上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
今話題のゲイ映画といえば、やはり『ブロークバック・マウンテン』。

米ゴールデン・グローブ賞で最優秀映画作品賞と最優秀監督賞を含む4部門を受賞。そして米アカデミー賞でも8部門にノミネートされています(発表は3月5日)。

その『ブロークバック・マウンテン』のサントラ盤は、昨年の11月にアメリカでリリースされています。






『ブロークバック・マウンテン』サントラ盤ジャケット
『ブロークバック・マウンテン』サントラ盤ジャケット


1月3日のエントリーで紹介したゲイ映画『OpenCam』のサントラ盤は、インディーズのオープンリー・ゲイ・アーティストの楽曲が多く集められていました。

一方、この『ブロークバック・マウンテン』のサントラは、参加アーティストの性的指向には、特にこだわっていません。ルーファス・ウェインライトの参加はあるものの、ここで重視されているのは、あくまでも本編の内容と雰囲気(それこそがサントラの本来の在り方なんですけどね)。インストゥルメンタルと、歌モノのフォークやカントリー、ブルーグラスが併録されています。

本編のエンディングに使用されているナンバー、「He Was a Friend of Mine」は、カントリーの大御所、ウィリー・ネルソンによる、ボブ・ディランのカヴァーです。

ウィリー・ネルソン
お下げ髪が、なぜか物凄くアメリカを感じさせるウィリー・ネルソン。


この曲は、もともとは友情をテーマにして書かれたものなんだろうとは思います。

が、この曲が『ブロークバック・マウンテン』の中で使われると、この中で歌われている、

「Every time I think of him / I can't help from crying,」

という歌詞は、全く異なった文脈へと変化します。



既存の楽曲に、ゲイのラヴ・ソングとしての新たな文脈を与えたウィリー・ネルソンが、また新しくゲイのカウボーイ・ソングをリリースしたというニュースが、2月15日付でGay.comに掲載されました。

その記事の全文翻訳を、以下に掲載します。

Willie Nelson releases gay cowboy song
Gay.com U.K.
published Wednesday, February 15, 2006

カントリー・ミュージック・シンガー、ウィリー・ネルソンが、「Cowboys Are Frequently, Secretly (Fond of Each Other)」という新曲をリリースした。

ウィリー・ネルソンは、ヴァレンタイン・デーに、ハワード・スターンのラジオ・ショウで、テキサス生まれのミュージシャン/ソングライターのネッド・サブレットが1981年に書いた歌の正しい解釈を初披露した。現在はiTunesでダウンロードが可能となっている。

先行した『ブロークバック・マウンテン』は高い評価を集め、ゲイのカウボーイの魅力を大きく広めているが、この曲では、「それこそが、レザーとリーヴァイスと、きつく締めたベルトの理由」「夜には、女よりも女らしいカウボーイが大勢いる」といった歌詞がフィーチャーされている。

サブレットによると、この曲は、“都会のカウボーイ”に夢中になっているときに書いた、ということだ。

「この歌は、20年間、クロゼットに仕舞われていたんだ。」ダラス・モーニング・ニュースは、ネルソンの言葉を引用した。「そろそろ表に出すべき時だ。私はドアを開けたに過ぎない。」

ネルソンは、彼の解釈による「He Was A Friend Of Mine」を、『ブロークバック・マウンテン』のサウンドトラックに提供している。


原文はこちら



ウィリー・ネルソン本人は、たぶんゲイではないと思うんですが、彼はおそらく、極めて保守的なアメリカ中西部の文化が、ある一定の男たちを抑圧しているのだということを、ちゃんと理解していた人なんだと思います。




スポンサーサイト
2006.02.18 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/79-a00f01a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。