上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
LGBT の K-Pop アーティストというと、2001年に「Temptation」でデビューした、MtF のトランスジェンダーのシンガー、ハリスと、彼女の成功を受けて2005年にデビューした、韓国初のトランスジェンダーのガール・グループ、レディの例があります。

ハリス バイオグラフィー(Queer Music Experience., 2007.02.06)

レディ バイオグラフィー(Queer Music Experience., 2007.02.06)

そして2017年、いよいよ K-Pop シーンにも、オープンリー・ゲイのアーティストが登場する予定であることが報じられました。

4月7日に、男性向けの美容情報を中心としたニュース・サイト、Very Good Light に、「Meet the first openly gay Kpop star」という見出しの記事が掲載されました。

Meet the first openly gay Kpop star (Very Good Light, 2017.04.07)

この記事によると、マーシャル・バン(Marshall Bang)という、オープンリー・ゲイの R&B シンガーが、今年度中にも K-Pop シーンにデビューする予定なのだそうです。

この Very Good Light の記事には、マーシャル自身による書き下ろしの長大なライフ・ストーリーも、併せて掲載されています。

そして、Very Good Light の記事が出た翌日には、韓国のエンタテインメント・ニュース・サイト Koreaboo も、マーシャル・バンのソロ・デビューと、K-Pop 初のオープンリー・ゲイのアーティストの誕生を報じました。

Koreaboo の記事は、前日の Very Good Light の記事と、2015年8月27日付でソウルのタウン情報サイト TimeOut Seoul のブログに掲載されたインタヴュー記事を参照して書かれたものです。

Marshall Bang soon to be South Korea’s first openly gay K-Pop star (Koreaboo, 2017.04.08)

Interview: Marshall Bang comes out with a bang! (TimeOut Seoul, 2015.08.27)

さらに4月10日には、韓国を始めとするアジア圏やラテン・アメリカ圏のテレビドラマの情報サイト DramaFever も、マーシャル・バンのデビューを報じました。

Meet Marshall Bang, Korea's first-ever openly gay K-pop artist (DramaFever, 2017.04.10)

これらの記事に掲載されていた、マーシャル・バンの経歴について、ごくごく簡単にまとめてみます。

マーシャル・バンは、生まれも育ちも L.A.の、韓国系アメリカ人です。

2012年に、マーシャルは韓国のテレビ局 MBC で放送されているオーディション番組『Star Audition』の第3シーズンに参加。TimeOut Seoul のインタヴュー記事によると、マーシャルは MBC から電話で要請を受けて参加したようです。

残念ながら、マーシャルは16人のファイナリストには選ばれなかったものの、その歌唱力が認められ、レコード会社との契約に成功。今年に入ってからは、マーシャルは MRSHLL の名義で、韓国の DJ Friz の「Resist」や「Release」、Dathan の「Hello Goodbye」といった楽曲に、フィーチャリング・アーティストとして参加しています。

そして、いよいよソロ・アーティストとしてのデビューが決定した、というわけです。

Very Good Light の記事に掲載されているマーシャルの発言によると、マーシャルがオープンリー・ゲイであることについて所属レーベルは非常に支援的であるそうで、マーシャルをサム・スミスのような路線か、あるいはフランク・オーシャンのような路線で売り出すことを考えているそうです。



“Resist”
(DJ Friz feat. MRSHLL)

(2017)




“Hello Goodbye”
(Dathan feat. MRSHLL)

(2017)




4月10日の DramaFever の記事では、韓国の芸能界で初めてゲイであることを2000年にカミング・アウトした、元モデルでタレントのホン・ソクチョンが、カミング・アウトの代償として、その後の3年間は、すべての仕事がキャンセルとなってしまったことにも触れた上で、次のように書いています。


“たとえマーシャル・バンが商業的には成功しなくとも、依然として彼は声明を出していくだろう。我々の知る以上に多くの人々が抑圧を感じていて、疎外されるのを怖れてセクシュアリティを隠さなければいけないような、そのような国にあっては、歯に衣着せぬ芸能人や著名人こそが、すべてを変えられる。もしもマーシャルが大成功を収めてくれれば、さらにすべてはより良くなるだろう。今は2017年、そろそろゲイの K-Pop スターが誕生してもいいころだ。”


マーシャル・バンのデビュー作の具体的なリリース日は、まだ発表されていないようですが、実際に音源がリリースされれば、日本のメディアでも報じられるのではないかと思います。



マーシャル・バンの Twitter のアカウントはこちら。
https://twitter.com/marshallbang



スポンサーサイト
2017.04.15 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/382-13846785
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。