FC2ブログ

アジアンMTF特集

昨年、日本では中村中さんが、MTF(Male To Female)であることを告白しました。当ブログでも、昨年9月16日付のエントリで、その話題を取り上げています。

※参考リンク
友達と呼ばれるだけで上出来(ブログ版Queer Music Experience.)

中村中さんのカミングアウトは、日本のポップス・シーンにとっては非常に画期的な出来事だったんですが、アジアのミュージック・シーン全体を見ると、ここ数年で次々とMTFのトランスジェンダーのアーティストが登場しているんですよね。

中村中さんのカミングアウトも、そうした動きの一つとして捉えることが、実は可能かもしれません。

というわけで、今回はアジアのMTFアーティストの特集です。


続きを読む

COCOの話(乙女塾に非ず)

今さら『yes』第4号の内容を話題にするのも、なんだか旬を外しているような観が、なきにしもあらずですが、9月16日に書いたエントリへの反響が、予想以上に長引いていたので、書くタイミングを失していました。

『yes』第4号のメイン記事は、アジアのレポートでした。

私は以前、このブログの2005年11月6日のエントリの中で、「Q.M.E.で紹介しているアジアのアーティストはフトンだけだ」、と書いたことがありました。

たぶん、日本以外のアジアの国々にも、オープンリーのLGBTのアーティストはいるだろう、とは思ってました。でも、他のアジアの国々のショー・ビジネス事情を、自分はよく知らなかったんですよ。これまで知っていたのはレスリー・チャンぐらいで、彼以外にもオープンリーのLGBTアーティストがいるのかどうかすら、ちゃんとつかめていなかったんですよね。

そんな自分にとって、『yes』第4号のアジア・レポは、とても参考になりました。



今回、このブログで紹介したいのは、『yes』第4号にインタヴューが掲載されていた、上海のジャズ・シンガー、COCO

私は、彼の名前を、『yes』を読んで初めて知ったんですが、彼は現在の上海のジャズ・シーンを牽引している人気シンガーなんだそうです。そして、ゲイであることをオープンにしているようです。


続きを読む