FC2ブログ

ボーイ・ジョージに、またも逮捕の危機が

昨年の10月、コカイン所持と警察への虚偽通報の容疑によって、ボーイ・ジョージはニューヨークで逮捕されました。

最悪の場合にはアメリカの刑務所に15年間の服役、とも報じられ、ボーイ・ジョージ側は無罪を主張しましたが、最終的には、イギリスのリハビリ施設で治療を受けることと、マンハッタンで5日間の地域奉仕活動を行なうこと、さらに罰金1000ドルの支払いと、訴訟費用160ドルの負担という、これらの条件を呑むことで、ボーイ・ジョージは事態の収拾を図りました。それが今年の3月のことでした。

ところが、またもやボーイ・ジョージに逮捕の危機が迫っていることが、先週の土曜日、Gay.comで報じられました。

N.Y. judge issues warrant for Boy George

この記事は、そのまま日本語に翻訳しただけでは内容がわかりにくいものになりそうだったので、補足を加えつつ、趣意を整理したものを、以下に書き記します。




まず、3月の時点でボーイ・ジョージに出された判決内容のうち、罰金1000ドルの支払いと、マンハッタンでの5日間の地域奉仕活動が、未だに履行されていないようなのです。

裁判所が出した判決内容、特に地域奉仕活動の内容について、ボーイ・ジョージ側は、抵抗を示しているそうです。

裁判所が命じた地域奉仕の内容とは、マンハッタンの道路清掃でした。これこそが、ボーイ・ジョージ側にとっては大きな問題なのです。

ジョージの弁護士のルイス・フリーマンは、次のように述べています。

「それが彼に与えられた罰ならば、何も間違ったところはありません。しかし、報道合戦が起こるでしょう。新聞は毎日、彼の後を追い回しているのです。」

そして、「オダウド(註:ボーイ・ジョージの本姓)は、道路清掃よりももっと価値のあることを行いたいと希望している」として、ルイス・フリーマンは代替案を提出しました。その内容とは、ファッションとメイクアップのワークショップを開き、DJとしてHIV基金に従事し、ティーンネイジャーの意識啓蒙に助力する、というものでした。

この代替案は、裁判所側にとっては、到底受け入れられるものではありませんでした。

なぜなら、地域奉仕活動とは、単なるボランティアではなく、あくまで司法的な懲罰だからです。

道路清掃がボーイ・ジョージにとって屈辱であることは、裁判所側も大いに承知していることなのです。だからこそ、懲罰になるのです。しかし、フリーマンの提示した代替案は、およそ懲罰と呼べる類のものではありませんでした。

裁判所側は、フリーマンを通してではなく、ボーイ・ジョージ本人の口から、判決内容を変更してほしい理由を聴取しようとしました。

が、ボーイ・ジョージは出廷しませんでした。

このため、「罰金を支払わない者は逮捕して収監する」ということで、先週の金曜日(6月16日)、ニューヨークの裁判所は、ボーイ・ジョージに逮捕状を出すことになった、というわけです。

ボーイ・ジョージが出廷しなかった理由は、フリーマンがその必要性を認めなかったためでした。フリーマンはジョージに、出廷する必要はないと説明していたようです。

しかし、ついに逮捕状が出されるという事態になったため、フリーマンは、ジョージにはいつでも出廷する準備があるというコメントを発表しました。

逮捕状は出されましたが、しかし裁判所側は、まだボーイ・ジョージ本人から直に話を聴いていないため、26日までは逮捕に踏み切ることはしない、とのことです。



……てっきり一件落着したとばかり思っていたのに、こんな事態になっていたとは、考えもしませんでした。

Gay.comの記事への書き込みは、決して数が多いわけではないので、そこにあるコメントが、アメリカのゲイ・コミュニティの平均的な反応なのかどうかは断言できません。が、明らかに悪意のある書き込みはともかくとして、そこで目立った意見というのは、ボーイ・ジョージには一定の同情を示しつつも、やはり彼は道路清掃を甘んじて受けるべきだ、というものでした。

私個人は、彼がパパラッチに囲まれながら道路を清掃する姿を見るのは辛い。それが司法懲罰である以上、パパラッチがどれだけ屈辱的に彼を包囲しようとも、彼はそこから逃げ出すことが、全く叶わないからです。

しかし、だからといって、フリーマンが提出したという代替案は、裁判所から鼻で笑われても仕方のないものだ、と私も思います。ファッションやメイクアップ、DJ活動などは、彼の本業の領域だからです。それでは地域奉仕活動の意味を成しません。



ボーイ・ジョージも、そしてジョージ・マイケルも、2人とも、ゲイ・コミュニティのロール・モデルだと見做され、彼ら自身、その自覚のもとにさまざまな発言を行なってきたからこそ、その発言に相応しい落し前の付け方が、今、求められています。

