FC2ブログ

海外から見た前田健

最近は、まえけんウォッチャーになりつつある、Q.M.E.管理人です。

自分は社会人学生をやっているので、テレビを観る時間が、人と比べて少ないんですよね。だから、自分が知っている前田健についての知識は、実はインターネットのニュースで報じられている範囲内に限られていた。実際の映像を目にする機会はほとんどなかったし、ライブに足を運んだこともなかった。

そのように世間一般の流行り廃りにはいたって疎い自分なので、前田健の映像を観たのは、パソコンテレビGyaOのバラエティーChで放映されていた、『カンニングの恋愛中毒』が最初だった。第28回に、前田健がゲスト出演していた。

理想のタイプはカンニング竹山、と公言する前田健が、その当人を相手に、竹山のどういう部分に魅力を感じているかとか、あるいはマスコミが報じたカミングアウトの話とか、そういった話題が語られていた。

もちろん、この番組はバラエティーだから、視聴者を笑わせることを第一としたやりとりだったと思うし、自分も大笑いしながら観てたんだけど、まえけん公式サイトで公開されている幾多のエッセイの内容と併せてみると、この番組での前田健は、けっこう本音トークだったように思う。

共感できたんですよね。会話の端々に表れている、本音の部分に。

その上で、お笑い芸人としての前田健も、自分の笑いのツボにピタリとハマった。

こうして、遅ればせながらファンになった自分は、もっと前田健の映像を観てみたいと思い、「maeda ken」「maeken」をキーワードに、例のYouTubeを検索してみた。

そうしたら。

まー、出てきましたよ。いくつもいくつも。前田健のテレビ出演時の映像が。






で、ですね。

自分が気になったのは、

「これらの映像をアップロードしているのは、いったいどういう人たちなのか」

ということなんですよ。



YouTubeはアメリカの動画配信サイトです。が、どういうわけか、日本のバラエティー番組やTVアニメ、特撮ヒーローの動画や、J-POPのアーティストのヴィデオ・クリップも、かなりの数でアップロードされている。

ひょっとすると、日本在住の日本人の方たちが、YouTubeを利用して動画を配信しているのかな? とも思ったんだけど、必ずしもそういうわけではないらしい。

まえけんの動画をアップロードしている人たちのプロフィールを調べてみると、一人だけ日本在住の日本の方がいらっしゃいましたが、あとはほぼ全員、海外在住の、外国籍の方たち。

まえけんが『ポップジャム』に出演したときの映像をアップロードしている人は、自分が確認しただけで、3人いらっしゃいました。そのうちの1人は、アメリカ在住の、30代の女性でした。

プロフィールを拝読すると、その女性は、いわゆる「otaku」でした。日本のアニメが大好き! という人。そして、コミケでコスプレするのも大好きらしい。

で、たぶん日本のアニメキャラのコスプレから興味が派生したんだと思うんですが、その女性は、LiveJournal.com内のガングロ・コミュ二ティーにも参加していたんだそうです。

日本在住の自分にしてみれば、LiveJournal.comにガングロ・コミュニティーがあるということ自体が驚きなんですが、どうやら「ガングロ」という言葉は、冗談抜きで、世界共通語になっているっぽいです。「もったいない」と同じく、それに類する概念なり風俗なりが、他の国にはない、ということ。

そのガングロ・コミュニティー内で、まえけんのライヴ映像の動画が、どうやら出回っていたらしいんですよね。

件の女性がアップロードしていたまえけん動画は、現在ではサーバから消えちゃってるんですが、その方が付けていたタイトルが、結構可笑しかった。曰く、

「I don't even know what should I call this」
(これを何と呼ぶべきかさえ、私にはわからない)



他にも、『歌笑』出演時のHINOIチームとの共演映像が、いくつもアップロードされてました。MONKEY MAJIKの「Around The World」や、倖田來未の「No Regret」、浜崎あゆみの「Bold & Delicious」など。

それだけではなく、『ものまねバトル』(だと思う)で、松浦亜弥のものまねを演じて原口あきまさと直接対決したときの映像とか、『うたばん』でピエール・ルーベン・松岡に扮してBoAの前で踊った映像とか、「恋のブチアゲ♂天国」のヴィデオ・クリップとか、その振り付けヴァージョンとか、いろいろ。



自分は日本のポップ・カルチャーを、欧米と比べて劣っているとは思っていません。でも、海外への輸出力は決して強くないと思っているので、YouTubeを利用して日本のポップ・カルチャーに少しでも多く触れようとしている海外の人たちが存外多いのにはビックリしました。

かく言う自分も、日本ではオンエアされていないマドンナのヴィデオ・クリップや、アメリカのTVで放映された『ウルトラセブン』の幻の12話を、インターネットを通じて入手したりしているので、「自国にいては接することのできないポップ・カルチャー」への飢餓感は、実感できるんですよね。

