上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
このブログで、度々ニュース・ソースとして用いているGay.comには、「プライド・チャンネル」というコンテンツがあります。

http://www.gay.com/pride/

この中では、Global Pride 2006ということで、全米各地で行なわれるゲイ・プライド・イヴェントの情報や話題を掲載しています。

そのうちの一つに、ゲイ・イコンのナンバー・ワンを決定しようという投票企画があります。

ノミネートされているのは、以下の10人です。






●シェール
●ジョーン・クロフォード
●ベティ・デイヴィス
●ジュディ・ガーランド
●マドンナ
●ベット・ミドラー
●ライザ・ミネリ
●ダイアナ・ロス
●バーブラ・ストライザンド
●エリザベス・テイラー

ちなみに、候補者の1人として名前が挙げられているライザ・ミネリは、他の候補者の顔触れを見て、ナンバー・ワンに選ばれるのはバーブラ・ストライザンドかシェールだろう、とニューズウィーク誌に述べたそうです。その理由というのは、

「バーブラや、あとはシェールや私自身でさえも、学校に通っていたころは、たぶん、自分たちが除け者のように感じていたと思うの。というのも、私たちの外見は標準的ではないからよ。」

「たぶん、ゲイ・イコンっていうのは、自分たちは違ってしまっているんだと感じている人たちから支持されている――というか、励まされているものなのよ。」

このライザ・ミネリの発言は、かなり正鵠を射ています。ただし、これは決して外見だけに限った話ではありません。

ゲイ男性から強く支持を受けている女優、あるいは女性アーティストたちに、共通して見られる要素というのは、彼女たちが皆、世間が考えている平均的・模範的な女性像から、生まれながらにして逸脱してしまっている、ということです。

そして、その逸脱部分を、彼女たちは、自分の長所や美点に転じることで、むしろ大きな成功を収めているんですね。

世間が決めた「あるべき姿」からの逸脱を、強さと美しさに変える。

彼女たちのそういった部分に、ゲイの男性は強く惹かれ、そして憧れるんです。

――というわけで、「アタイも投票するよっ!」という方は、こちらからどうぞ。



プライド・チャンネルでの投票には、他にも、プライド・アンセムのナンバー・ワンを決めよう、という企画があります。

候補は、以下の10曲です。

●Heather Smalls "Proud"
ヘザー・スモールズは、イギリスのMピープルの元ヴォーカリストです。
YouTubeにアップされていたこの動画ファイルは、映像と音声が全く同調していません。ご了承ください。


●Cher "Believe"
今さら説明不要の、メガ・ヒット曲です。


●Christina Aguilera "Beautiful"
ここ数年のヒット曲の中では、ゲイからの支持率の極めて高い、極上のバラードです。

Music Video Code provided by MySpace Video Code


●Madonna "Express Yourself"
マドンナのヒット曲のうち、「ゲイ・アンセム」の定番は「Vogue」のはずなんですが、「プライド・アンセム」となると、内容的には「Express Yourself」のほうがふさわしい、ということでしょうか。それにしたところで、「Express Yourself」が定番とは、やや言い難い気がします。


●Diana Ross "I'm Coming Out"
この曲は定番ですね。ただし、ヴィデオ・クリップの動画ファイルは見つかりませんでした。

●Sylvester "Mighty Real"
今回、候補として挙げられている曲の中では、この曲が唯一、ゲイ・アーティストによって歌われたものです。


●Gloria Gaynor "I Will Survive"
これも定番中の定番です。



●The Weather Girls "It's Raining Men"
これも定番です。とにかく「安い!」の一言に尽きます。(褒め言葉です)


●Sister Sledge "We Are Family"
元シックのナイル・ロジャーズが生み出した、ゲイ・ディスコの定番曲です。



●Judy Garland "Over the Rainbow"
1939年のミュージカル映画『オズの魔法使い』のテーマ曲で、この映像は、本編中のものです。
1969年、彼女の死を悼んでいたゲイのファンたちに、警官が嫌がらせを仕掛けたことから、あのストーンウォール・インの反乱が起こり、ゲイ・プライドの機運の高まりが、全米各地に飛び火していくことになりました。




「アタイも清き一票をくれてやるよ!」という素敵なビッチの方は、こちらからどうぞ。



スポンサーサイト
2006.06.21 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://queermusicexperience.blog10.fc2.com/tb.php/99-5926fd8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。