上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
まずは、昨年12月16日付の、以下のURLの記事から。

日本のゲイ能界は…歌手、俳優はまだタブー
http://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20051216/320051216026.html?fr=rk

このZAKZAKの記事は、自伝映画のプロモーションのために来日したジョージ・マイケルの記者会見に絡めて、日本の芸能人のカミングアウトの現状を語ったもの。

記事の本文では、

日本の芸能界では、バラエティー畑で、KABA.ちゃん(34)や前田健(34)がカミングアウトしたが、歌手や俳優の場合はカミングアウトが許されない状況にある。


とした上で、「状況にも変化が見えている」ことの例として、

「歌手、米良美一(34)が夕刊フジ記事でカミングアウト」

と書いてあった。

このZAKZAKの記事を取り上げていたブログの幾つかでは、

「米良美一は暴行事件がスキャンダルになっただけで、カミングアウトはしていない」

という主旨のことが書いてあった。

自分も同じように思っていたのだが、そもそもこのZAKZAKの記事は夕刊フジのものなので、米良美一がカミングアウトしたという記事が存在しているのは事実のはず。

そこで、その記事のバックナンバーがネット上に存在しているかどうか、探してみた。





すると、以下のURLのインタヴュー記事が見つかった。たぶんこれが、件の「夕刊フジ記事でカミングアウト」だと思う。



ひとりごと 米良美一
http://www.zakzak.co.jp/hitorigoto/20051022.html



このインタヴューは、昨年の10月22日付のもので、同年9月7日にリリースされた2年半ぶりのアルバム『ノスタルジア~ヨイトマケの唄』のプロモーションを兼ねてのものだと思う。


米良美一/ノスタルジア~ヨイトマケの唄




このインタヴューを読んで、自分は素直に、「ああ、素敵な内容だなあ」と思った。



スキャンダルがきっかけで、性的指向が結果として公になってしまった芸能人の、その後のスタンスというのは、今までの例を見る限りでは、ジョージ・マイケルやボーイ・ジョージのように、それまでとは一転して性的指向について能弁になるか、あるいは徹底的に沈黙するか。そのどちらかだったと思う。

米良美一は、そのどちらでもない。

自分の目にはそう見えた。

米良美一は、アクティヴィストのように能弁ではないけれど、かといって全く沈黙しているわけでもない。

一般の読者が目にするインタヴュー記事というのは、編集者の手によってエディットされているので、米良美一がどのていど性的指向について能弁なのかは、正確にはわからない。

でも、少なくともこの記事を読む限りでは、今の米良美一は、己の性的指向と、アーティストとしての己のバランスが、とても美しく保たれているような気がした。

このインタヴューの中にある、

「ゲイってことよりも、美しいものに手を出したい。」

という発言は、一見すると性的指向をぼかしたもののように思われるかもしれないけど、その一方で、

「前はね、『肉』で見てたんです。」とか、

「私、尽くすタイプなんです。三つ指ついて、“お帰りなさい”みたいな。でも、やってあげすぎるとダメ。相手も稼ぐようじゃないと。」

といったような、非常に率直な発言もある。

己の性的指向を明らかにしつつも、それに呑み込まれないように、一定の距離を保っている。

そんな感じがした。

もちろん、米良美一がそうした境地に達したのは、暴行事件を起こしたことによって辛酸を嘗め尽くしたからだとは思う。その意味で米良美一は特別。でも、こういうスタンスが保てること自体は、ゲイのアーティストにとっては理想的なんじゃないか、という気がする。



こうした記事の存在は一切知らずに、自分は去年の12月(だったと思う)、米良美一が「ヨイトマケの唄」を熱唱しているのを、偶然NHKの番組で観た。

夕刊フジのインタヴューの中で、米良美一は、

「高い声が出なくなり、『もののけ姫』が歌えなくなっていたんです。」

と語っていたが、確かに「ヨイトマケの唄」を熱唱していた米良美一は、天上の歌声というよりは、むしろ土の匂いを感じさせるような歌いっぷりで、その迫力に、ぐいぐいと引き込まれてしまった。