自分はこれまで、日本のバラエティー番組に希少価値を感じたことが、さほどありません。たとえお目当ての芸能人が出る番組であっても、他の番組でも姿を観ることができるよなーと思ってしまうから、見逃してしまっても、あまり痛恨には思わない。でも、自分の好きな洋楽アーティストがアメリカのテレビ番組に出演したときの映像は、ものすごーく観たいと思う。なぜかといえば、洋楽のアーティストの映像っていうのは、日本で暮らしている限りは、ヴィデオ・クリップや市販のDVDでしか観られないから。

それと同じことで、海外で暮らしている日本のポップ・カルチャー・ファンからしてみると、日本のバラエティー番組の映像は、たぶん「お宝映像」なんですよね。1回オンエアしたらそれっきりの、非売品映像だから。

日本のポップ・カルチャーを愛好している海外の人たちは、いったいどうやって、日本のTV番組の映像を入手しているんでしょうね? 自分は日本のポップ・カルチャーの海外輸出力を高く評価しているわけではないので、その辺はよくわからないんだけど、YouTubeを見ている限りでは、インターネットを通じて、ファン同士のあいだで盛んにトレーディングが行なわれているっぽいです。



で、ですね。

そうした人たちのあいだで、前田健という存在がどう見えているのかといいますと。

まえけん本人に興味があって動画をアップしたであろうというケースは、実は少ない。

というのも、前田健の芸は、基本的に「模写」だから。

つまり、まえけんが模写しているアーティストなり風俗なりに興味のある人たちが、「こんなのも見つけたよ」というノリで、まえけんの動画をアップロードしている、という雰囲気。

たとえば、ガングロに興味のある海外の人が「ガングロ女子高生に混じって歌っている男性タレントを見つけました」とか、あるいは、松浦亜弥の海外のファンが、「亜弥のものまねをしている男性タレントを見つけました」とか、そういう感じ。

ただ、男性であるまえけんが見事な女声で歌ってみせていることへの驚きは、一様にあるみたい。特に「恋のブチアゲ♂天国」のヴィデオ・クリップや『ポップジャム』のライヴ映像を観た海外の人たちには、そうした驚きがあるらしい。



YouTubeというサイトは、はっきり言ってしまえば、著作権無視の無法地帯ではあるんですよね。NBCからの警告を受けて、一部のファイルが削除されたりもしたそうだし、そのうち規制が入り出すだろうというのが、もっぱらの憶測です。

自分も当然、著作権を遵守しなければいけない立場にいるんですが、ただ、著作権に対する自分の考えは、AllAboutで四方宏明さんが書いていた考え方と同じなんですよね。

以下に、四方さんの文章を引用します。

著作権なんか無視してもいいのだと主張するつもりはありません。しかし、著作権でがんじがらめにしてしまったら、きっと音楽もネットもつまらなくなるでしょう。多くの文化は育たないと思います。良い意味で大目に見るという柔軟な考え方が必要です。


YouTubeのようなサイトがあることで、日本のポップ・カルチャーに興味のある海外の人が、自国にいながらにしてレアな映像に接することができているわけだし、日本で暮らしている自分も、日本では観られないレアな洋楽のヴィデオ・クリップを享受できているわけで。

ビジネスの面から考えても、こうした動画は、海外輸出力を強めるためのプロモーション機能を果たしていると思います。

事実、MTVがYouTubeとの提携を発表したそうです。

とはいえ。

日本語で書かれたブログに、日本のテレビ番組の動画を貼り付けるだけの度胸は、さすがに自分にはありませんでした。

なので、ここではリンクを貼るに留めておきます。



『ポップジャム』での前田健のライヴ映像



このライヴ映像、すごい好きなんですよ。特にソロ・ダンスの場面が。

「恋のブチアゲ♂天国」のヴィデオ・クリップでは、まえけんはソロ・ダンスでもあやや顔を崩さずに踊っているんだけど、このライヴ映像だと、それまであやや風の顔を作って歌っていたまえけんが、ソロ・ダンスでいきなり野郎顔になるんですよね。

たぶん、相当気合が入ってたんだと思う。

自分も一応ライヴ経験のある人間なので、オーディエンスを前にするとテンションがガーッと上がるのは実感としてわかります。

『うたばん』でBoAと共演したときには、BoAから「気持ち悪い」を連発されていたまえけんですが、ドラァグ・クイーンを見慣れてしまっている自分の目には、こうしたまえけんのヴィジュアルは、さほど奇異には見えないんですよね。もちろん、マジな野郎顔と衣装とのギャップによる可笑しさというのはあるんだけど、野郎顔でパキパキ踊りまくるまえけんの姿を観て、自分は素直に「カッコいいなー」と思いましたよ。



