の不安もないし、すべてに満足している。ちょうど彼のことについて話をしたかったところだったんだ。だからこうして話をした。これは男性についての話なんだってことを、知っておいてもらいたかった――そこのところを、はっきりとさせておきたかった。”


 そして、マス・メディアが彼の性的指向を憶測していることについては、次のように語っています。

“これは正常なことなんだっていうのを、わかってもらいたい。だって、大した問題じゃないんだからね。この手の質問を、ストレートの人たちが投げかけられることなんてないんだし。僕は、このアルバムを作るのには気を遣ったよ。だって、ありとあらゆる人に僕の音楽を聴いてもらうことも、僕にとっては重要なんだからね。僕の音楽は、どんなことでも歌うし、どんな人についても歌う。男性のことも、女性のことも、山羊のことを歌うことだってあり得る。だから、それが音楽の形をとって表されている限りにおいては、こんなふうに熱を込めて私生活のことを語ったりはしないよ。”


 このインタヴューを読むと、実はサム・スミスは、「僕はゲイだ、同性愛者だ」と、必ずしも断定的には言い切っていないんですよね。

 厳密には、ゲイ/バイ男性と MSM (Men who have sex with Men) は、必ずしもイコールではありません。しかも、サムはインタヴューの中では男性との性交渉の有無については一切触れていないので、だからこそ本国イギリスの『Gay Times Magazine』誌や『Attitude』誌は、このインタヴュー内容を、サムがカミング・アウトしたという形では報じていないのだ、と私は考えているのですが、しかしアメリカのメジャー・ゲイ雑誌『Out』誌の記事は、既に出だしの一文からキッパリと、“Pop sensation Sam Smith has come out as gay.”と言い切ってしまっています。

 いずれにせよ、彼が同性への恋愛感情を自ら積極的に語ったこと自体は紛れもない事実で、そのことについて彼が「僕には何の不安もないし、すべてに満足している」と述べていることを、『Gay Times Magazine』誌は、非常に喜ばしいことだ、と書いています。

 というわけで。

 このブログの親サイトの Queer Music Experience.に、サム・スミスのバイオグラフィーを、新しく掲載しました。彼のこれまでのヒット曲については、ぜひこちらを参照なさってみてください。

サム・スミス バイオグラフィー (Queer Music Experience.)

 ちなみに、現在アメリカでは、昨年に全英で No.1を記録した「La La La」が、今まさにヒット中です。また、彼の事実上のデビュー曲である、2012年のヒット・シングル「Latch」も、おそらくは本国イギリスでの彼の人気の高さを受けてのことなのか、Top40内にランク・インしてきました。

 このように、現在のサム・スミスは、いよいよアメリカでもブレイクする兆しを見せています。それに伴って、彼の人気は、さらに世界的なものになっていくことと思います。

“Leave Your Lover”
(2014)




スポンサーサイト
2014.05.30 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/368-9e277c6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。