欧米のゲイ・コミュニティは、非常に厳しい眼差しを、彼らに向けているようです。



スポンサーサイト

コメント

道路清掃ですか…たしかにボーイ・ジョージがゴミ拾いしているところを野次馬から罵声浴びせられるなんてシーンは私もあって欲しくないですが…でも代わりにファッション、メイク、DJ活動では都合が良すぎるという感じもしますねぇ。
掃除の間に、ずっと手伝い兼護衛してくれるファンが大勢いれば良いんですけど☆私はピートだったら、します^^;

お久しぶりです。

う~んジョージが衆人環視の中で道路清掃・・・その場面を想像すると確かに辛い・・・。
でも、ペナルティが課せられることを受け入れたわけですからねぇ・・・。
ここはもういつまでもグダグダ引っ張らないでエイヤ!とやってしまった方が
逆にかっこいい(語弊のある言い方ですけど)と思うんだけれども。

あ、それとカルチャークラブが来年の世界ツアーを計画してるようですが、
なんと!ジョージとロイ抜きみたいです。
ジョン、マイキー、フィル・ピケットにシンガーはオーディションで選ぶんだとか。。。
この面子で新しい音楽をやろうってんなら応援するけども・・・
こんな再結成、何の意味があるんだか。

>yukiTさん

上り調子のピートには、今現在のジョージのような窮地には陥ってほしくないので、万が一にもyukiTさんが道路清掃のお手伝いをするような場面は、あってはならないんですってば!(笑)

ちなみに、これも都合の良い考え方なのかもしれませんが、仮にセレブに道路清掃をさせた場合、ジョージの弁護人が言うように、そこで報道合戦が発生するのは確かで、そしてyukiTさんが仰るように、ジョージの熱心なファンが、何らかのリアクションを、現場で起こす可能性もあるんですよね。
そうなってくると、道路清掃どころではなくなることも想定されるわけで、そうした「事前に充分想定できたはずの、公共の場での混乱・騒動」を、わざわざ裁判所が命令して良いものかどうか――という考え方もあるんですよね……。

どのような結末を迎えるのか、全く予測がつきません。



>あさとさん

こちらこそ、お久しぶりです!(^^

今回のジョージの窮地は、たぶん弁護士主導の引き伸ばし戦略の結果なんだと思うんですが、あさとさんが仰るとおり、一端ペナルティを受け入れた以上は、思い切って履行したほうが筋が通っているんですよね……。

再結成の話は、私も先ほど知りました。あさとさんと同じく、「それってどうなの!?」という気持ちでいっぱいです。

再結成の話題については、また別に新しく記事を書こうと思っています。文章にしないと、自分の激しい動揺の整理がつきません……。
(^^;


仰るとおりでございました^^;私も書いて30分くらいしてから「あれ!ピートにそんなことがあっては困る!」と気付きました…おバカなファンを持って、可哀想なピート(笑)

カルチャークラブ再結成ですか…ジョージとロイ・ヘイ抜きでは、名前は同じでも全く別のバンドになるのではないかと思ってしまいますが…

>yukiTさん
いえいえ、そこまで想ってくれるファンがいることは、ピートにとって幸せのはずです。(^^
一般の人からすれば、ピートも充分「お騒がせセレブ」の1人なのかもしれませんが、少なくともピートは、ドラッグとは無縁だと信じられるアーティストの一人ですよね。というのも、もしも彼がクリーンな体じゃなかったら、『Celebrity Big Brother』のようにカメラに録られっぱなしの番組には、絶対に体が保たなかったはずなので。

新生カルチャー・クラブは、yukiTさんの仰っている、「名前は同じでも全く別のバンド」を作ることこそが、実は目的なんじゃないか、と私は思っています。

たぶん、バンドのマネージャーは、ボーイ・ジョージがファンの信頼を大きく損なったのに伴って、カルチャー・クラブの音楽の評価までもが、ジョージの評価と共に、一緒に下落してしまうのを、どうにか回避しようとしているんじゃないでしょうか。

そこで、カルチャー・クラブの名を冠した、しかしボーイ・ジョージとは無関係のバンドを新たに立て、そして従来のカルチャー・クラブの楽曲を、新生カルチャー・クラブのレパートリーとすることで、ボーイ・ジョージが3度目の逮捕を迎えようとも、せめてカルチャー・クラブのビジネスだけは存続させよう、と。

つまり、「ボーイ・ジョージと共倒れ」になることを防ぐためには、新生カルチャー・クラブが「従来とは別のバンド」であることが、むしろ絶対必要条件なんですよ。少なくともカルチャー・クラブのビジネスに携わる人々にとっては。

これって、文字通りビジネスライクな考え方で、ちょっと嫌ですが、ただ、その一方で、ボーイ・ジョージのことをゴシップ記事でしか知らないような、非常に若い世代の人たちが、カルチャー・クラブの音楽を、「ああ、あのドラッグで捕まった人の曲でしょ?」と先入観をもって見る可能性は、確かにあるんですよ。

カルチャー・クラブの楽曲の価値を保ち続けるためには、若い世代から先入観を持たれないようにしなければいけないのは、ビジネスの面から言えば、確かにその通りなんです。

ただ、私は感情的には全く納得していませんが。
非公開コメント