上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
2月10日のエントリーで、自分はピート・バーンズの婚約について、

「エルトン・ジョンとジョージ・マイケルに続いて、」

と書きました。

が、ひょっとしたら、バーンズ姐さんが婚約を発表するよりも前に、誰か他のオープンリー・ゲイのアーティストが婚約を発表していたかもしれないなと思い、インターネットで後から調べてみました。



そうしたら、いました。



元ボーイゾーンのスティーブン・ゲイトリーが、市民パートナーシップ法に基づく婚姻の予定があるということを、先月7日、イギリスの『Mirror』誌が報じていました。

ニュース・ソースはこちら





スティーブン・ゲイトリーは、2003年、パートナーのアンディ・カウルスと、ラスベガスで既に挙式しています。


スティーブン・ゲイトリー
『チキチキバンバン』のスティーブン・ゲイトリー





















ちなみに、上の写真はミュージカル『チキチキバンバン』で、
チャイルドキャッチャー役を演じた時のスティーブン・ゲイトリー。

いつでもこんな格好をしているわけではないですよ。
当たり前のことですが。



素顔のスティーブン・ゲイトリーは、こちら。
スティーブン・ゲイトリー
おやゆび一代(故・波越徳次郎)の決めポーズ




しかし、スティーブンとアンディ・カウルスのラスベガスでの結婚は、エルトン・ジョンの同性婚について書いた昨年11月29日のエントリーの中でも少し触れていますが、いわゆる「海外挙式」に当たります。

つまり、母国アイルランドの法律に基づく婚姻ではないため、たとえ婚姻証明書を受け取ることはできても、婚姻による法的権益は、何ら保障されないんですね。

『Mirror』誌の記事によると、スティーブンはエルトン・ジョンとデイヴィッド・ファーニッシュの結婚式に出席して、彼らに大いに触発されたらしいです。

現在はダブリンで生活しているスティーブンですが、アンディはロンドン市民なので、そのパートナーであるスティーブンにも、イギリスの市民パートナーシップ法が適用される、というわけです。

結婚の時期は3月を予定しているらしいですが、『Adovocate』誌を始めとする他の幾つかの記事では「Later this year」となっていて、はっきりした時期はわかりません。

が、いずれにせよ、スティーブン・ゲイトリーも市民パートナー・シップ法に基づく婚姻を発表したということで、おめでとうございます!



さて。

そうなってくると気になるのは、同じくアイルランドが生んだもう一人のオープンリー・ゲイ・アイドル、ウエストライフのマーク・フィリー。

彼は、UKのボーイバンド、Vの元メンバーであった、ケヴィン・マクデイドとの交際を発表して、カミングアウトしました。

マーク・フィリーも同性婚を考えているのかな? と思って調べてみたんですが、2月8日の『The Sun』のサイトでの独占ウェブチャットで、マークは、同性婚の予定はないと語ったそうです。

とはいっても、マークは市民パートナーシップ法に異議を唱えているわけでは全然なく、イギリスで市民パートナーシップ法が成立したことには、大いに賞賛の声を寄せています。

要するに、恋人のいる異性愛の人たちが、誰でもすぐ結婚するわけではないのと同じように、マーク・フィリーも今のところは、結婚という選択肢をチョイスしているわけではない、ということですね。



スポンサーサイト
2006.02.12 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/78-bcf243bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。