上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
3月17日付の、Gay.com UKの記事です。
http://uk.gay.com/headlines/9742

この記事によると、イギリスのエイズ基金、テレンス・ヒギンズ・トラストが主催したオークションに、ジョージ・マイケルと、彼の恋人のケニー・ゴスが、彼らとのディナーとナイト・クラビングの「デート」を出品。匿名の2人の女性が、1万ポンドで競り落とした、というものです。

2月26日に薬物所持で逮捕された際、彼は「今回も僕の過失」とサックリ罪状を認めているんですが、状況から推察するに、彼の薬物使用というのは、たぶん、セックス・ドラッグとしてのそれだと思うんですよね。

快楽に貪欲なのは別に構わないんですよ。男っていうのはそういう生き物だから。ただ、それが違法行為となれば論外だし、ジョージ・マイケルは以前からこうしたチャリティー活動に精を出していて、世間はジョージ・マイケルを、ゲイ・コミュニティのスポークスパーソンと見做していたし、本人もそのことはわかっていたと思うんですよ。

だったら、もうこれ以上、迂闊なことはしないでほしいです。マジで。

逮捕後も、以前と変わらずチャリティーに熱心なジョージ・マイケルを見るのは、正直なところ、自分には複雑です。チャリティー活動そのものは賞賛したいんだけど、それがあまりにも以前と変わらぬ調子だから、「この人、本当に反省してるんだろうか?」という気もしてしまう。

まあ、そういう物の見方も、偏見と言われればその通りなので、気をつけたいと思います。



スポンサーサイト
2006.03.22 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/96-de6a9fb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。