上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
新しいトピックを見つけるたびに、Queer Musician.の紹介ページのテクストを書き換えるのは大変なので、いずれは手を加えるための資料をストックするというのも兼ねて、先ずはこちらのブログで紹介していこうというつもりでいます。

その第1弾が、ボーイ・ジョージについてのトピックだったんですが、第2弾はシザー・シスターズ。やはりBARKSからの記事です。

シザー・シスターズのアナ、父親の恋人を探す(2005年2月8日付)
http://www.barks.jp/news/?id=1000005364

シザー・シスターズのヴォーカルの1人である、アナ・マトロニックの父親が、エイズで亡くなっているということは、既にQ.M.E.のシザー・シスターズ紹介ページでも触れていますが、その父親の恋人だったドンという男性の行方を、アナは探しているようです。

また、アナが父親の死因について公表することを決意したのは、シザー・シスターズの大ファンであるエルトン・ジョンとの交流がきっかけだったということも、この記事の中では触れられています。



そして、シザー・シスターズについての最新の記事は、オアシスがシザー・シスターズを非難した、というもの。

シザー・シスターズ、オアシスからの非難は光栄?(2005年5月16日付)
http://www.barks.jp/news/?id=1000007839

……なんか、不穏な記事です。

ギャラガー兄弟の攻撃に対するアナの対応は、あっぱれというほかありませんが、自分が知りたく思うのは、ギャラガー兄弟の「ジェイクの声帯を切ってやる」という発言の真意。

単にジェイクの声が嫌いなのか、それとも、それ以外のところに理由があるのか。

これは藤嶋の憶測でしかありませんが、このギャラガー兄弟の過激な発言は、ジェイクのセクシャリティへの言及を巧妙に避けた、遠まわしのゲイ・バッシングなんじゃないか、という気がします。

あと、この記事の中では、シザー・シスターズがニュー・アルバムのレコーディングに入ったことも報じられています。完成が楽しみ。



スポンサーサイト
2005.05.18 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/4-c60a9d55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。