このブログは、海外の読者の方もいらっしゃるんですが(アクセス解析を見ると、ウェブ翻訳サーヴィスを使ってこのブログを英語に翻訳しようとした形跡がキャッシュで残っていることがよくあります)、海外のLGBTミュージック・ファンの人にも、前田健の存在を、ぜひ知ってもらいたいです。



スポンサーサイト



コメント

まえけんだ♪

こんばんは、お久しぶりです。

しばらく更新がされなかったので、もしやお体の具合でも…と思いかけていました。ご活躍のご様子に安心しました。

誤字や失礼を重ねてしまったので(スミマセン本当に…)コメントは自粛しようと思っていたのですが、まえけんの記事に嬉しくてついまたお邪魔します(*^^*)
まえけんを「かっこいい」と言ってもあまり周囲から賛同されることがないので、藤嶋さんにプッシュして頂いてスッキリしました!
彼の歌はうまいですよね。N.Y.の学校でちゃんと歌を勉強した人だから、海外で受け入れられるのもただのまぐれじゃないと思います。もしかして全てを見越して(海外から日本のポップ・カルチャーとして注目されることになるのを意識して)帰国して活動してるのでしょうか。だとしたらマジでかっこいい。注目してます。続報を期待してます♪

海外のドラッグ・クイーン(ドラァグと表記するのが正しいんですか?)のサイトによくIZAMの写真が混じってますが。あれは間違いですよね?(笑

前田健扮する荒川静香

ちょっと俗な話になってしまうでしょうか・・・この間、日テレ系のモノマネ番組で前田健さんのパフォーマンスを観ました。荒川静香さんが金メダル取ったときの演技のモノマネでした。スケートも1ヶ月猛特訓したそうで、たしかにぎこちない滑りではありましたが、一生懸命静香ちゃんになりきろうという一途な気持ちが伝わってきて、とても輝いて見えました。(イナバウアーはちょっと怖かったけど・・・)

前田健さんのモノマネには、その人に対する敬意のほかに、その人の美しさへの賞賛みたいな気持ちがこもっているように感じるんです。とても一途な気持ちでその人になりきろうとしてるし、妥協の無いすごい努力をしているのではないかな、と思います。でも、理屈抜きで私は前田健さんのモノマネが大好きです。

レスです。

>RIVAさん
こちらこそ、ご無沙汰してしまい、すいませんでした。m(_ _)m

まえけんが、海外から注目されることを意識して帰国したっていう説は……うーん、さすがにどうでしょうね?(笑)

Drag Queenを「ドラァグ・クイーン」と表記するのは、薬物のドラッグ(Drug)と混同されてマイナス・イメージを持たれないようにするためで、ゲイ・メディアでは「ドラァグ」と表記するのが一般的です。

で、海外のドラァグ・クイーンのサイトにIZAMの写真が混じっているという件ですが、それは確かに間違いですね(笑)。

ドラァグ・クイーンと、IZAM(に限らず、日本のヴィジュアル系バンドのアーティスト)とでは、メイクをする理由が、根本のところで異なっているように思うんですよね。

かつてのヴィジュアル系バンドのメイクは、ドラァグ・クイーンのように性を越境するものというよりは、男性優位主義に基づいたものだったように感じます。つまり、「メイクは女性だけの特権ではない、男でもここまで美しくなれるのだ」という、実は男性性の優位を誇示する手段としてのメイクだったのではないか、と。

メイクの意味合いが異なっているという点で、ヴィジュアル系バンドのアーティストをドラァグ・クイーンにカテゴライズするのは、自分には違和感がありますねぇ。



>YukiTさん

まえけんの荒川静香のものまね、自分は見逃してしまいました。イナバウアー、見たかったなぁ(笑)。

>>前田健さんのモノマネには、その人に対する敬意のほかに、その人の美しさへの賞賛みたいな気持ちがこもっているように感じるんです。とても一途な気持ちでその人になりきろうとしてるし、妥協の無いすごい努力をしているのではないかな、と思います。

その通りだと思います。
まえけんのモノマネっていうのは、決してスマートとはいえない男性が、可愛らしい女性のものまねをしているという、その「図式自体」が笑いを生み出しているんですよね。だから、コロッケや清水アキラがやっているようなデフォルメが、実は少ない。清水アキラのモノマネが淡谷のり子から嫌われていたのは、そのデフォルメの部分に、品のなさを感じていたからだと思うんです。
まえけんのモノマネは、それがお笑いとして機能するための、「まえけん本人とのギャップ」は、きちんと計算されているとは思いますが、内容そのものは、実は「なりきり系」なんですよね。
だからこそ、YukiTさんが感じた「その人に対する敬意」「美しさへの賞賛」が、「まえけん本人とのギャップ」の中から滲み出していると思うんです。自分もまえけんのモノマネを観ていて、同じものを感じますね。