単に音域が狭くなったという理由からだけではなく、歌に向かう姿勢そのものが大きく変化したのだということを感じさせる熱唱だった。

そんな姿をテレビで観た後だっただけに、夕刊フジの米良美一のインタヴューは、心に染み入るものがあった。


    *


さて、ここで、冒頭の記事に戻る。

この記事は、日本の歌手や俳優が性的指向をカミングアウトできないという状況に変化が見えてきた、というのが主旨だ。

そのことを、この記事では以下のような「音楽関係者」の証言によって表している。

槇原敬之はゲイが明らかになっても人気が落ちず、音楽界も流れが変わった。歌唱力が評価されるボーカリストも、最新アルバムのPVでいろいろなコスプレに挑戦してゲイをほのめかしている。男性も女性もOKの“両刀”と評判の俳優も、ゲイ好みのギンギラ衣装で大人気になりました。


つまり、ファン(というか購買層)は、アーティストの性的指向にさほどこだわらない風潮になってきた、ということなのだろうと思う。そして、それはある程度事実だろうと思う。

しかし、日本の歌手や俳優が性的指向をカミングアウトできない状況というのは、ファンの反応が怖いからという理由だけではないだろう。



思うに、歌手や俳優のカミングアウトを難しくさせているのは、それらの人々の性的指向を、マスコミがどのように報じるかを怖れてのものだ、という気がするのだが。



たとえば、この記事自体、そもそも見出しからして「ゲイ能界」などという駄洒落が盛り込まれている。

どのような意図でこんなしょーもない駄洒落を盛り込んでいるのかはわからないが、芸能人のカミングアウトというのは当事者にとっては非常に重大な問題なのだから、こうした駄洒落が盛り込まれているのを見てしまうと、「いざカミングアウトしたときに、自分の性的指向を面白おかしく茶化されるんじゃないか?」という危惧を抱いても、それは無理ないだろう。



イギリスのミュージック・シーンにおいては、スティーブン・ゲイトリーやウィル・ヤング、さらにはウエストライフのマーク・フィリーのように、人気絶頂時にカミングアウトするゲイのアーティストが続々と登場しているが、それよりも前の時代は、ジョージ・マイケルやボーイ・ジョージのように、スキャンダルがもとでカミングアウトに到った例を除けば、人気のピークが過ぎてからのカミングアウトが多かった。

それというのは、「今だったら、カミングアウトしてもそれほど騒ぎにはならないだろう」という判断があってのことだったと思うのだ。米良美一が夕刊フジのインタヴューで性的指向についてある程度フランクに語ったのも、同じ理由があったと思う。



結局、芸能人のカミングアウトを阻んでいる最も主だった要因というのは、ファンの反応というよりは、性的指向を公にするという真摯な行為の、大衆からの理解に、バイアスをかけてしまう、マスコミの報道姿勢にあるのではないのか?



自分は、そう思う。



件の記事は、以下のように締めくくられている。

G・マイケルは会見で『それぞれの国の文化の違いによってスピードの違いはあっても、必ず変化する』と強調したが、ゲイ婚が日本で受け入れられる日は来るか…。


もしも、この記事を書いた記者が、本当にそのような日が来るのを本気で望んでいるのなら、「ゲイ能界」などという駄洒落は書かないほうがいいだろう。

米良美一のインタヴューは良い内容だと思っただけに、そこが非常に残念だ。


    *


ちなみに。

先に引用した「音楽関係者」の発言内容を見て思ったんだが。

「PVでいろいろなコスプレに挑戦」

というのがゲイのほのめかしであるとか、

「ギンギラ衣装」

がゲイ好みであるとか、そういったことが理解できている時点で、この「音楽関係者」も、たぶんゲイだ(笑)。



スポンサーサイト
2006.01.03 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/61-5db38b8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。