FC2ブログ

ペット・ショップ・ボーイズのニュー・ヴィデオ・クリップ

来月にリリースされるペット・ショップ・ボーイズのニュー・アルバム『Fundamental』からの先行シングル「I'm With Stupid」のヴィデオ・クリップが、早くもYouTubeにアップロードされてました。

この動画は、テレビ放映されたものではないようなんですが、こういった動画をいち早くアップロードする人というのは、いったいどういう経路で、これらの動画を入手するんでしょうかね? 自分には不思議で仕方ありません。

それはそうとして、今回の「I'm With Stupid」のヴィデオ・クリップは、ファンの人だったら、確実に笑えます。




特に自分は、つい先日、「Can You Forgive Her?」と「Go West」のヴィデオ・クリップの動画のタグを、Q.M.E.のペット・ショップ・ボーイズ紹介ページに貼り付けたばかりだったので、妙に可笑しかったです。




スポンサーサイト



コメント

衝撃

いつもお邪魔して申し訳ないなと思いつつ…これは衝撃です(汗
先の再逮捕で私は傷心がまだ癒えてないんですが、いじってもらえるってことは愛情のうちなんでしょうか?

レスです。

>RIVAさん

えーと、これって、ジョージ・マイケルの当て逃げのことですよね?

うーん、最近のジョージ・マイケルについては、ちょっとコメントが難しいです。
擁護したい気持ちはあるんだけど、でも……うーん、とにかく、ファンだからこそ、彼にはもっとしっかりしてほしい、としか今は言えないですねぇ。

あの、えと。

向かって右の「BOY」ロゴの帽子でスキンヘッドのキャラは、ボーイ・ジョージのパロかと思ったのですが。間違ってたらごめんなさい(^^;ゞ

レスです。

>RIVAさん
ああ、そういうことですか(笑)。おっしゃっている意味がやっとわかりました。

あのビデオでペット・ショップ・ボーイズを演じているのは、BBCのコメディ番組「リトル・ブリテン」に出演している、デヴィッド・ウォリアムスとマット・ルーカスです。
番組の中で2人は、さまざまな人物に扮して英国を諷刺しているんですが、このヴィデオの中では、ペット・ショップ・ボーイズの2人を椅子に縛り付けたうえで、目の前で彼らを演ずるという、お得意のブラック・ユーモアを披露したわけです。

で、「BOY」とロゴの入ったあの帽子は、クリス・ロウが86年のシングル「Love Comes Quickly」のジャケットでかぶっていたものです。
そして、クリス・ロウを演じているマット・ルーカスは、最初からスキンヘッドです。

だから、今回のヴィデオは、ボーイ・ジョージとは何の関係もありません。ウォリアムスとルーカスが演じているのは、あくまでもペット・ショップ・ボーイズのみです。

確認ですが

>RIVAさん
「I'm With Stupid」のヴィデオは、ウォリアムスとルーカスの2人が、舞台上で「Can You Forgive Her?」と「Go West」のCGヴィデオのパロディを演じているのであって、ペット・ショップ・ボーイズの2人がボーイ・ジョージのそっくりさんを引っ張り出してきて、ボーイ・ジョージを皮肉っているわけではない、というのはおわかりいただけましたよね?

自分の中で藤嶋師匠とお呼びしてます

>はい、よくわかりました。(苦笑 
そういやあの帽子一時期PSBのトレードマークみたいになってましたね。すっかり忘れてました。

いつも根気強く丁寧な解説をありがとうございます。12年くらいブランクがあります。が、記憶違いが多いのは認めたくないけどきっとトシのせいと相乗なんですよね…いらいらさせてると思います(泣 どうかお許しください。

ずっと懸念しているせいもあったのですが…ボーイ・ジョージ逮捕のニュースはもうファンやめようかというほどの衝撃でした。

今でも信じられないんですよ。前回は事情が事情だけに同情もしたけど。ていうか彼と一緒に泣いて引きこもってしばらく学校もいけなかったけど(笑 

今はNETで英国の新聞も読めますが、諸説紛々でますます彼の置かれた状況がわからない。ファンサイトでまで「もうバカはやめろ」と叩かれていて…判決もなんかハンパな印象で首を傾げました。

