FC2ブログ

続きを読む

続きを読む

ボーイ・ジョージに、またも逮捕の危機が

昨年の10月、コカイン所持と警察への虚偽通報の容疑によって、ボーイ・ジョージはニューヨークで逮捕されました。

最悪の場合にはアメリカの刑務所に15年間の服役、とも報じられ、ボーイ・ジョージ側は無罪を主張しましたが、最終的には、イギリスのリハビリ施設で治療を受けることと、マンハッタンで5日間の地域奉仕活動を行なうこと、さらに罰金1000ドルの支払いと、訴訟費用160ドルの負担という、これらの条件を呑むことで、ボーイ・ジョージは事態の収拾を図りました。それが今年の3月のことでした。

ところが、またもやボーイ・ジョージに逮捕の危機が迫っていることが、先週の土曜日、Gay.comで報じられました。

N.Y. judge issues warrant for Boy George

この記事は、そのまま日本語に翻訳しただけでは内容がわかりにくいものになりそうだったので、補足を加えつつ、趣意を整理したものを、以下に書き記します。


続きを読む

ボーイ・ジョージ結審

コカイン所持と警察への虚偽通報の罪で起訴されていたボーイ・ジョージですが、3月8日、釈放が言い渡されました。

釈放の条件は、イギリスのリハビリ施設で治療を受けることと、マンハッタンで5日間の地域奉仕活動を行なうこと、そして罰金1000ドルの支払いと、訴訟費用160ドルの負担。

これらの条件を呑むことで、ボーイ・ジョージは収監を回避しました。

ボーイ・ジョージは、次のような声明を発表しています。

「この問題が片付いてほっとしている。私はニューヨークを愛している。年内に戻り、活動を再開したい」



このニュースを聞いたとき、最初は釈然としませんでした。

リハビリを受けるということは、つまりは薬物使用を認めたってこと? ドラッグとは縁を切ったはずじゃなかったの? と。

本当にドラッグを断っていたのなら、最後まで裁判を闘い抜いて、無罪を勝ち取ってくれよ! というのが最初に思ったことでした。

ただ、よくよく考えてみると、裁判が長引いてしまえば、それだけボーイ・ジョージは、活動を制約されてしまう恐れがあるんですよね。

所属レーベルを相手取って裁判を起こしたジョージ・マイケルは、その間中ずっと、新作のレコーディングが一切できなかった。今回とはケースが違いますが、まあ、それと似たような状況に陥ってしまうと、アーティストにとっては、たぶんそっちのほうが致命的なんですよね。

被害を最小限度に抑えるためには、リハビリや地域奉仕活動、罰金の支払いといった条件を呑むことこそが、最善の選択だったのかな? と推測しています。

だとすれば、ファンにとっては、今回の判決は、最悪の状況下で勝ち得た最良の結果だった、と思います。



ボーイ・ジョージ続報

昨年の10月に、ボーイ・ジョージが麻薬所持容疑で逮捕された事件の続報です。

ボーイ・ジョージ、麻薬所持容疑で無罪主張の構え(ロイター)

かねてからボーイ・ジョージは無罪を主張してきましたが、やはり裁判では全面的に争う構えのようです。

それ以外には特に目新しい情報はないので、あとはもう、審理の推移を見ていくしかないという感じです。

ファンとしては、やはり彼の無罪を信じたい。

いま言えるのは、それだけです。