なるほど~

藤嶋さんのコメントには、いつも勉強させてもらっています。ヴィジュアルバンドの化粧が男性優位を誇示するものだというご意見を聞いて、「そうか、だから自分も興味がもてないのか」と納得してしまいました。

前田健さんモノマネに関するレスも、すごい参考になりました。彼のモノマネには、笑いを超えた何かがあるようにも思えます。まるっきり「おふざけ」でやっているのではないような・・・だから私はまえけんが好きなのかもしれないです。

いつも自分の頭の中を整理できていないままにコメントを残しているような気がするのですが、藤嶋さんのレスで自分の考えや思いが整理されていくのを感じます。ありがとうございます^^

わたしも。

このサイトは本当に勉強になります。
音楽情報のみならず、藤嶋さんの知識に裏打ちされた世界基準でクリアな目線がもう、同じ種の生物として憧れの的です(Sigh
まえけんは公式HPを見ると彼の誠実な人柄を垣間見ることができます。恋愛観が素直に語られていて好感が持てます。
<…ところで私の友人はGIDの人が多いので、彼(女)たちにはふつうに「カワイー」を連発するんですが、みため男性でキャラのかわいいゲイの男性に「かわいー」と言うのは如何でしょうか?人によってはご不快でしょうか?私にはまえけんは「かっこいい」と「かわいい」がちょうど半々同居して見えるのですが…。言っても失礼じゃないならまえけんカッコ良くて可愛いv-238!!>

レスです。

>YukiTさん
自分も以前から、「なんで自分は、日本のヴィジュアル系バンドに興味が持てないんだろう? 自分はピート・バーンズやボーイ・ジョージのようなアーティストが大好きなのに」と不思議に思っていたんですよね。
で、IZAMがボーイ・ジョージを敬愛する、その敬愛の仕方に、どうも自分が認識しているものとのズレを感じたんです。
そのズレの正体を突き詰めていった結果、先のレスに書いたような考えに行き着きました。

考えや思いを整理するのは、自分の場合、文章を書くことによって考えが整理されていく、という感じですね。
だから、YukiTさんからのコメントへのレスを書きながら、「ああ、自分はこういうことを考えていたのか!」と改めて気づかされることもあります。
だから、この辺はもう、互いに持ちつ持たれつというか(笑)、こうしてやりとりを交わすことで、お互いの考えが整理されていく、という感じですよね。(^^



>RIVAさん
またもやレスが遅くなってしまい、またもやご心配をおかけしたかもしれません。ホントすいません。(^^;

「かわいい」というのは、ゲイの男性にとっても褒め言葉ですよ。少なくとも、自分の周りにいるゲイの友人たちはそうです。「かわいい」という言葉を、普通にゲイ同士で用いています。たとえば、自分の好みのタイプの男性を見かけたら、たとえそれが短髪・ヒゲ・ガッチリ体型の人であっても、「あの人かわいいよねー」とか。

まあ、これには厳密な定義があるわけではないので、もうそれぞれの人によりけりなんですが、ゲイにとっての「かわいい」というのは、「イケる」という言葉と限りなく同義ですね。自分の好みの年少のゲイの子を、「かわい子ちゃん」と表現する人もいますし。でも、実際には「イケる」という言葉よりも、それが示す内容の幅が、もう少し広い感じです。好みのタイプじゃなくても、賞賛に値する外観であると思えば、それはもう「かわいい」ということになりますかねー。

ただですね、中には「かわいい」という言葉が似合わないくらい、本物の男らしさにあふれたゲイの人もいるんですよ。そうした人に対しては、「かわいい」よりも「かっこいい」という言葉が先に出てきますね。

でも、自分にとっての「かっこいい」は、基本的には「イケる」とは別物です。たとえば、考え方に筋が通っているとか、あるいは態度が毅然としているとか、そういった内面的な強さとか美しさを感じさせる人に対しては、自分は性別を問わず「かっこいい」という形容を用いますね。

だから、自分にとっての前田健は、RIVAさんと同じように、「かわいくて、かっこいい」というふうに見えます。



お答えありがとうございます

レスが遅れる…についてはどうかご心配なさらないで下さい。お忙しい方にいろいろ尋ねたりしてしまってこちらも恐縮しています。

「かわいい」はゲイの方でもおおよそ大丈夫ですか、安心しました。
GIDの女性は「カワイー」というと喜んでくれるのにゲイの方は「ぷい」って感じがしたこともままあるので、もしかしてご不快の方もいらっしゃるのかと。
あるいは彼らにとって、女性である私は「お呼びじゃないのよ」的な意思表示だったのかもしれません(笑 
藤嶋さんの「かっこいい」基準にはまったく同感です。純女さんでも、すごく女らしいのに「かっこいい!!」方もいらっしゃいますもんね。
…音楽の話から逸脱してすいませんでした。
非公開コメント