そんな中で藤嶋さんがこのブログで「ジョージは音楽活動を続けるために最短でベストの選択をしたのではないか」と書かれていたのを見て、救われた思いでした。そうですね、それがいちばん、ジョージの身になったお考えだと思います。

本国でいま彼がどういう扱いを受けているのかが気掛かりです。いまもジョージはジョン・モスを引きずってるんだとか。そこが彼の人柄の可愛いとこでもあるけれど、昔の男は思い切って、幸せになって欲しいと願い続けています。

マーガレットです、こんにちは。古いスレに書き込んですいません。見てもらっていますかね?ちょっとうれしいニュースだったんで。

http://www.thesun.co.uk/article/0,,2-2006410529,00.html

クリス・ロウこと(?)マット・ルーカスがめでたく結婚したそうです。お相手は以前からお付き合していたTV関係者のケヴィンさんです。2005年度「UKで最も影響力のあるゲイピープル・トップ10」の9位に選ばれたマットですから、今後の活躍がますます楽しみ!

そして、マットの代表作「リトル・ブリテン」が、10月4日(関係ないけどクリス・ロウ47歳の誕生日)、デジタルWOWOW2で放送開始です。「リトル・ブリテン」大ファンの私は、これをきっかけに日本にも広まることを期待です。キャンプな人々がいっぱい出て来ます。マジで面白いので、あらゆるネットワークを駆使して、是非ごらん下さいませ!

>マーガレットさん

古いエントリへのコメントも、ちゃんと見てますよー。(^^
ご安心ください。

マット・ルーカスも同性婚ですか! いやー、めでたい!

にしても、「クリス・ロウこと」っていうのが、すごい笑えました(笑)。

「UKで最も影響力のあるゲイピープル・トップ10」というのがあるのは、初めて知りました。

いやー、そういうランキングって、日本では考えられないですねー。

こういうものがあるという点では、イギリスという国には、ホント憧れます。

『リトル・ブリテン』はYouTubeでしか映像を観たことがないので、日本でも放送されるのは嬉しいんですが、WOWOW2か……。

貧乏人の私には、ちと厳しいですね(笑)。

でも、たとえWOWOW2であっても、日本で放送されるということは、いずれは日本語字幕版のDVDも発売される、っていうことですよね?

私はそちらを待つことになりそうです……。(T T)

マット・ルーカスは、PSBにゆかりのあるゲイ・ピープルということで、PSBのバイオグラフィーのページに、マット・ルーカスについての記述も増やさなきゃいけないんですが、既にアップロードしているアーティスト・バイオグラフィーのアップデートが、なかなか追いつかない状況です。はひー。


こんばんは。マーガレットです。

ワタクシ、マットの結婚祝いとしてデジタルWOWOWに加入いたしました。これであとは放送を待つだけ…(UK版DVDは購入済で、もう何度も見たんですが、マシンガントークなので、字幕付はありがたいです)。WOWOWで放送するテレビドラマは意外にソフト化しないんですよ…。だから「"リトルブリテン"のためにワザワザ加入しました!」と高らかに宣言するモノが一人でも多く現れれば、シリーズ化とかソフト化とか、なんか考えてもらえるかもしれない…。
RECってコピーして配る、という手もございますが。ワタクシやぶさかではございません。

ファンの私が言うのもなんなんですが、ベイビー・クリスの本質はラヴ&ピースなマットそのままじゃないかと!絶対あの2人は表裏一体です。

(でも、PSBの関係者にマットまで人脈を広げるのはなかなか裾野が広くて大変ですね…。)

英国トップ・ゲイ10(ピンクリスト)のニュースソースはこちらです。

http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20060704-00000122-bark-ent

ニールは?ニールはどこ?11位とか?

>マーガレットさん

またもやレスが凄まじく遅れてしまって、ホントーに申し訳ないです……。m(_ _;m

WOWOWで放映するテレビドラマは意外にDVD化されない、っつーのは、それこそ本当に意外ですね。
でも、『リトル・ブリテン』の内容を考えると、放映されるだけでも御の字なのかもしれませんねぇ……。

このピンクリストのニュースは、ワタクシ、完全に見落としてました。不覚……。
音楽関係のランク・インが意外に少ない感じがしましたが、1位がイアン・マッケランというのは、大いに納得できました。
ニールはトップ10に入ってませんが、PSBと接点のあるマッケランが1位ということで、ここは我慢しましょう(笑)。


非公開コメント